H18技術士一次試験 専門科目(建設部門) 臨時掲示板

この掲示板は、平成18年度技術士第一次試験のうち、建設部門の専門科目問題について語り合う掲示板です。
2006.10.09開設、2006.10.20終了、アクセス数66324。

4-1 4-6 4-11 4-16 4-21 4-26 4-31
4-2 4-7 4-12 4-17 4-22 4-27 4-32
4-3 4-8 4-13 4-18 4-23 4-28 4-33
4-4 4-9 4-14 4-19 4-24 4-29 4-34
4-5 4-10 4-15 4-20 4-25 4-30 4-35
専門科目全般(フリートーク)


1 4-1 (Res:57)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:03:08
4−1 土の基本的性質に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 間隙比(e)と間隙率(n)の関係は,n=e/(1+e)×100(%)である。
(2) 飽和度(Sr)は,合水比(w),比重(Gs),間隙比(e)を用いてSr=w・Gs/e×100(%)の関係から求められる。
(3) 締固めエネルギーが異なっても,同じ土であれば最適合水比々それに対応する最大乾燥密度は同じ値となる。
(4) コンシステンシー指数(Ic)は,液性限界(WL),合水比(w),塑性指数(Ip)を用いてIc=(WL−w)/Ipと定義される。
(5) 液性指数が大きいほど,土の鋭敏比が増大する。

2 名前: sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:07:37
3ですね。
エネルギーが大きいとそれだけよく締め固まる。

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:08:55
△辰董100(%)いる??

4 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:09:53
2.にしました。
式を展開してみたら単位が消えなかったので

5 名前: 九工大生 投稿日: 2006/10/09(月) 22:09:56
上に同じ

最初の方に書き込むのって勇気いるわぁ〜

6 名前: ぼけなび 投稿日: 2006/10/09(月) 22:10:55
液性指数って、聞いたこと無かったので、5

7 名前: 九工大生 投稿日: 2006/10/09(月) 22:13:11
教科書見たら△論飢鬚里茲Δ如ΑΑ

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:15:01
単位が消えないって、全部比だから単位はもともとないんじゃないの?
という私は5にしてみましたが。。。

9 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:15:39
でしょ。締固めエネルギーが違う=締固め方法が違うと考えれば最適含水比と最大乾燥密度は変化する。実験と現場が違うのと一緒。

10 名前: べてらん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:15:47
3ですよ。それでゼロ空隙曲線引けるんでしょ。

11 名前: tai 投稿日: 2006/10/09(月) 22:16:47
締め固めエネルギーが大きくなると、最大感想密度が大きくなり、
最適含水率は小さくなります。よってかと。

12 名前: しん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:16:52
閉め固めエネルギーで締固め曲線ってどんどん左上に上がっていくんでしょ。
それに伴い最適含水比が下がって最大感想密度は上がっていくのでは?
変わらないのはゼロ空気間隙曲線にそうということだけ。
で、が間違いでは?

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:19:37
Sr=w・Gs/eであってSr=w・Gs/e×100(%)ではない。

14 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:21:42
>13
百分率だから100は省略している場合もあるよ。

15 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:22:45
出題ミスになってほしい

16 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:38:22
 ↓◆↓い呂泙れもない事実。
ということはかァ

17 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:46:28
3にしました。

18 名前: Dobokun 投稿日: 2006/10/09(月) 23:11:44
土の突固め試験を行うと分かりますが、ランマー重量が2.5kg=路体用と4.5kg=路床用で同一材料を締め固めると、明らかに4.5kgランマーの乾燥密度が大きくなります。したがって、が正解かと思いますよ。

19 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:27:15
3でしょう。
エネルギーが大きくなると、最適含水比は減って、最大乾燥密度は大きくなりますよね!!

20 名前: レディオス 投稿日: 2006/10/09(月) 23:34:43
締め固めエネルギーを変えた実験をこのまえしましたが,
3のとおりになりました.

21 名前: Y子 投稿日: 2006/10/10(火) 00:04:20
3にしました。
同じ土でも、ふんわり盛られた土と、ぎゅうぎゅう推し固めた土では最適含水比は違う、というイメージ。

22 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 00:04:21
2 厳しそうっす

23 名前: mine 投稿日: 2006/10/10(火) 11:41:41
同じ土なら・・・・で、最適含水比は、変化しないものと思い、
5にしました。

24 名前: fci 投稿日: 2006/10/10(火) 12:08:06
3 です。プロクターの原理を習いませんでしたか?教科書に載ってます。

25 名前: コンクリ屋 投稿日: 2006/10/10(火) 12:30:42
土質力学(オーム社)P17の式(1.18)では、
Sr=w・Gs/e(%)
となっています。
だから、△任蓮

26 名前: ひみつ 投稿日: 2006/10/10(火) 12:38:27
それは式の表現方法の違いであって、
本質的には100を掛けようが掛けまいが同じ。

27 名前: なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 15:07:05
この問題は、どうみても出題ミスだ。正答は3だとしても、2の問題における飽和度は百分率であり含水比も百分率なのだから、問題用紙にみんなにはっきりわかるようにプリントされてる飽和度の数式は間違っている。ちなみに1の間隙率はちゃんとあっているのだからなおさらだ。これを技術士会がすぐに認めないようなら、技術士試験は崩壊する。余談だが、だいたいにおいて問題が難しすぎる。5択のうち正答とおもわれるものが、思慮、思索してみても複数あるのでわからないかと思われる問題もあるわけで、我々が、狙っているような問題を見透したように避けて出題しているのではないかと思われる問題が、今年の基礎科目において顕著に現れているとは、思いませんか皆さん。

28 名前: 青い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 15:29:58
わざわざ単位として(%)をつけているので、
,皚△眄気靴な絃呂世隼廚い泙后

素直にが誤った文章ですね。

29 名前: なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 16:57:58
単位として(%)をチャントつけているのだからなおさらだよね。この問題を選択した人は全員正解でないとおさまらねい!

30 名前:投稿日: 2006/10/10(火) 17:03:22
いやいや,簡単な問題でしょう。ゼロ空気間隙曲線や,締固め曲線の知識があれば,誰でも解ける問題です。どの土の教科書にも必ず載っています。プロクターが定義した通り,エネルギーによって最適含水比と乾燥密度は変化します。よって答えはです。

31 名前: 伏龍 投稿日: 2006/10/10(火) 18:40:30
単純に単位が(%)であることの意味を考えて下さい.
,皚△眄気靴ど週です.
問題用紙に図表として,何か記述があるのかどうか,ここでは分かりませんが,
ココの問題文を読んだ上では,出題ミスは期待できないと思います.
なんら問題なくが誤った文章(正解)です.

32 名前: 阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:59:40
出題ミスに期待!!

33 名前: お願いします 投稿日: 2006/10/10(火) 20:14:00
いまボーダーなので、出題ミスに超期待!

34 名前: ひみつ 投稿日: 2006/10/10(火) 21:27:45
明らかに誤った選択肢がないのなら出題ミスということもできるけど、
明らかに誤りがあるのならそれを選択すればいいだけであって、
正しいだろうという選択肢を選んだ時点で、この問題に対する
知識がないということになるのではないでしょうか。
ちょっと酷な言い方だけど...

35 名前: でも。 投稿日: 2006/10/10(火) 22:13:18
ひみつさんの意見に賛成です。私もが正解と思います。
ただ、試験対策の問題集の中には、単位についての引っかけ問題も
ありました(例えば、間隙比と間隙率)。
これを考えると、△竜述が正しいとするのはおかしいと思います。
△竜述は基本的には間違いで、もっと重大な間違いがです。
救済措置があってもいいと思います。

36 名前: ひみつ 投稿日: 2006/10/10(火) 22:38:38
理屈をこねるなら、そもそも含水比は百分率で表現するから、w(%)と
百分率を表す%を付属して表す必要がある。
それを表していないのなら百分率表示をしていない、単なる比でしか表現
していいないと考える。
その場合、△凌式は正しい。
数式上はw=mw/msと代入すれば、なんの問題もなく成立する。
よって、救済措置の必要性はない。

37 名前: 日刊工業新聞社 投稿日: 2006/10/10(火) 22:50:12
日刊工業新聞社受験必修キ−ワード700 34ペ−ジによると2は間違い

38 名前:111 投稿日: 2006/10/11(水) 00:09:33
△鰐擬仝気發靴は百分率で表す。⇒特に問題なし。

39 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 06:16:57
2、の数式にそれぞれ、適切な数字をはてはめて計算してみるとよい。ちなみに含水比は百分率です。、1、の問題の数式はちゃんと答えがでるが、2の数式はまるででたらめ。どちらもちゃんと百分率としめしてある。この場合は無次元では無い。

40 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 06:31:21
追記、よってこの問題は出題ミスですね。この問題を選択した人は全員が正答となれば、みんなが助かる話です。それ以外いったい何のひみつがあるのだろう?

41 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 07:40:48
追記、念のため、w=mw/msなぞとわざわざ気をきかして間違えて代入する必要はありません。
正しくw=mw/ms×100(%)です。

42 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/11(水) 08:26:07
ふーん,どこかに載ってるかどうかの話するなら,
近代図書からでてる技術士1次試験の解答例の書籍.
基本のページの最初のページに記載あり.式を展開すると正解にたどり着きます.
書籍によっては,正解と不正解に分かれてしまうこの問題(?)
では,技術士を目指すものに問われる能力は何かというと,
公式の丸暗記ではなく,感覚的にも理論的にも式の意味を理解しているかどうか.
20%とかのwの値を代入するのに,20と代入する方が意味がない.
0.20と代入するはず.
で,最後に意味合い的に×100(%)と表記することはよくあることです.
0.80=80%という感覚は誰にでもあるでしょう?
×100(%)の部分については,公式ではないのです.
そういった,感覚や理論を養って欲しいという出題意図でもあるのでは?

43 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 08:47:36
細かい表現の議論でいくならば、ァ氾據匹留塢卮罎辰董ΑΑ
砂・礫質土(中間土は別にして)に鋭敏比や液性指数があるんですかね???
イ惑汗土についていれば正解だし、砂・礫質土については基本的に
液性指数は得られないし、鋭敏比という言葉もないような・・・


粘性土の乱さない試料とこれを同じ含水比のまま十分練り返した試料の
それぞれの非排水せん断強さをCu、Curとするとき、その比St=Cu/Cur
を鋭敏比という。(土質工学用語辞典、地盤工学会)

△×ならイ癲澆世掘↓△○ならイ癲のような

最も誤っていると思われるものを選択するわけではないので、答えは複数、
あるいは出題ミス?

44 名前:JWSF 投稿日: 2006/10/11(水) 12:48:03
(2)の飽和度の件の参考意見
昔の教科書では,比重Gsの表現になっていますが,
飽和度の算出式は,Gs(比重)ではなく,現在はρs(土粒子の密度)を使います。
皆様の最近の教科書はどの様な表現なっていますか?
土質試験の実習書なども確認してみてはどうですか?
ちなみに土質試験の方法と解説は土粒子の密度になっています。
土粒子の密度と比重は定義そのものが違います。
従って,厳密にいえば(2)も間違い,出題ミスと考えます。
ただし,技術士会が予定している解答は素直に(3)でしょう。

45 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 00:10:04
率は構成比%、比は比例で表す、というのが基本です。
そのことを問うている問題がいろいろな参考書にあった。

「締固めエネルギーが異なっても」って、何が異なっているの?。
大きさ?、方向?、時間?、機械か手動かという手法?

46 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 00:24:12
「締固めエネルギーが異なっても」って、何が異なっているの?
と問う時点で、締め固めのことを理解していないと思われますよ。
わからない人にはおかしいと思っても、
わかっている人には当然なこともあるもんです。

47 名前:俺は66才 投稿日: 2006/10/12(木) 15:17:35
土質の基礎問題で3以外すべて正しい。消去法で3.

48 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 07:50:41
出題ミスとした場合、個別の問題を選択した人だけが対象か?
「こんな理解しずらい問題は避けていこう」と思い、その問題を選択しなかった人も対象になるのか?むずかしいね。

49 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/13(金) 12:37:04
みーたんさん

H17の出題ミスでは
「当該問題を、基礎・専門は選択した全員、適正は解答した全員」を正解にしたようです。
ttp://www.engineer.or.jp/examination_center/Press_announcement/2005_1.pdf

50 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/13(金) 12:43:05
本来なら、出題ミスの問題に対しては、解答した全員に点を与えない
ようにするべきですけどね...
ミスって気づいてないわけですからね...

51 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/13(金) 17:47:58
出題ミスをその場で看破するのは難しいなあ
出題者が気づいていないくらいですからね。
でも、去年も3科目で5題のミスがあったので
そのうち「出題ミス」欄がマークシートに追加されたりして

1 2 3 4 5 ミス
○ ○ ○ ○ ○ ●

52 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 21:14:48
うふふっ、でもミスなら、では、その根拠を述べよなんて、解答欄がさらにたくさんあったりしてね。

53 名前:??? 投稿日: 2006/10/13(金) 22:29:44
△が誤りだと思いました。迷ったあげく△砲靴泙靴燭
 
は一般に締め固め仕事量を多くすると最大乾燥密度は大きくなるが最適含水比は
小さくなり 誤っています
△亙僂世覆抜兇犬燭世韻如…瓦戮討澆襪函\飢鬚任靴
残念




54 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 02:27:32
が、なに?

55 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 14:09:46
がしかし、国語力がないな

56 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/16(月) 17:11:07
比と率は違うと、過去の試験で判断していながら、どうして今回の試験は
正しいのでしょうか?お教え願います。

57 名前:めちゃ 投稿日: 2006/10/16(月) 17:59:31
今回は比と率の違いを問うてる問題ではないからです。

戻る


2 4-2 (Res:19)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:02:57
4−2 透水性の非常に高い砂層の上に厚さ4.8mの飽和粘土層があり,上部表面では排水が自由に起こる。盛土を設置することにより,地表面に20kN/m2の載荷重が作用する。
 この時, 80%圧密が完了するまでの時間と,その時の地表面沈下量は,次の組合せのうちどれか。ただし,この粘土の圧密係数は0.2cm2 /min,体積圧縮係数は0.005m2/kNであり,載荷重は粘上層の各深さに一斉に伝えられるとする。また,圧密度が80%となるときの時間係数をT80とする。

   完了時間  沈下量
 (1) 200T80   0.192m
 (2) 200T80   0.384m
 (3) 200T80   0.480m
 (4) 800T80   0.384m
 (5) 800T80   0.480m

2 名前:あんがーる 投稿日: 2006/10/09(月) 22:14:00
3か5

3 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:14:29
2.にしました。
0.005m2/kN * 20kN/m2 * 4.8m * 80%
と計算したら0.384mの数字が出たので
200T80は、わからなかったけど残っている0.2cm2/minで
出そうなほうを選んだ

4 名前:にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:16:57
2にしました。
0.480は途中出てきますが、それに0.8をかけると
0.384になります。

5 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:19:54
計算して△砲靴泙靴拭

6 名前:しん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:23:54
0.8をかけるの忘れてたから0.48にしてしまった。
完了時間はH'を1/2にするのの引っかけと思い
T∝(H’)^2で1/4少ない200T80ですね。
ということで

7 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:25:50
Tv=Cvt/{(H')^2}
Cv=0.2cm^2/min=288cm^2/day
Tv=T80
H'=480/2=240cm
こいつらを代入して200T80
鉛直歪ε=mvp=0.005*20=0.1
→最終沈下量はΔS=εS=0.1*4.8=0.48
→80%圧密だから0.8*ΔS=0.384m

8 名前:みのる 投稿日: 2006/10/09(月) 22:45:04
t=Tv(H/2)^2/Cv
Tv=T80
(H/2)^2/Cv=240^2/0.2*60*24=200
60は分、24は時間・・・単位合わせ。1日にしてる。
ここで、もし排水距離を480にしてたら(片側排水)
800T80になる。
正解は2です。

9 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:03:48
マークシート試験の特長を考えれば 完了時間は200T80で沈下量0.192
があるのが不自然だからそれに関係のある0.384が正解だと思いました。

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:29:23
3にしたけど、2だな。
80%を掛けるの忘れてた・・・。

11 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 00:07:59
2 (2or4で)としました  が 200T80 の意味が 少しわかりました

12 名前:青い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 15:40:39
教科書に載っている計算式にぶち込むだけ。
沈下時間=Tv×(H/2)^2/Cv(両面排水)
沈下量=P×mv×H×圧密度

正解

13 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:08:47
◆,茲ったー。

14 名前:ちさん 投稿日: 2006/10/12(木) 13:11:24
△砲靴燭、正解はないはず。200T80の単位は日で、時間ではないです。完了するまでの日数にすれば、△任垢。

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 17:39:17
確かに時間で無く答えは日数ですね。完了するまでの時間(日数)となっていれば納得ですが。
素直に時間を求めた人は、答えが無かったってことですね。
圧密沈下なので長期間と考えて時間の中に日数が含まれるとすれば年も含まれるわけで、
そんなの前もって断らなきゃ200T80/365=0.55T80と解答欄に書いてあっても正解になるぞ。
出題ミスで抗議したほうが良さそうだ。

16 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 02:31:10
日数だって時間じゃないですか?
完了時間っていうのは「〜時間」という単位を表しているわけじゃないんだから

17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 12:38:27
なんの断りも無く、解答欄に0.55T80と書いてあっても正解ならそうでしょう。
単位が書いてないからミスなんです。

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 22:37:01
単位ぐらい自分で考えろよってことなんだと思いましたが

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 10:46:10
どうして沈下量には単位が書いてあって、完了時間には無いんだろうか?
うーん。単位をそろえるのに書いてあると親切なんだが。
ふつう問題集みると、時間をきいてても○○日とか○○年と答えが書いてあります。
計算過程としては日単位になり正しいとおもいますが、答えだけ見ると○○となり時間、日、年なんなのか
解らないと思います。単位が落ちている気がします。

戻る


3 4-3 (Res:37)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:02:41
4−3 粘土のせん断に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 正規圧密粘土の非排水せん断強さは,圧密圧力の大きさに比例して変化する。
(2) 粘土の非排水せん断強さは,一輪圧縮強さの約1/2倍程度になる。
(3) 圧密排水試験は,地盤内の応力変化する時間が,発生する間隙水圧の消散時間に比べて短い場合を想定した試験である。
(4) 過圧密粘土を非排水せん断すると,破壊時には負の間隙水圧が発生する。
(5) 過圧密比とは,地盤内で現在受けている有効土被り圧に対する,圧密試験で求められる圧密降伏応力の比である。

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:11:52
「水圧の消散する時間」よち「応力変化する時間」が短ければ、排水試験が成り立たないのでは。。。


3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:13:09
同じく

4 名前: しん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:14:18
圧密の排水は時間がかかるから長い時間を想定でが間違い

5 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:15:51
3.にしました。
間隙水圧が先に消えないと排水にならないですよね

6 名前:投稿日: 2006/10/09(月) 22:23:45
い砲靴泙靴拭
非排水でせん断しているのに間隙水圧が負になるのに違和感がありましたので。

7 名前: sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:27:25
3にしました。

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:30:07
3ですよね?
ちょっと自信なし。

9 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 00:09:43
3 
排水試験と 消散時間が短いが 合わないから

10 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 01:45:38
,砲靴泙靴織癲璽襪留澆任癸辰一定だから

11 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 07:33:17
なるほど。3にしたけどそれも考えられるな。
自信なくなってきた

12 名前: 青い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 15:53:18
\気靴ぁH麈喊紊擦鹵廼さはPcに比例します。
⊂鐚院
正しい。圧密排水試験は通常砂質土に対して行う試験。
過剰間隙水圧が残らないように十分遅い速度で行う試験。
じ蹐蝓L簑衒犬琉嫐がよくわからない。
ゾ鐚院

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 16:57:47
過圧密粘土はせん断破壊時に正のダイレイタンシー、つまり体積膨張が発生します。
この正のダイレイタンシーは、非排水試験においては間隙水圧の減少で評価されます。
と考えると、4番は正しい記述のような気がするのですが。

14 名前: 赤い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 18:59:11
過圧密粘土に対する非排水せん断(間隙水圧測定)は行ったことがないのであれですが,正のダイレイタンシー発生を考えると負の間隙水圧が生じますね.Weald粘土を用いた実験結果でも示されてます.
「破壊時」の定義はさておき,い論気靴い任靴腓Α
は発生する間隙水圧の消散時間に比べて「長い」場合ではないですか?
「短い」と過剰間隙水圧が残留しますから,CD条件には適合しないのではないでしょうか?
どうけ?ハマグリくん.

15 名前: 赤い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 19:08:32
N.C.clayとO.C.clayの非排水せん断挙動を応力空間上(q〜p'関係)で整理すると
全応力と有効応力のストレスパスが描けて,C.S.L近傍における形をイメージし
てもやはりい論気靴い隼廚い泙后

16 名前: 地盤研究室 投稿日: 2006/10/10(火) 19:14:20
3にしましたが、正解は4だと思います。
「破壊時には負の間隙水圧が発生する」が間違いです。
間隙水圧ではなく、過剰間隙水圧が負になるのです。
間隙水圧そのものがマイナスになったら
水は蒸発してしまいます。
また、過圧密粘土であってもOCR(過圧密比)が小さなものでは
過剰間隙水圧が正で発生することもあります。

CD試験は、長期安定問題を考える場合の試験であり、
間違いではないです。

…やっちまった…

17 名前: 阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:00:41
い笋箸泙困ぁΑΑでお願い!!

18 名前:青い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 20:12:25
いろいろ調べてみると確かにい論気靴い任垢諭

そうすると消去法ででしょうか。

なんだかわからなくなりました。
要するに今年の問題は難しかったということですね。

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 21:00:07
>阪神ファンと同様じゃないとまずい。
これ間違えると一問差で落ちちゃうかも。
頼むで〜であってくれ

20 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/10(火) 21:37:26
は、みんな長いとか短いとか議論してるけど、
有効応力の増加と過剰間隙水圧の消散は同時に進行するはずであって、
問題文の内容だと誤り。
正しくは、“過剰間隙水圧の消散時間が短くそれに伴い応力変化も速い場合”
のはずですよ。
い浪畩蟯峽篆絨気任呂覆て間隙水圧でも表記上はOK。
間隙水圧計で計測してれば、0値に対して負の間隙水圧となっても
おかしくないし、通常はこう考えるのでは?

21 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/10(火) 22:49:53
い浪畩蟯峽篆絨気任呂覆て間隙水圧でも表記上はOK。
間隙水圧計で計測してれば、0値に対して負の間隙水圧となっても
おかしくないし、通常はこう考えるのでは?
は、やっぱり議論がおかしいですね。
普通に考えて、体積が膨張する方向に変化する=負圧が生じる
=負の間隙水圧が生じる=有効応力が増加するということでOKですよね。
ちなみに、地盤工学会の土と地盤の力学入門にも同じように負の間隙水圧
という表現がありました。

22 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/11(水) 21:47:37
3 単純に地盤内以降の文章は、圧密非排水試験を いっていると思ったですけど
  たちあがれ! 3

23 名前:地盤研究室 投稿日: 2006/10/11(水) 22:51:34
3と4、両方間違ってるような気がしてきた…

24 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 07:52:36
3で頼みます

25 名前:ふさふさ 投稿日: 2006/10/12(木) 13:37:02
3に間違いない!!!!
CD試験はせん断時に間隙水圧を考慮しなくていいような「砂・砂質土」を対象としてる。
よって、間隙水圧の消散が非常に速い土でないと有効応力基準のせん断強度は得られません!
間隙水圧の消散が遅い場合は、CU ̄で間隙水圧を測らないとね。
少なくとも、せん断時排水条件(これがCD条件)と考えられる土では、
地盤内の応力変化する時間(たとえば盛土の施工速度)よりもせん断時の間隙水圧の排水速度が
短いはずです。

26 名前:俺は66才 投稿日: 2006/10/12(木) 15:40:42
サイトの伊藤教授の土質力学にすべてのっている。圧密関連が1、2,4,5で
正しい。2が1軸圧縮試験で正しい。3が3軸圧縮試験で間違い。CD、CU、UU
の区別が大切。

27 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/12(木) 21:34:20
俺は66才さまへ さっそくいとう教授のサイト見ました。これからも参考にしたいので
お気に入りにいれさしてもらいました。ありがとうございます。

28 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:43:01
3が間違いだということはわかったんですが、
4が気になり4にしてしまいました。この問題は難しいですね。
4の記述が正しいと確信を持った人はどれくらいいるんでしょうか?
勉強不足でした。

29 名前:サンドリオン 投稿日: 2006/10/13(金) 11:07:18
 正解は3ですね。
4は、過圧密状態の粒子の噛み合わせの図が浮かんでこれば、
正解だと判ると思いますが、実際の現場では正規・過圧密関係なく、
発生する時はありますし・・・。理論上はですね。
 3は、応力が全応力なのか有効応力なのか、後の文章が圧密or排水
どっちの事を差しているのか。わかりにくい問題だと思います。

30 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/13(金) 12:55:12
3は応力変化と水圧の消散を同時進行と考えていない部分で誤り。
短い時間で間隙水圧が消散し、同時に地盤の応力(問題の内容から有効応力と考える)が増加するか。
長い時間を掛けて間隙水圧が消散し、同時に地盤の応力が増加していくか。
間隙水圧が消散しないで地盤の応力が増加するのかな?
全応力ならありうるけどね...

31 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 20:34:22
問題文を、素直に読んで間違いか、正しいかを、自分自身が判断するだけであって、問題文がどこまで完璧に説明しきれてなければ正しいとかの話では、ありませんね。とりあえず何の事かさっぱりわかりませんでしたが、さぞや御立派な官公庁にお勤めの方と、おみうけいたしました。そのひみつが知りたい。

32 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/13(金) 20:41:24
31氏は私に対することですか?
読んでて、意味がよくわからないんですが....
もし私に対する書き込みでしたら、私はただの民間の技術員ですよ。

33 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 21:20:22
ひえ〜、失礼いつぃやしやした=。よはど、特殊な組織なんですね〜。すごいひみつ!

34 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 00:51:15
まさか!???!!かも???とは、思っていたが、私たち請け負い建設コンサルタンツの、日々の純粋な気持ちの勤労を、著しく阻害する、役所の電話のいちゃもんネタ、を考えている。隠れ、特殊組織、建設コンサルタンツが、存在したとわ、、、、。
こら!!!!ひみつ!!!!!!おまえの秘密を、暴露せよ!!!!!

35 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/15(日) 09:34:42
.......。
ごめんなさい。
何を言いたいのかがわかりません。
日本語になっていない。少なくとも、私には、何を言いたいのかが
読み取れない.....

36 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 12:24:16
いいわよ!許してあげるわ。どうせ私のパソコンは、少しは文字化けするんだから。
でも、もうわかっているでしょうけども、
当然、貴男にもキツイお仕置きよ!

37 名前:No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 22:10:30
ローライズさん、最初はなんだかムカツイタけど、笑えてきましたww

ひみつさん、なかなか良い応戦ですねwww

なんだか、お二人、面白いです。

で、ローライズさん、文字化けする、が突然出てきたのはなんでなんでしょう。。ジョーク???

もう一個。ローライズさん、既技術士ですか?そうなら、技術士にも面白い方がいるものだと。。。

戻る


4 4-4 (Res:10)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:02:24
4-4 下図に示すような2次元無限長直線斜面において,任意の幅bを有する土塊ABCDの安定から斜面の安全率Fを求めると,正しいものは次のうちどれか。ここで想定されるすべり面は斜面表面に平行であり,その深さはHとする。また,斜面およびすべり面の傾斜角度をα,土の粘着力,内部摩擦角および湿潤単位体積重量を,それぞれc,φ,γtとする。


(1) F=tanφ/tanα+c/(γtbH)・1/sinα
(2) F=tanφ/tanα+c/(γtH)・1/sin2α
(3) F=tanφ/tanα+c/(γtbH)・2/sin2α
(4) F=tanφ/tanα+c/(γtH)・2/sin2α
(5) F=tanφ/tanα+c/(γtH)・2/sinα

2 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:18:30
自信なし4.にしました
sin2α=2sinα*cosα
でいろいろ計算してみました。

3 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:29:03
同じく自信ないけどなんかゴニョゴニョ計算してたらsin2αと2cが出てきたのでい砲靴泙靴拭

4 名前:にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:30:48
僕もsin2αと2がでてきたので、3か4かを迷った挙句、4に。でも3かも。。

5 名前:go 投稿日: 2006/10/09(月) 22:35:28
全然わかりませんでしたが、「b」は関係するんだろうと思って、,鉢に絞りました。
あとはヤマ勘で

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:37:16
土塊下辺に働く摩擦力がc*b*cosα
土塊重量の斜面方向の力がH*b*γ*sinα
で、斜面方向の力を摩擦力で割ったらい亮阿辰櫃なったのでい砲靴討澆泙靴拭

7 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:39:53
間違えた…c*b/cosα

8 名前:ognas 投稿日: 2006/10/09(月) 23:12:46
すべり力
γt*b*H*sinα

粘着力による抵抗力
c*b/cosα

摩擦力による抵抗力
γt*b*H*cosα*tanφ

安全率は (抵抗力)/(すべり力)なので
(γt*b*H*cosα*tanφ + c*b/cosα) / γt*b*H*sinα
=cosα*tanφ/sinα + {c/(γt*H)} * 1/(sinα*cosα)
=tanφ/tanα + {c/(γt*H)} * 2/sin2α

というわけで、答えは「 4 番」
で、あってますよね?

9 名前:コンクリ屋 投稿日: 2006/10/10(火) 12:37:01
い隼廚い泙后
sin2α*cosα=2sinα*cosα
sinα*cosα=sin2α×1/2

10 名前:青い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 16:21:45
>というわけで、答えは「 4 番」
>で、あってますよね?

あってると思います。

戻る


5 4-5 (Res:28)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:02:10
4- 5 土圧,支持力および構造物基礎に関する記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 直接基礎とは,上部構造からの荷重(鉛直力,水平力,回転モーメント)を基礎スラブの底面から地盤に直接伝える基礎をいう。
(2) 液状化強度には,間隙水圧の100%上昇に対する抵抗を重視するものと,せん断ひずみのある値までの発生に対する抵抗を重視するものの二通りが存在する。
(3) 抗の局面抵抗力とは,抗の周面を通じて地盤から受ける抗軸方向の抵抗力のことである。
(4) 許容支持力とは,構造物の重要性,上質定数の精度やる土の鋭敏性などを考慮して,極限支持力を適当な安全率で割ったものである。
(5) 主働土圧は,擁壁などが背面に押し込まれるときのように,土を水平方向に圧縮していくとき,水平土圧が次第に増大し最終的に一定値に落ち着いた状態で発揮される土圧である。

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:17:13
鋭敏性がひっかかり4を選択しました。

3 名前: ぼけなび 投稿日: 2006/10/09(月) 22:18:03
4の適当な安全率に引っかかったなぁ。安全率は普段から3を使っているので・・・。

4 名前: oira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:19:07
5、
受動土圧の説明

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:20:27
私も鋭敏性が引っかかりました。

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:23:06

土圧を受けたはじめたときから受動土圧だと思います。
一定というのは。。。

7 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:52
5だと思います。受動土圧の説明だと思います。

8 名前: しん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:25:06
同じくイ麓動土圧!!でイ間違いかな?

9 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:25:46
5。受働土圧の説明だと思ったので。

10 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:25:46
5.にしました。
最後の説明は静止土圧ですか?

11 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:30:24
主動土圧の説明に思えなかったのでイ砲靴泙靴拭

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:45:28
イ論纏濺攬気寮睫世世隼廚い泙后
よって正解はァ

13 名前:qqq 投稿日: 2006/10/09(月) 22:51:45
周面摩擦力じゃなくて周面抵抗力???

14 名前:はるお 投稿日: 2006/10/09(月) 22:54:36
イ論纏濺攬気寮睫世世隼廚い泙后

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:28:28
イ呂泙襪辰り受動土圧

16 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:31:19
受動土圧ですね!!5でーす。

17 名前:BEN 投稿日: 2006/10/10(火) 09:53:38
5番にしました。
一見あってそうですけど、受動土圧の説明ですよね。

18 名前:TAKA 投稿日: 2006/10/10(火) 12:32:56
5番にしました。
土を水平方向ではなく鉛直方向に圧縮したときではないかと思ったもので・・・。
上戴荷重のイメージ

19 名前:青い炎 投稿日: 2006/10/10(火) 16:24:41
(1)〜(4)までの一次試験の問題をみたところ、
土質の問題は結構難しくなっているという印象を持ちましたが、
この問題は従来どおりの素直の問題ですね。
イ正解だと思います。

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 16:03:30
今年の2次択一に、似たような問題があったな。

2次の建設一般より、1次の方がむずいな。

21 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 07:56:03
説明は主動土圧となっていますが、正しくは受動土圧のことだと思います。
静止状態に圧をかけて受動抵抗が増大する
受動土圧>静止土圧>主動土圧

よって5にしました。

22 名前:いさ 投稿日: 2006/10/12(木) 11:14:53
解答は(5)で間違いないと思いますが、
この問題文は、受働土圧と静止土圧がごっちゃになっている気がします。
・静止土圧:地盤が静止した状態の土圧=地盤が「最終的に一定値に落ち着いた状態の」土圧
・受働土圧:擁壁などが背面に押し込まれるときのように,土を水平方向に圧縮していくとき,水平土圧が次第に増大し「最終的に破壊する時の最大値の土圧」
どのみち主働土圧の説明ではないので、(5)の説明は絶対誤りなのですが…

たとえば地盤を切土して、擁壁を作る場合
1.切土した当初は、地盤が自分の力で自立しているので、土圧は「主働土圧〜静止土圧」の間の値である。
2.工事完了後、だんだん地盤がゆるんでくると、土圧は上昇していき、最終的に「静止土圧」の値に落ち着く。
3.擁壁の外側に、なにか構造物を作って、地盤側へ押す力が起きたとき、静止土圧→受働土圧側へ土圧が上昇していき、もし受働土圧に達すると地盤が破壊する(山が盛り上がる形で)
4.しかしさらにそのまま時間が経てば、土圧はだんだん減少していき、最終的に「静止土圧」に落ち着く。

…という理解で良いのかな?
私も土質は自信がないので、どなたか詳しい方教えてプリーズ!です。

23 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/13(金) 21:32:39
ほんとうです。適当な安全率ってことないでしょう〜〜〜〜!
といってもしょうがないか。

24 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/13(金) 21:39:31
しつこい、せめて【適当な安全率⇒ある安全率】といってくれればいいのに〜〜〜。

25 名前:アメリカナマズ 投稿日: 2006/10/13(金) 22:04:19
ふん。さんに同感です。4.にしたよ。
許容支持力とは、地盤の載荷試験を行なって極限支持力を求め、これを【所定の安全率】で割って求める。
ですよね!!

26 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 02:33:13
「適当な」は「いい加減な」ではなく、「適切な」という意味ですよ

27 名前:ブラックバス 投稿日: 2006/10/14(土) 06:59:35
「適当な」=「適切な」ではあり得ない・・・と思いますよ。
よって、い飽貮次!!

28 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 16:31:05
文章の挙げ足をとる試験でないと思いますが・・・
適当
ある状態・目的・要求などにぴったり合っていること。
ふさわしいこと。また、そのさま。相当。
これは、国語の問題ですね。

戻る


6 4-6 (Res:15)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:01:59
4- 6 下図に示すように,長さL(m)の梁ABの一部分に等分布荷重が作用している。梁ABにおいて,最大曲げモーメントが発生する点を点Cとすると,点Cから点Aまでの距離X(m)として正しいものは,次のうちどれか。


(1) L/3   (2) 4L/9   (3) L/2   (4) 5L/9   (5) 2L/3

2 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:08:46
2です。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:09:24
△隼廚

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:11:54
2

5 名前:九工大生 投稿日: 2006/10/09(月) 22:13:58
誰がといても

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:17:55
感覚的に2を選びました。

7 名前:しん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:21:42
△任后
Aの反力上向き4Lq/9
Bの反力上向き2Lq/9

A周りのモーメントは
X<2L/3では
M=4LqX/9−qX^2/2
dM/dX=4Lq/9−qX=0
でX=4L/9
△箸靴泙靴

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:29:07
これは解かなくても△靴ない

9 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:31:51
解かなくても分かるの!!
2にしました。

10 名前:Dobokun 投稿日: 2006/10/09(月) 23:44:33
具体的に数値(たとえばL=100mとか)を入れて、等分布加重が桁全体ではなく、2L/3(m)までしか載加されていない状態の最大曲げモーメント発生位置を常識的に考えると、桁中央部よりA側の位置になりますね!!これは、この問題のポンチ絵のC点位置にだまされてはダメです。

11 名前:Dobokun 投稿日: 2006/10/09(月) 23:46:15
答えをいれるの忘れてすいません!!よって正解は2ですね!!

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:24:19
答えは△覆鵑澄
前にネットで同じ荷重のかかりした梁の最大モーメント部分が端から3/4の位置だったんで2L/3×3/4でL/2のにしちゃいました。全く計算しなかったんで何ともいえませんが

13 名前:China 投稿日: 2006/10/10(火) 17:55:43
答えは△も
範囲で考えると0.33L〜0.50Lの間であると思いました。
計算すると△靴ない。

14 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 01:03:20
受験したお友達と考えてみたの、まず、シンプルビームの、等分布荷重の2/3L左より、で、真ん中の左よりと、考えて、答えは、2、か、4よね。では、よ〜く、問題用紙の図を、見ながら考えてね、問題用紙の図は、それらしく、4、ぽく見える位置に書いてあるけど、等分布荷重だって、真ん中なら、絶対2、あたりよね。簡単。まさかとはおもうけど、問題用紙の図面をスケールで、測ってみたところ4、出題ミスなんて、大バカやろうは、いないでしょうね、キツイお仕置きが待っているわよ。

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 08:39:43
句読点大杉

戻る


7 4-7 (Res:34)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:01:47
4−7 下図に示すように,柱A(長さ2 L, 断面二次モーメントI),柱B(長さL,断面二次モーメントI)の2本の良枝がある。柱Aの最小の座屈荷重Pcr(A)と柱Bの最小の座屈荷重Pcr(B)の比である,Pcr(A)/Pcr(B)の値として正しいものは次のうちどれか。ただし,柱Aおよび柱Bの材質は同じで,柱Aおよび柱Bはいずれも部材軸方向に材質,断面二次モーメント(柱AではI,柱Bでは21)が一様であるとする。また,柱Aの境界条件は両端単純支持,柱Bの境界条件は一端固定,他端自由とする。

(1) 4   (2) 2   (3) 1   (4) 1/2   1/4

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:29:25
PcrA=2PIEI/(2L)^2
PcrB=1/4PIEI/(2L)^2
1/2÷1/4=2
よって△正解かと。

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:33:01
PcrA=2PI^2EI/(2L)^2
PcrB=1/4PI^2EI/(L)^2
1/2÷1/4=2
よって△正解かと。

4 名前: sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:34:41
長さ2Lの単純支持の柱より、長さLで短くしかも断面が2Iの一端固定の柱の方が座屈しにくそうだと思ったのでいァ
結局よく分からずにい砲靴討靴泙い泙靴拭

5 名前: K 投稿日: 2006/10/09(月) 22:40:13
Ia=I
Ib=2I
la=2L
lb=L*2=2L

これらを
Pcr=2pi^2*EI/l^2
にそれぞれ代入して
答えはい任蓮

6 名前: mack 投稿日: 2006/10/09(月) 22:41:06
イ砲靴燭鵑任垢、、、
端の境界条件をよく覚えていません。
誰か解説できる方いませんか?

7 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:45:47
4にしました。両方ともL=4lだと思うので、残るは断面二次モーメントの違いのみ?

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:14
5にしました
座屈加重の求め方はわかりませんでしたが、感覚的に柱が長いほうが座屈加重は
小さくなるので分母に、断面が大きいほうが座屈加重が大きくなるので
分母に持ってきました。他の係数などは無視して
PcrA=I/2L PceB=2I/L として計算したら1/4になりました。

9 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:54:50
上の書き込み間違えました。失礼します。
断面が大きいほうが座屈加重は大きくなるので【分子】にです。

10 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:30:06
イ1票。

11 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:32:53
5じゃないですか?
オイラーの座屈荷重の式に代入すると!!

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:43:02
オイラーを使うと4では?
La=2L Ia=I Lb=2L Ib=2I ですので。
ちなみに、このサイトの問題文はIb=Iとなっており、転記ミスです。

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:45:17
僕もそう思うな。

14 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:51:12
E,Iが同じ場合,長さ2Lの単純支持の梁と長さLの片持ち梁の座屈応力は等しくなります。
したがって,Bの方が断面2次モーメントが2倍ですので,答えは,1/2となります。
答え

15 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:19:24
4.なら嬉しい

16 名前:mack 投稿日: 2006/10/10(火) 00:26:11
確認しました。

両端単純支持:π2EI/(4L)2
一端固定  :π2EI/L2

で確かにい砲覆蠅泙垢諭

17 名前:W 投稿日: 2006/10/10(火) 17:36:49
道示鋼橋編P133より
柱の有効座屈長は
両端単純支持の場合はL
一端固定、一端自由の場合は2L
(Lは柱の長さ)
A柱の長さはB柱の長さの2倍のため、
A柱とB柱の有効座屈長は同じです。
オイラーの座屈荷重の式に代入すると
Pcr=π2EI/L
(Lは有効座屈長です)
4は正解と思います。

18 名前:ケロッパチ 投稿日: 2006/10/10(火) 19:59:22
オイラー座屈の典型問題において
片端剛結の場合、その面を鏡面として反対側にも同じ柱をイメージして考えると手っ取り早いです。
なのでパターンA、Bはともに
・境界条件は全く一緒
・柱の長さも2Lで一緒
と考えることと等価です。
つまりこのイメージが湧けば、AとBで異なるのはIだけとなります。
座屈荷重は、長さが同じ柱の場合はEIに比例しますから
座屈荷重比はあっさり求まり
A:B=1:2
となります。


19 名前:地盤研究室 投稿日: 2006/10/11(水) 23:07:14
柱部材の長さをLとしたとき、有効座屈長Leは、

両端ヒンジ     :Le=L
一端固定・他端自由 :   2L
一端ヒンジ・他端固定:   0.7L
両端固定      :   0.5L
よってA,Bそれぞれの有効座屈長は、
A:Le=1×2L=2L
B:Le=2×L =2L
有効座屈長は同じなので、
A/B=断面二次モーメントの比=I/2I=1/2
ですね。4です。

20 名前:ケロッパチ 投稿日: 2006/10/12(木) 18:56:08
有効座屈長については、
(1次)座屈時に長柱が描く座屈波形(湾曲波形)をイメージすると
闇雲に覚えるよりは頭に入ります。

境界条件は
・剛結部:たわみ(変位)0、たわみ角0
・ヒンジ:たわみ(変位)0、たわみ角フリー
・その他の部分:たわみもたわみ角もフリー
に注意して、長さxの柱の1次座屈時の座屈波形をイメージすると
●a.両端ヒンジ(単純支持)
座屈波形を柱2本分くっつけるとsin波1周期分を描きます
この場合、波長は2xです。
●b.両端剛結
柱1本でsin波1周期分を描きます
これは波長1x相当。
●c.片端剛結+他端フリー
座屈波形を柱4本分くっつけるとsin波1周期分を描きます
これは波長4x相当。

ここまでは単純にイメージできると思います。
●d.片端剛結+他端ヒンジ
このときだけは座屈波形はsin波にならず変則で
振幅1と2の波が重なったような形状になりますが
柱4本分をくっつければ、波数3つを描く周期であることがわかると思います。
よって近似的に波長は1.33x相当です。

この波長の比がおのおのの有効座屈長比にほかならず
a:b:c:d=2:1:4:1.33
=1:0.5:2:0.7
地盤研究室さんの記載のとおり
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

21 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 12:55:11
2

22 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 21:07:25
あ〜ん、わたしは、5にしてしまいました。シンプルビームに、両端なら水平に荷重がかかるなんて、いままで遭遇したことがないので、とりあえずA
は両端ヒンジと考え、A,Bは同条件と考え、BはAより長さが半分、断面二次モーメントが倍、と考えて5、にしましたが、そういえばAは、荷重が両方向だから、二つありますよね、あ〜ん、おしいかったわ〜。う〜ん、あと一歩だったのにい..............。ぐすん。

23 名前:エリザベス 投稿日: 2006/10/13(金) 23:30:31
わたしは、微分方程式を解いて答えを求めました。

ただ、この問題(その他の問題を含め)の意図がよくわかりません。
ただ公式を暗記していることを求めているだけなのか?

もしそうであれば、レベルの低い試験だと思います。
答えよりも、導出過程(どんな仮定から出発しているか)の方が
大事ではないでしょうか?

ちなみに、問題分には材料が弾性体であるという一番大事な仮定が
抜けている。
せめてオイラーの座屈荷重と表現するべきだと思います。

24 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 00:43:23
えっ?仮定から出発している問題を解く?とりあえず、なんの事か解らない貴男には、では、では、その、微分方程式の境界条件を、述べよ。

25 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 01:10:19
もう、どうしたなよ、ずぶん待たせてくれたじゃない。あら、そんな簡単な事も、まだ答えられないの?そんな、貴男には、キツイお仕置きよ!!

26 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 02:38:07
>>24
変位をvとすると、単純支持の位置でv=0,固定支持の位置でv=0,dv/dx=0

27 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 03:14:16
よくできてるみたいじゃないの。じゃ!その微分方程式をみせなさい。おまえのように醜い姿だったら、もっとキツイお仕置きよ!!!!

28 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 04:22:12
う〜ん、もう!本当イライラするほど、待たせて、、、、聞きしに勝ると、言われるほどの、建設技術者どものわりには、本当に歯ごたえのない豚ばかりだわ!こんな簡単なシンプルビームの荷重条件のX(m)の解を、求める。微分方程式もですら、まず、くめないなんて!どうせ、わたしのパソコンは少しは文字化けするんだから、だれでもいいから、自信をもって、ちゃんとした、微分方程式の姿をみせなさい。だいたいにおいて、No name、なんて貴男それでも、女王様に調教される気があるの!!!

29 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 05:26:15
う〜ん、もう!前の問題にせよ、この問題にせよ、移動(m)、も、時間(t),も考えなくていいはずの、問題にまで、偏微分方程式をつかってまでして、考えたという、骨のある豚の姿を見せなさい!!!!

30 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 14:45:12
へそ出しローライズGパンOL

31 名前:エリザベス 投稿日: 2006/10/14(土) 18:30:52
右端からの距離をx、たわみをv(x)とすると、

v''(x)=-pv(x)/EI、境界条件:v(0)=0,v(2L)=0

v''(x)=p(v0-v(x))/2EI、境界条件:v''(0)=0,v'(L)=0 ←v0は右端のたわみ

32 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 22:16:55
よくできてるみたいじゃないの。よくがんばったわえ。エリザベス。ほんとにかわいい、、。私の激しい鞭打ち1千マン回!叩き責めで、一体、貴男、何度、イカされたかしらね。うふうっ、、。じゃ、エリザベス、御褒美よ、貴男のとっても好きなもの、、、、。言ってごらん?
そうね、とっても、恥ずかしい、わんちゃん、スタイルになりなさい。そう!深く深呼吸するのよ、、。ほら、いくわよ。これが欲しいんでしょ。
(Ah-,,,,,)ほら、どうなの?そう、いいでしょ!もっと、欲しいの?じゃ、その、境界条件により、
微分方程式らしきもので、ちゃんと、解を、求めなさい。私の心を感動させられるものでなければ、
もっと、厳しい、お仕置きよ!わかっているわね。

33 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 22:41:24
>>29
常微分方程式ですよ、といってみる

34 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 01:27:24
常微分方程式、とか、偏微分放置式、とか」の話じゃなくて、とりあえず、貴男は、放置プレイ!!!
私の前で、貴男の、最も、恥ずかしいオナニーを、見せなさい。

戻る


8 4-8 (Res:7)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:01:36
4- 8 現在の「道路橋示方言・同解説I共通編」で規定される,我が国の道路橋の設計に用いられる活荷重に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 活荷重はA活荷重,B活荷重に区分されるが,このうち,総重量245kNの大型の自動車の走行頻度が比較的商い状況を想定したものはB活荷重である。
(2) A低荷重,B低荷重は,それぞれ自動車荷重,群集荷重,軌道の車両荷重から構成されるが,このうち群集荷重および軌道の車両荷重については,A活荷重,B活荷重による区別はない。
(3) 床版および床組の設計に用いる活荷重と主げたの設計に用いる低荷重とが区別して規定されている。
(4) T荷重は,車軸の影響に,床版および床机の耐久性を考慮して定められたものである。
(5) L荷重は,集中荷重からなる荷重である。

2 名前:ん? 投稿日: 2006/10/09(月) 22:13:18
(5)かな?L荷重は分布荷重だもんね。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:18:36
L荷重は分布荷重なので5を選びました

4 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:36:26
Tが集中、Lが分布ですよね。
イ砲靴泙靴拭

5 名前:K 投稿日: 2006/10/09(月) 22:42:18
私もイ砲靴泙靴

6 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:47:53
痛た 3.にした。
5を分布荷重と読み間違えて悩み続けた時間がにくい

7 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/14(土) 01:21:48
私のパパは、若い頃は、駆け出し手書きによる配筋図リスト、よ、もはや頭がヒカッって、往事なら、3
は、まずありえない話だと思った。いまは、パソコンの進歩で、よく、考えるとそんなことなら、確かにできるよね。

戻る


9 4-9 (Res:17)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:01:20
4- 9 鋼橋の設計に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) アーチ橋において,細長い吊材や支柱では,風によって有害な振動が発生しないように注意しなければならない。
(2) トラスの設計にあたっては,格点剛結の影響による二次応力をできるだけ小さくするように配慮する必要がある。
(3) すみ肉溶接でまわし溶接を行った場合には,まわし溶接部分も有効長に含めるものとする。
(4) 箱形断面主げたを用いる場合には,設計上,ねじりモーメントを考慮する場合でも,一般にそりねじりによる応力度を無視することができる。
(5) ラーメン隅角部では,組立時の作業性,特に溶接施工性が構造物の耐荷力や疲労強度に及ぼす影響も大きいので,これらについても設計時に十分配慮しなければならない。

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:20:18
4?

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:22:30
通常まわし溶接部(主応力と直角方向)
を計算に入れることしていないですね
ですから3を選択しました

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:15
溶接部は有効長にはしません。


5 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:10:18
4じゃないかな
www.jasbc.or.jp/faq/faq_pdf/00.pdf
のP71

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:15:02
どっちなのよ???

7 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:26:52
建築の鉄骨構造のテキストに載ってましたが、有効長さは、まわし溶接も含めた溶接の全長から隅肉のサイズの2倍を差し引く。
とありますので、消去法で4では?
違ってたらすいません。

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:33:32
であってくれっ

9 名前:au 投稿日: 2006/10/10(火) 00:04:06
道示鋼橋編P192を読むと、溶接終了部は等は有効長に入れないと思われます。H17の試験に有効長に含めないという設問があり、正でした。

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 01:42:53
じゃぁい蓮?

11 名前:コンクリ屋 投稿日: 2006/10/10(火) 12:42:55
auさんの通りかな。
道示、溶接部の有効長では、
「すみ肉溶接でまわし溶接を行った場合は、まわし溶接部分は溶接長に含めないものとする。」
と記述されています。

12 名前:サクラ咲く? 投稿日: 2006/10/10(火) 20:59:03
常識的に3では?

13 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 22:59:03
4は正しいです。
箱桁は純捩り、そりねじりはI桁曲線橋等に現れる。消去方で3かな。
しかし、年々1次試験は大学時代の内容になっていくなあ。現役に近い方が有利だあな

14 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 07:58:32
建築出身ですが、3としました。

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 12:57:58
4じゃて。

16 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 18:39:16
コンサル1年、現場9年の人間です。示方書は強いと思います。なぜならば、この示方書に基づき設計を行い、現場も不具合があった場合、第一に示方書にどのように書かれているのかをチェックします。いわば、基準のバイブルなのです。この基準が崩れるようならば、現場の施工管理基準が、全国様々になり、検査の合否判定もあやふやなものになってしまいます。間違えなく答えはです。

17 名前:橋梁屋 投稿日: 2006/10/17(火) 10:41:46
7番さん。私も建築士です。橋梁では回し溶接部分は有効長に入れません。
ここが建築鉄骨と鋼橋での相違点です。
ご自分の専門分野の常識をひとまず捨てて土木の頭に切り換えましょう。
正直言って、建築系の人をねらった引っかけ問題です。

戻る


10 4-10 (Res:38)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:01:10
4−10 コンクリートに関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 一般に早強セメントは普通セメントよりクリープが大きい。
(2) 我が国におけるコンクリートのアルカリ骨材反応に関する照査は,一般にアルカリシリカ反応について行えばよい。
(3) コンクリートの圧縮強度は,一般に標準養生材齢28目の圧縮強度を指す。
(4) コンクリートの強度のうち,圧縮強度,引張強度,曲げ強度の3種類の強度を比較すると,一般的に圧縮強度が最も大きく,引張強度が最も小さい。
(5) コンクリートのヤング係数は,一般に圧縮強度が大きくなるほど大きくなる。

2 名前: 九工大生 投稿日: 2006/10/09(月) 22:17:03


3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:22:21
△△辰討襪茲Δ糞い發垢

4 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:23:15
,な。セメント種類によるクリープの大きさは早強<普通<低熱の順で、強度発現の早いものからクリープが少なくなるから。

5 名前: ん? 投稿日: 2006/10/09(月) 22:27:07
,な。クリープ係数は早強は2.6で普通は2.8だったと思う。

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:28:24
△論飢鬚隼廚い泙后
たしか早強は初期は大きくでて、
時間がたつにつれて普通より
小さい値だった記憶があります。

7 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:29:22
1にしました。過去問の説明によると日本で一番多くあるのがアルカリシリカ反応だそうなので、2か1かで迷いましたが、1に。

8 名前: 6 投稿日: 2006/10/09(月) 22:29:48
すみません△鮴飢鬚箸鰐簑衒犬
正しいということです。正解は
と思います。

9 名前: oira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:30:25
イメージとしたら 
クリープだから

10 名前: akira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:35:58
ゥ筌鵐扱舷瑤辰董個々の材料が持っている係数Eですよね。

11 名前: sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:40:10
これは確実にイ任后
f'cdが変化しても初期剛性(つまり弾性係数)はほとんど変化しません。
コンクリート構造の最初の授業で聞いた覚えがあります。

12 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:40:39
5にしたけど..
「ヤング係数は圧縮強度の平方根に比例するから間違い」
と思ったら
圧縮強度が大きくなれば大きくなるよね
間違えたか

13 名前: go 投稿日: 2006/10/09(月) 22:50:15
↓い論気靴い任垢諭L造辰針にイ箸靴泙靴拭

14 名前: はるお 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:59
私は△砲靴泙靴拭

15 名前: 小倉 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:11
コンクリート中のナトリウム・カリウム等のアルカリ金属イオン(アルカリ性細孔溶液)が、骨材中の特定の鉱物と反応。異常膨張を起こし、コンクリートにひび割れを生じさせる。 以下の三つに分類できる。

アルカリシリカ反応(ASR)
アルカリ炭酸塩反応
アルカリシリケート反応

三つに分けられるが、アルカリシリカ反応とアルカリシリケート反応はほぼ同じであるため、コンクリート標準示方書では、アルカリシリカ反応(ASR)とアルカリ炭酸塩反応の2種類に分類されている。

また、日本でもっとも多く発生しているのがASRで、アルカリイオン・水酸基イオンと骨材中に含まれる準安定なシリカとの間に生じる化学反応である。

△任垢ね。。。

16 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:04:01
>15
謝っているのを選ぶのですょ

17 名前: むすこ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:05:31
「コンクリートのヤング係数は、その圧縮強度が高いほど、大きな値となる」
コンクリートの圧縮強度(Fc)が大きいほど、また、
気乾単位容積重量(γ)が大きいほど、そのヤング係数は大きくなる
(応力度−ひずみ度曲線における勾配が急になる)ことが分かります。
すなわち、強度の大きいコンクリートは、ヤング係数が大きく、ひずみ(縮み量)
が小さいということです。

イ論気靴い任后

18 名前: やす 投稿日: 2006/10/09(月) 23:08:41
私も△砲靴泙靴拭

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:18:10
>むすこさん
そ、そうなんですか…
イ砲靴舛磴い泙靴

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:32:43
がっくり・・・orz
イ砲靴舛磴辰

21 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 23:36:25
あ、>>11はヤング率じゃなくて「最大応力時の歪ε'cuが強度によらずほぼ一定」との覚え違いだったみたいです。
ちょっと恥ずかしい

22 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:36:44
日本ってアルカリシリカ反応が大部分じゃないっけ!?
5にしました。でもスレ見てるとなんか1っぽいね・・・orz

23 名前:金さん 投稿日: 2006/10/09(月) 23:54:07
2にしたんだけど、クリープについてぐぐったら
セメント種類によるクリープの大きさは早強<普通<低熱の順というデータが
ありました
1のようですね

24 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:01:25
あれ、コンクリートは曲げ強度が最も小さいんじゃなかったけ?
4にしました。

25 名前:Dobokun 投稿日: 2006/10/10(火) 00:15:56
一般的に骨材の成分(シリカ)であるものとセメント中のアルカリが反応する場合は、アルカリシリカ反応。日本ではアルカリ炭酸塩反応はあまり見受けられませんが、両方行うことが適切では?よって、2としました。

26 名前:コン主任技士 投稿日: 2006/10/10(火) 00:25:26
消去法で1

27 名前:au 投稿日: 2006/10/10(火) 00:26:06
イ論気靴い任后
私も△砲靴泙靴燭、いろいろ調べると
,正解のようです。クリープ量は強度を大きくする影響はすべてクリープを小さくする方向に働いて 早強<普通<低熱となります。

28 名前:qqq 投稿日: 2006/10/10(火) 06:56:04
イ砲靴泙靴拭B進イ任呂覆い任垢・・・
もう少し日本語を適切に表現して問題文を書いてほしい。

29 名前:小倉 投稿日: 2006/10/10(火) 08:21:14
セメント種類によるクリープの大きさは早強<普通<低熱の順であることがいえ、強度発現の早いものからクリープが少なくなる。つまり、セメント種類に関するコンクリートのクリープの違いは載荷時のコンクリートの緻密さ、つまり強度が支配的な要因となっている2ことからセメント種類による材齢7日の強度から普通コンクリートの載荷材齢の違いに直し、See .の載荷開始時材齢の補正項を用いて補正することとする。

30 名前:yyy 投稿日: 2006/10/10(火) 09:50:05
設計基準強度=圧縮強度と解釈すればイ論気靴い里派埓飢鬚任后

31 名前:今年もダメかも 投稿日: 2006/10/10(火) 11:59:36
圧縮強度が大きくなると歪が増えるのでは。ヤング係数は一定では?
σ=Eε

32 名前:コンクリ屋 投稿日: 2006/10/10(火) 12:24:38
,砲靴泙靴拭
セメントの影響は僅かで、W/Cや骨材の違いが影響するはず。
イ砲弔い討蓮
設計では圧縮強度が大きくなるとヤング係数は大きくします。
f'ck=210,E=2.35*10^5
f'ck=300,E=2.8*10^5
f'ck=400,E=3.1*10^5

33 名前:China 投稿日: 2006/10/10(火) 14:33:37
い砲靴泙靴拭
曲げ強度が一番小さいでしょう。

34 名前:ため息 投稿日: 2006/10/10(火) 15:27:12
引張が一番小さいです。
・曲げ強度は、圧縮強度の1/5〜1/7
・引張強度は、圧縮強度の1/10〜1/13
だから、い任呂覆い隼廚い泙后

35 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 17:31:44
え〜、教授が1と言ってました。

36 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:12:37
イ呂△んの?

37 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:03:20
1です。初期強度の大きい方がクリープが小さい。

38 名前:サクラ咲く? 投稿日: 2006/10/14(土) 00:19:48
自分は5にしましたが、コンクリ屋(32)さんの書き込みのとおり5は正しい!

戻る


11 4-11 (Res:20)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:01:00
4-11 都市計画における開発許可制度に開する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 開発許可制度は,いわゆる緑引き制度を担保し,良好かつ安全な市街地の形成と無秩序な市街化の防止を目的とする。
(2) 開発行為には,建築物の建築と第1種特定工作物の建設を目的とした土地の区画形質の変更は含むが,第2種特定工作物の建設を目的とした土地の区画形質の変更は含まない。
(3) 許可権者には,都道府県知事,政令指定都市の長,中核市の長,特例市の長,及び地方自治法の規定に基づく事務処理市町村の長が含まれる。
(4) 市街化区域での250m2の開発は,三大都市圈では,規制対象に含まれない。
(5) 学校など公益上必要な建築物の建築は,規制対象に合まれない。

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:23:06
ではない

3 名前:oira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:31:44
3だと思ったんですけれども

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:35:25
5ではない

5 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:43:09
5にした
公共施設で開発協議をしたから
協議と規制は別なのかな

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:46:52
100% 2でっす。第2種特定工作物は1ha以上のグランド建設などを
目的とした立派な開発行為です。

7 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:15
3にしましたが、2だと思います。
第一種特定工作物は周辺の地域の環境の悪化をもたらすおそれのあるコンクリートプラント,アスファルトプラント,クラッシャープラント,危険物の埋蔵又は処理に供する工作物等をいう。
第二種特定工作物はゴルフコース,1ヘクタール以上の野球場,庭球場,陸上競技場,遊園地,動物園,観光植物園,その他の運動場,レジャー施設,墓園等をいう。

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:19
5は絶対に違う
公益上必要な建物→交番とか→規制を受けるわけがない。

9 名前:投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:46
都市計画法を紐解いていないので、
はっきりとはわかりませんが、
公共団体が施工するのでなければ、
学校などについても許可が要るような気が・・・
まちづくり3法のからみで、ごっちゃになってしまいました。
イ砲靴討靴泙い泙靴拭

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:03:03
開発許可の例外
市街化区域での1000m2未満のもの
公益上必要な建築物・・・等
ぁ↓イ論飢髻
なので?

11 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:04:48
↑訂正△任垢諭

12 名前:やす 投稿日: 2006/10/09(月) 23:10:39
△任垢茵

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:04:54
県をまたがって開発するときは国(国土交通大臣)が許可権者になるのでは・・・
にしました。

14 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 10:23:58
三大都市圈の市街化区域の既成市街地での開発許可は、500岼幣紊規制対象になるようです。また、開発許可権者が条例で300m2まで引き下げ可ともなっていますが、これでも規制対象にはなりませんね。

15 名前:かず 投稿日: 2006/10/11(水) 01:15:37
△正解(誤り)
 .好廛蹇璽襪遼瓢漾А
 第2種特定工作物はゴルフ場、野球場などで開発行為に含まれる:×
 「許可権者がまたがる区域の場合はそれぞれと調整」と運用指針にある(国とはならない):○
 せ坡慌酋莪茲1,000岼幣紂А
 ニ‖29条第1項第3号より含まれない:○(まちづくり三法の改正で今後変わるか?)

16 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/11(水) 18:20:48
△舛磴Δなって思ったけど自信がないからパスしてもうた。失敗・・・。

17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 10:42:36
イ世隼廚い泙靴拭
都市計画の工業用地帯では規制があるるので、規制対象に含まれない
とは断言出来ないので。 現在 宅建の勉強をしております。

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 14:14:11
完全にイ正解です!
小中学校は、準工業地帯は建設して良いが、
工業地帯はダメなんですよ!(幼少者には危険との判断なんでしょう)
過去問にもありますよ。正解はイ任后

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 23:30:15
この問題は、開発行為について問う問題です。

工業地域には確かに学校はつくれません。しかし、この問題は開発許可制度について問う問題なので、開発許可制度ということに関して言えば、学校は開発行為の規制は受けません。ネットで調べてもたくさんでてきます。

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 23:31:59
追加。17、18さんの言われているのは、用途地域についてのお話です。

戻る


12 4-12 (Res:10)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:00:50
4−12 都市施設に開する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 上水道の区分のうち,上水道事業,簡易水道事業の管理主体は原則として市町村であるのに対し,専用水道は設置者が管理する。
(2) 公共下水道は,計画区域内に下水管棄損を設置し,区域内の汚水および雨水を集め,汚水を終末処理場で浄化するものである。
(3) 廃棄物処理施設に輸送される廃棄物には一般廃棄物と産業廃棄物かおり,産業廃棄物は,事業活動によって生じるもので,当該事業者が処理を行うことになっている。
(4) 市街化調整区域内における農地のうち,生活環境の保全上相当の効用があり,将来公共施設の予定地等として適しているものについて保全し,良好な都市環境の形成に資するため定める地域地区を,生産緑地地区という。
(5) 緑地整備の指標として用いられる緑化面積率は,樹木,草花,芝等により緑化された土地の面積の敷地面積に対する割合を意味する。

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:12:27
いにゃ
市街地区域内だとおもう

3 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:23:36
4.にしました
>2さんに同じく市街化区域内ですよね

4 名前:投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:29
い任呂覆いと思います。
生産緑地地区の説明の中身も違っているようですね。
ヤフー不動産用語で引いてみると、
わかりやすい説明が出てました。

5 名前:oira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:58
おなじく、4で正解

6 名前:にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:35:03
4にしました。

7 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:45:20
市街化調整区域内は原則として開発禁止、つまり保全ってことだと思ったので
「農地のうち」という説明が気に入らず、4を選びました。

8 名前:はるお 投稿日: 2006/10/09(月) 22:57:15
い砲靴泙靴拭生産緑地地区は市街化区域内で定められるのでは?

9 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:06:48
い任后

10 名前:Y子 投稿日: 2006/10/09(月) 23:22:10
4、ですね。
第3条:「市街化区域内」にある農地等で・・・公害または災害防止、農林漁業と調和した都市環境の保全等良好な生活環境の確保に効果があり、かつ、公共施設等の敷地の用に供する土地としても適していること。

戻る


13 4-13 (Res:29)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:00:39
4−13 都市交通計画における交通需要予測手法に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 発生集中交通の予測では,目標年次における発生あるいは集中交通の平均速度を予測する。
(2) 分布交通量の予測では,ゾーンに発生あるいは集中する交通がどのゾーンに集中あるいは発生するのかを明らかにする。
(3) 交通手段別分担交通量の予測では,各ODペアの交通がどの交通手段を利用するかを予測する。
(4) 配分交通量の予測では,鉄道,バス,自動車の交通機関別OD表を与えられた交通ネットワークに割り当てる。
(5) 非集計分析での予測では,交通を行うか否か,どこへ行くか,どの交通手段を用いるか,などの個人あるいは世帯等の交通行動を予測する。

2 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:03
個人あるいは世帯等は非集計でなくて、集計じゃないかな?
なので

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:26:13
1にした

4 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:28:55
交通量を予測するんだから,誤りじゃないかな。

5 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:36:51
1.にした
>4さんに同じく速度にひっかかった

6 名前: go 投稿日: 2006/10/09(月) 22:42:04
私も,鉢イ婆造い泙靴拭8鯆未龍飢塀颪鯢害鬚と、
「ゾーンごとに集計した状態量によるのが集計型モデル」
「個人ごともしくは世帯ごとの状態量によるのが非集計モデル」
とありました。,世隼廚Δ鵑任垢・・・

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:46:31
まさばさん、俺も教科書見たらそうなってました。,世抜蠅い燭ぁ

8 名前: sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:48:29
1〜4は4段階推定法、つまり分布交通量の話だと思い
,法崑度」とあるので,砲靴泙靴拭
イ蓮?よく分かりません。

ただ、「発生集中交通の予測」とあり、「交通量の予測」と書いていないのが気になりました・・・

9 名前: はるお 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:14
平均速度が引っかかり,,砲靴泙靴拭

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:23:35
△砲靴泙靴拭2漆紊榔水を集めないのでは?

11 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:37:39
1ではないですか?
速度はないでしょう。

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:52:28
集めるけど処理しない

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:03:12
下水は雨水を集めますよ。,任△辰討れー!

14 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 04:19:41
発生集中交通の予測では,目標年次における発生あるいは集中交通の平均速度を予測する

これって四段階推定の話ですよね?
ウチの学科では「発生集中交通量の推定」という風に覚えてさせられたので、速度はありえないと思い、,砲靴泙靴

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 16:39:27
KLさんに同様で4です。でも1の速度もおかしいです。

16 名前:投稿日: 2006/10/10(火) 16:42:35
間違えました。5です。

17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 16:52:08
わたくし、交通工学専門ですけど、、、5にしました。

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 19:54:51
1

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 20:26:43
わたくし、交通工学で博士号をとりました。,任靴腓Α8鯆娘要予測手法に速度予測なんてない!

20 名前:なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 22:53:12
5、だと思います。非集計モデルは確かに個人や世帯のデーターを使いますが、予測された結果は交通量全体を言いマクロ的なもので、ミクロ的なものを予測するものではないのではないでしょうか。

21 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:04:16
自然に読めば1です

22 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:11:20
非集計モデルは個人や世帯のミクロデータを(いくつかのパターンで)モデル化し、それを確率論的に母集団(マクロ)に適用する手法では?
とすると非集計モデルで重要なのは、ミクロデータを予測する部分なので(モデルとその確率さえ出てしまえば後は母集団の数を統計等から引いてくるだけでよい)、5.は正しい、と思いました。

ちなみに私は1.と回答してます。交通量推計の実務も少しやったことがありますが、発生集中量予測では、「量」を書かずに「速度」だけが記載されているものは見たことありません。
そもそも1.の文章では、一番大切な「交通量」の予測がされていないので不可かと。

23 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 00:23:34
うん?本当ですね。発生集中交通の予測.......?.......発生集中交通の平均速度?か.....交通量となっていないのは、基本的におかしいですね。4−1の問題と同じ事を言って恐縮ですが、出題ミスじゃないですか?だったらこの問題を選択した人は全員正解1ですね。


24 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:04:35
1が正解だと思いますが、5もおかしいと思います。
「個人や世帯の交通行動を予測する」ってのがひっかかります。
出題ミスと報告しましょう!

25 名前:地盤研究室 投稿日: 2006/10/11(水) 23:13:12
1ではと思います。てゆーか1であってほしい…
交通の発生・を予測するのに速度を議論に出すのは無意味なのでは…

26 名前:地盤研究室 投稿日: 2006/10/11(水) 23:25:44
1ではと思います。てゆーか1であってほしい…
交通の発生・を予測するのに速度を議論に出すのは無意味なのでは…

27 名前:ENO 投稿日: 2006/10/12(木) 21:38:58
1ですね。年次と平均速度とあるので一般交通量調査のことをいってると思います。
需要予測ではないので×。5はパ−ソントリップ(PT調査)のことですね。
できれば一日におけると付け加えて欲しかったです。

28 名前:一言いわしてもらいたい 投稿日: 2006/10/12(木) 22:09:15
確かに1が誤りだと思います。ていうか、(1)を見た段階で問題用紙には1が誤り
としました。しかし、かれこれ何回もこの試験をうけるはめになっていますが、
最後まで問題を読まなかった事で後悔したことが数多く、今年は改心し最後まで
読みました。結果、ひょっとして(1)は誤植か誤字かと自分勝手な判断をしてしまい
5と回答しました。笑われるかもしれませんがホントです。過去、何度も問題について
の修正といった謝り記事をよんでいたので。長くなりますがもう一点。最近の傾向で
大学レベルの回答をしなさい。実務上の経験では間違いがあるといわれますが、では
実務ってなんなんですかね。法や指針を侵してはないんですが・・・・

29 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 07:19:07
5は、言葉が足りないか「データを使用する」とすべきです。
問題文ミスになりませんかね?

戻る


14 4-14 (Res:7)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:00:27
4−14 水深に比べて十分幅の広い水路の水深ハの支配方程式で,正しいものはどれか。ただし,xは流下方向距離,ioは水路勾配,hnは等流水深,hcは限界水深である。

(1) dh/dx=io・(h^3−hn^3)/(h^3−hc^3)
(2) dh/dx=io・(h^3−hc^3)/(h^3−hn^3)
(3) dh/dx=io・(h^3+hn^3)/(h^3+hc^3)
(4) dh/dx=io・(h^3−hc^3)/(h^3+hn^3)
(5) dh/dx=io・(hn^3−h^3)/(h^3−hc^3)

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:22:16
5じゃね〜?

3 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:33:07
5.にした
hn−hがこの式にしかなかったから

4 名前:kozou 投稿日: 2006/10/09(月) 22:40:21
1 でしょう?教科書みたぞー

5 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:23:16
△砲靴泙靴
なんとなくnは分子にある気がしまして

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:24:38
じゃあ,任垢

7 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:52:12
1.でしたか
学校でて10年たつといろいろ忘れます

戻る


15 4-15 (Res:25)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:00:15
4-15 河川の調査・計画に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 一般に流域に降った降雨の中で河川流出とならない降雨分を損失雨量といい,降雨全体から損失雨量を差し引いたものを有効雨量と呼ぶ。
(2) 洪水時の流量観測では流況の変化が激しく,流速が非常に大きくて流速計を水中に保持することが難しく危険でもあるので,浮子による観測が行われている。
(3) 洪水時においては,同じ河川水位に対して増水期の流量は減水期の流量より大きくなるため,水位流量曲線はループを描く。
(4) 一般に河川の鉛直方向の流速分布は,河床から少し離れると急に増し,水面に近づくにつれて大きくなって,表面で最大となる。
(5) 水が流れている時には水底面には必ずせん断力が働いているが,ある限界以上になると土砂の移動が始まる。この限界のせん断力を限界掃流力という。

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:13:33
4??

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:19:13
2??

4 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:26:48
△呂△辰討い襪隼廚い泙后
洪水時の流量観測は今まで浮子による観測が行われているので・・・

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:28:33
△呂△辰討泙后0貂鯒、浮子による流量観測を行いましたので・・・。

6 名前:しん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:28:59
洪水の危険なときに浮子をつかうのか?
浮子(ふし)ってレベルみたいなものを橋の上から川の中にたらすんでしょ。
その方が危険では?
ということで

7 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:36:07
い世隼廚い泙后
常流と射流で流速分布は変化するため、
表面で最大となるとは、言いきれない。
表面で最大になるのは、射流の場合ですかね。

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:37:04
4.詳しく言うと、開水路断面中心で鉛直方向の流速分布は表面・中より表面側・河床で2番1番3番で流速が早い。だから表面で最大ではないです。

9 名前:にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:37:33
5にしました。せんだん力ではなく摩擦力だと思ったので。。。

10 名前:mack 投稿日: 2006/10/09(月) 22:44:45
い砲靴泙靴拭
表面は空気抵抗が働くので、表面より少し下が流速最大では。

11 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 22:54:40
イメージしてみて「表面で最大」がとても引っかかったのでい砲靴泙靴

>>9
摩擦力とせん断力は同じです

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:57
3だと思います。
HQ式
Q=a(H+b)**2

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:20:16
>>12増水時と減水時では同じ水位でも流量は変わるよ

だからい砲靴

14 名前:はちべー 投稿日: 2006/10/09(月) 23:27:06
漏れも

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:59:51
「河床勾配の小さな河川では、洪水時に同じ水位であっても
 増水時と減水時で流量が異なる場合があります。
 このため、..略」
<国土交通省における水文データ等の観測>
ttp://www1.river.go.jp/workbook.html

と、「河床勾配の小さな河川では、」という限定がついているが、
そういった限定のない△癲∪気靴い箸聾世だ擇譴覆い里任蓮。。

16 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:29:50
開水路の流速は層流の場合は放物線、乱流の場合は対数曲線になることが理論的に導かれている。
水路の底からy 軸を上向きに取り、流速をvで表す。
層流の場合は
v = A・y^2 + B・y + C
乱流の場合は
v = D・loge(y)+ E
したがって、「(4) 一般に河川の鉛直方向の流速分布は,
河床から少し離れると急に増し,
水面に近づくにつれて大きくなって,表面で最大となる。」
=○?

17 名前:fci 投稿日: 2006/10/10(火) 12:17:07
確実にい任后この問題は見たことがあります。空気抵抗があるので表面では最大ではなく,表面の少し下あたりが最大となります。

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 12:21:25
単純に8割り水深と考えたらダメなの?

19 名前:コンクリ屋 投稿日: 2006/10/10(火) 12:49:48
微妙ですが、おそらくい任后
でも実務的には水面をVmaxとしますよね。
水深の0.05〜0.25倍の距離だけ自由水面より下がVmaxになるようです。
(丸善、開水路の水理学p23)

20 名前:バッツ 投稿日: 2006/10/10(火) 13:09:03
計算上では4は正しいような。
2にしてしまった・・・。

21 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 13:39:38
もうかなり昔の話だが
水理の最初の授業で表面張力の影響があるので、
表面より少し下が流速が早くなると習ったと思う。

22 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:05:02
い正解

23 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/10(火) 19:08:24
ループ曲線を描くのは基本ですね.
ttp://www.skr.mlit.go.jp/kasen/mizu/yougo/sect07.htm
バックの影響がない場合,
同じ水位でも増水時は流速は速く,
減水時は下流の水が吐けないと流れないので遅くなります.

鉛直流速分布は教科書でよく見ますよね.
ttp://www.hkd.mlit.go.jp/topics/gijyutu/pdf_files_h17/03gijutu/gt-51.pdf#search='%E6%B2%B3%E5%B7%9D%20%E9%89%9B%E7%9B%B4%E6%B5%81%E9%80%9F%E5%88%86%E5%B8%83'
遠慮なくい世隼廚い泙后

24 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:13:10
4 だと思います 浮子の長さも 水深を考慮し 水面から少ししたを
とらえられるように していると思います

25 名前:ブラックバス 投稿日: 2006/10/14(土) 07:11:44
学生時代の専攻が水文学でしたが、流速は表面が最大ではないと
教授が云っていたと思いました・・・。
故に、い飽貮次!!

戻る


16 4-16 (Res:43)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 22:00:05
4-16 河川の計画,管理に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) 一級河川の計画において対象とする降雨量の超過確率年は,100年以上と定められている。
(2) ダムや遊水地で洪水調節した後,下流河道に流下してくる洪水のピーク流量を,計画高水流量と呼ぶ。
(3) 計画高水位はできるだけ高く設定することが望ましい。
(4) 河川法上の河川は,一級河川,二級河川,普通河川の3種類である。
(5) 橋の柳下高は,計画高水位以上とし,流木などの多い河川については適宜桁下高を増加させる必要がある。

2 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:17:43
2でしょう。

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:08
2だと思います。

4 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:47
5じゃない?

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:28:38
桁下は計画高水位+0.60以上じゃなかった?
2にしました。

6 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:38:15
2にしました。5と迷いましたが。

7 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:44:35
2.にした。
5は余裕高の記述も必要と思ったから

8 名前:投稿日: 2006/10/09(月) 23:01:04
△杷困鵑粘靄楾眇紊蛤同して、イ砲靴討靴泙い泙靴拭
計画高水流量は、洪水調整後高水量ですね。

9 名前: てっとく 投稿日: 2006/10/09(月) 23:02:05
5?
桁下高が、余裕高のことと思ったのですが?
計画高水は、計画雨量時のピーク流量では?
洪水とだけ書いてあるので、言葉足らずのような。

10 名前: ハワイアン 投稿日: 2006/10/09(月) 23:36:43

「橋の柳下高は,計画高水位+余裕高以上とし、・・・・」
が正しい表現ですね。

11 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:54:08
手元の資料では
「基本高水流量とは洪水調節時、人工的な操作の加わらない洪水の
最大流量」とあるので△楼磴Δ隼廚Α
基本高水流量をダム、河川、放水路、遊水地等に分配してることになる

でおれはイ砲靴拭

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:59:59
基本高水流量−洪水調節流量=計画高水流量
なので△セイカイ

13 名前: むすこ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:04:45
△世隼廚い泙后
www.thr.mlit.go.jp/yamagata/river/enc/words/02ka/ka-011.html
にて、△正しいと思います。

14 名前: au 投稿日: 2006/10/10(火) 00:38:18
△鉢グ奮阿牢岼磴ぁ
△蝋真緜汗瓩靴覆げ論遒両豺腓篳幻世離縫絅▲鵐后焚捨河道に流下してくる洪水のピーク?)が引っかかり私はイ砲靴泙靴拭

15 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:38:56
,砲靴舛磴辰拭
△蝋真絅圈璽流量ってのがひっかかって。
イ老弉莵眇絨粍幣紊辰討錣韻犬磴覆いら選ばんかった。

16 名前: 020 投稿日: 2006/10/10(火) 12:24:13
砂防指定地内の河川を横断する2車線以下の橋梁等の設置基準(案)
(桁下高)
橋梁の桁下高は計画護岸高(計画高水位に河川としての余裕高を加えたもの)に流木の流出等を
考慮した余裕高を加算した高さ以上とする。

17 名前: 020 投稿日: 2006/10/10(火) 12:28:18
河道の計画の基準となる流出量を計画高水流量といい、
「たかみず」という。これは河道計画を定めるため、
計画している形で河川管理施設や流域が整備されているという
形でのシミュレーションでの流出計算である。

18 名前: バッツ 投稿日: 2006/10/10(火) 13:12:23
この前、桁下の設計には余裕高を入れてなかったので5にしてしまった・・・。
確かに余裕高ないとやばそうな。

19 名前: 来年がんばる 投稿日: 2006/10/10(火) 17:23:42
河川砂防技術基準みたら、△正解ですね。

20 名前: 020 投稿日: 2006/10/10(火) 18:36:19
洪水のピーク流量≠シミュレーションでの流出計算では・・・
計画高水流量を洪水のピーク流量を割り振った結果では・・・

21 名前: 伏龍 投稿日: 2006/10/10(火) 19:17:08
基本高水流量−洪水調節流量=計画高水流量
これが基本.
ダムとかで洪水調整した残りの洪水流量に対して,河道計画(河道断面の設定)をする.
その対象流量が計画高水流量.
△正しい.

イ郎祝匹力辰したいのだと思う.
計画高水位+余裕高分の河道断面ですが,
砂防区間では,さらに適宜(50cmとか)判断した値を見込んで橋梁桁下を設定する.
『流木などの多い河川』というフレーズは砂防のことを意味していると思います.
いずれにしろ,河川の計画・管理を行う前提で,
計画高水位以上の橋梁桁下では危険.
潜橋でもない限り,余裕高をプラスせずに桁下高は設定しない.
計画高水位+余裕高以上の桁下高が基本.
それで,砂防の場合は,さらに砂防の余裕高を考慮します.

22 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:14:54
2 基本高水と計画高水との違いを問う問題だと思ったよ

23 名前: ぼっくす 投稿日: 2006/10/10(火) 21:11:47
△蓮崢恐甞領年のデザイン降雨を入力した時の流出シミュレーション
等の結果」の説明が抜けているので不明瞭な気がします。
イ砲靴泙靴拭

24 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:08:18
2が正しいのでは。5は余裕高がないです。でも後半の話が余裕高の話とすると流木の為だけに余裕をとるのではないですね。流木なら余裕の他に径間長も係わってきますね。

25 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 05:58:06
5しかないでしょ?

河川構造令的な表現ですね。

26 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 09:17:40
2は、問題頭に“基本高水は”と書いてあれば○と思いますが、
文章を読むと、調節後下流河道に流下したすべての洪水のピーク
流量が計画高水流量になってしまうように読めます。

消去法で5にしました。

27 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/11(水) 12:43:30
問題文は,「河川の計画・管理に関する・・・」と書いてある.
基本高水と書いたら,あまりにも簡単な問題になりすぎる.
だから,(基本高水を)洪水調節後の・・・という記述にしてある.
要は,「基本高水を洪水調節したものが計画高水」という知識を問うている.

河川の計画に関する問題で,すべての洪水ピーク流量を考えるか?
Noでしょう.計画対象は前提のはずです.
△論睫世不明瞭とか読めてしまうとか言葉足らずはさておき,大筋間違いないものの,
イ鰐世蕕に,余裕高の話が抜けている.これは大問題でより明確な間違いですよ.

28 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:25:42
とある水系の「河川整備基本方針」では・・・
基本高水のピーク流量は近年当該流域において最も被害の大きかった
昭和56年の洪水等を踏まえ50年に1回程度の確率で発生する規模とし基
準地点である伊里前橋において200m/sとする。
このうち上流に建設される洪水調節施設により50m/sを調節して
河道への配分流量を150m/sとする。
と書いてありますが・・・

29 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:34:54
「計画高水位に河川としての余裕高を加えたもの」≠「計画高水位以上」?
「調節した後,下流河道に流下してくる洪水のピーク流量」≠「調節した
 河道への配分流量」?
この問題は、言葉の裏をどれだけ読めるかという問題?

30 名前:官ベ 投稿日: 2006/10/11(水) 22:57:21
計画高水位以上と書いてあるので、余裕高を考慮しても計画高水位以上となり問題文が誤りとは感じませんでした。
厳密に言えば余裕高の話は必要ですが。
それよりも、流木の多い河川には何か定義があるのでしょうか?
橋梁を設計する上でこの河川は流木多いから桁下高○○mにします。
って話があるのでしょうか?
流木の量と桁下高の関係が存在するのであれば別ですが・・・。
洪水調節前の流量を基本高水流量であるならば、調節後は計画高水流量ではないでしょうか。
それで ◆,砲靴泙靴拭

31 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/11(水) 23:05:30
必要な余裕高を取らなくても計画高水位以上ですが,そんな高さで桁下高を設定しません.
通常,(計画高水位+余裕高)以上のはずですよ.
流木の多い河川の定義については,砂防指定区間が該当するかと思います.
砂防指定がされていない河川区間では,(計画高水位+余裕高)以上.
砂防指定区間中の河川区間では,(計画高水位+余裕高以上+砂防の余裕高)以上

32 名前:官ベ 投稿日: 2006/10/11(水) 23:22:13
桁下高=計画高水位+余裕高については、同意見です。
ただ、流木の量を橋梁設計時にどのようにして情報を得るのかと考えて
みましたところ、洪水が発生してしてみないと情報がないのでは。
といううことで、桁下高は流木の量で決められないと判断したんです。
問題文は、桁下高の決定に流木の量が必要ですか?と聞かれてるのかなと思いましてね。

33 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:29:02
2も5のどちらが正しいとは言えないですよね。
私は2にしましたが自信がありません。
以前から1次試験は、明らかな回答以外の項目は?の点が多かったですが、
今回、自分が選択した中ではこの問題と4-30、4-35(こちらは明らか出題ミス)
だけは納得がいきません。
明らかな回答を一つに絞れない問題は試験としていかがなものでしょう?

34 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/13(金) 09:06:30
流木などの多い河川 ⇒ 砂防河川を意味している.
通常河川の橋梁桁下高 ⇒ 河川構造令より,(計画高水位+余裕高)以上.
計画高水位以上では不足です.
砂防指定区間内の河川における橋梁桁下高 ⇒ 前述の河川構造令により決まる高さに
砂防の余裕高(流木等への対処)として0.5mを考慮します.
よって,イ呂△蠅┐覆い任靴腓Α
ちなみに,△任垢,
中小河川では簡易的に合理式を用いる事が多いです.
ですから,ピーク流量のみを算定していることになります.
この流量をダム,遊水池などの洪水調節施設に配分し,残りを河道処理ですので,
特段,間違っている文章ではないと思われます.
この問題で明らかな回答を1つに絞れないことはないと思いますが?
過去出題ミスが2〜3年連続しましたが,
今年について,皆さんが騒いでいるほど出題ミスはないと感じます.

35 名前:埼玉42歳 投稿日: 2006/10/13(金) 12:26:59
.pejp.net/pe/ichiji/old/A_sen_kensetu_h16.htmに答えがありますよ
答えは,△任后
私はイ氾えてしまいました。

36 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 21:51:42
どうして,蓮間違いですか?
教えてください。

37 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/13(金) 23:05:06
規模的には100年確率以上が望ましい1級河川ですが,
実際に,100年以上としている1級河川はそこまで多くありません.
コストや早期効用の面で,直轄河川でも50年とか80年に設定している河川が良くあります.
1級河川といえども,そのほとんどは都道府県が管理しています.
財政難の地方には,すべての1級河川を100年確率で整備するような財政的スタミナはありません.

38 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/14(土) 00:12:43
ありがとうございます。
オーム社の技術士一次試験によれば、100年以上と見受けられる記述があるのですが、
伏龍さんの言われることも良くわかりますが、
今、計画し、事業をすることについて、聞いているということは、ないのでしょうか?
4−24の問題でも他の問題でも、今から、計画する事を問うているところは、数多くあります。
4−24なんて、幅員など過去施工し、教養しているものは、全然、今の構造令に沿うていないんです。
伏龍さんが言われたことは、友達も言っていたんですが・・・・・。

39 名前:おもしろい 投稿日: 2006/10/14(土) 00:28:32
この問題に関して、様々な意見があり面白く読んでいました。この問題に対して解答が一つに絞れないという意見もありましたが、私は伏龍さんの意見に全面的に賛成です。私もその考えと同様の理由で△砲靴泙靴拭数年前の問題で、△痢峽弉莵眇緡量」を「基本高水流量」と書いた問題があり「正しいものを選べ」でその問題が正解でした。今回をその知識を逆に単語を変え誤ったものにしただけのように受け取りました。過去問の勉強が役立ちました。

40 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 23:49:32
5は間違えですよ。
橋桁は計画高水位+○Mと定義されてます。
これは昨年業務で事務所から指摘されましたから。
よって、答えは2しかないです。
1は降雨量じゃなく流量ですし。

41 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/15(日) 00:11:14
みーたんさん,そうですねぇ.
国が直轄で管理している大河川が1級河川というイメージがどうしてもあると思いますが,
その1級河川を本川とする1級水系において,
準用河川と普通河川を除く河川はすべて1級河川です(厳密には違いますが).
つまり,大河川の1級河川本川に流入する支川も1級河川なのですが,
場合によっては,2級河川よりも規模が小さく,
その治水重要度も低い1級河川が多くあります.
河川砂防技術基準にも記載があったかと思いますが,
治水の重要度で計画対象とする確率も変わります.
1級河川といえども,本川ではない小規模な支川クラスになると,
すべて100年確率での整備は必要なく,
下手すると10年とか3年(当面の暫定計画ですが)というものもあるのが事実です.
今後,計画・事業するうえでも,1級や2級によらず,
その河川の重要度(氾濫面積や氾濫区域内人口,氾濫区域内資産など)によって,
計画規模が決定します.

42 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 20:42:28
ll

43 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 20:51:02
(2)が正解でしたね。でも(5)は明らかに間違いじゃないですか。計画高水位
以上だったら、高水位でも桁下がOKの場合がありうるんですか?
まずもって堤防高が、高水位プラス余裕高なのだから、桁下はそれ以上になると
常識的におもうのですが。

戻る


17 4-17 (Res:10)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:59:51
4−17 河川・ダムに関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 女川が本川に合流する付近の安川処理方式には,バック堤方式,セミバック堤方式,自己流堤方式がある。
(2) 一般に調節池では,下流河退部の洪水流下能力以上の部分の流量を調節するのが望ましい。
(3) 放水路が河川トンネルである場合は,原則として圧カトンネルとしてはならない。ただし,地形の状況等により特にやむをえないと認められ,かつ,トンネル本体の構造および流木等流下物

対策など特別の措置が講ぜられる場合はこの限りではない。
(4) フィルダムでは,万が一洪水が堤体を越流した場合の危険性を考慮して,コンクリートダムの場合のダム設計洪水流量の1.2倍の流量をダム設計洪水流量とする。
(5) ダムにおける制限水位方式とは,極力管理が容易な洪水調節計画とするため,年間を通して一定の洪水調節容量を確保しておく方式のことである。

2 名前:MASAMI 投稿日: 2006/10/09(月) 22:32:56
3にしました。理由は・・・
洪水時に満水になる。
内水圧を考慮した設計をしてる。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:34:39
△箸靴泙靴拭
下流より大きな流量を蓄えても
意味がないと思いました。

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:39:02
5にしたんでけど
理由は書いてることがわざとっぽいから

5 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:45:59
制限水位方式とは、洪水期に水位を下げて必要な洪水調節容量を確保すること。
年間を通じて一定の洪水調節容量を確保するのは、オールサーチャージ方式。
したがって、5が×。

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:51:47
洪水期に下げた水位を夏期制限水位というのではないでしょうか。従って、間違いは5

7 名前:atu 投稿日: 2006/10/09(月) 23:18:48
イ任蓮多目的ダムでは制限水位は一定じゃありません!
非出水期は利水で活用しますので・・・
だからイ世隼廚い泙后

8 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/10(火) 19:33:05
ヾ靄棔H9問題と同一.正しい.
OCR処理の問題?下流河退部? 問題文を想定すると,ネック断面の不足流量分を
調整池などで洪水調節するとネック断面は治水安全確保できるという話なら問題なく正しい.
砂防技術基準でも極力圧力トンネルとしないことと記述あり.
やむをえない場合は安定計算等行えばよいとのこと.サイフォンなどあることはある.正しいと思う.
い茲出る.H9問題と同義.正しい.
ttp://www.skr.mlit.go.jp/kasen/damu/iinkai/houkoku.pdfにもあるとおり.
制限水位方式は年間一定の洪水調節容量ではない.間違い【正解】

9 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:16:02
5 やはり 洪水期 非洪水期 分けますものね

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 23:50:59
これは5ですね。
サーチャージ水位がないダムだと非洪水期には治水容量がないはずですから

戻る


18 4-18 (Res:17)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:59:31
4−18 砂防工事に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 砂防ダムの堤体の設計においては重力ダムと同様に力学的安定条件を考慮し,のり勾配は下流のりが緩やかで上流のりを急にする。
(2) 砂防ダムの水通しはできる限り広くし,越流水深を小さくする方がよい。
(3) 波路工を施工する時期は,上流の砂防工事が進捗して堆積の傾向からむしろ洗掘の傾向か下流において現れたときである。
(4) 砂礫堆積地に一定の波路がある場合には,波路工の回遊断面は掘込み河道(築堤のない河道)とする方がよい。
(5) 床固め工の天端高は,洪水時の最も大きい土砂濃度で形成される動的平衡勾配を考慮して計画する。

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:14:21
‐緡と下流が逆かな

3 名前:KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:18:02
,任垢諭砂防やっているので間違いない!

4 名前:akira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:39:57
〆祝疋瀬爐惑慳未謀收个鮹める構造となっているはず。

5 名前:hisoka 投稿日: 2006/10/09(月) 23:21:23
,世隼廚い泙后N漏愿安定条件を考慮すると下流側を緩くした方が
 有利なのですが、砂防ダムの場合は、土砂により本体が磨耗しないよう
 下流側を急にするので。

6 名前:nao 投稿日: 2006/10/09(月) 23:29:30
実際に設計しました。,任后

7 名前:BEN 投稿日: 2006/10/10(火) 12:59:31
あくまで素直に力学的安定条件を考慮すると,論飢鬚任蓮
自分は砂防の設計は経験有りませんが、以前は摩耗等を考慮し
て前面勾配を1:0.2とか1:0.3にしていたみたいですが、現在で
は下流側に高強度コンクリートを用いて下流側を緩くすると聞
きました...。

8 名前:ギリギリなので 投稿日: 2006/10/10(火) 14:58:19
ん〜,任垢茲諭4岼磴┐泙靴拭
最近は、下流が緩い砂防ダムの設計もしてますが・・・。
ちなみに、『土石流対策指針(案)建設省砂防砂防課(H12.7)』では、
「砂防ダムの下流のり面は、越流土砂による損傷を極力受けないようにする。
 砂防ダムの越流部における下流のり面は一般に1:0.2とする。
 なお、粒径が細かく、中小出水においても土砂の流出が少ない流域面積の
 小さい渓流では、これより緩くすることができる。
  中略
 ただし、1:1.0を上限とする。」

9 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:30:36
ぼくも,任后

10 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/10(火) 19:45:57
砂防屋ではありませんが,
hisokaさんの言うとおり.
基本は,安定計算による構造ではありません.
実験を繰り返した結果,土砂(転石・巨石や流木)の落下曲線に当たらないよう考慮した結果,
下流側法面は1:0.2が標準となっていたと思います.
ただし,近年のコスト縮減手法の一つとして,
下流法勾配を緩く,上流法勾配を急にして
堤体積の縮小を図っている事例が見られるものの
砂防ダム設計基準では,下流法勾配の方が急です.よって,,と思います.

11 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:17:17
1 伏龍さん のとおりで

12 名前:noburin 投稿日: 2006/10/11(水) 13:57:29
N路工を洗掘時期に施工するのはおかしい斗思いませんか?

13 名前:伏龍 投稿日: 2006/10/11(水) 20:47:51
上流側の工区が洗掘時期を迎えたのであれば,
その土砂を下流側で流路を固定してやる必要が出てくるのでは?
川底や川岸が削られるのを防ぎ,
上流での侵食土砂を溜め,河床勾配を緩くし,
安全な流れを保つことで洪水氾濫を防ぐ役割を
流路工が担っているのではなかったですかねぇ.

14 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:10:08
12)>
実際に工事する時期と考えればはおかしいですね。
正しくは「計画」なのでしょうね。
でも1.が明らかにおかしいですもん。

15 名前:ちょっとかじりました 投稿日: 2006/10/13(金) 22:37:28
noburin さんへですよ。昔、砂防ダム関係の設計の仕事していました。
上流の砂防ダムが完成後に、最終的に流路工を施工するものです。
「先掘の傾向」が、下流で出るのはおかしいですよね〜

16 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 14:59:17
ダム計画が50%以上完成してからです。

土砂流出の多い河川では、土砂流出により下流の河積不足を招く、
ダム計画により下流に土砂が供給されなくなり、河床低下に転じる。

橋脚の足が浮く〜床止工計画と一連で考えられます。

17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 22:57:31
おれもにした。
堆積と洗掘が逆なんだよ!

戻る


19 4-19 (Res:20)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:59:18
4−19 海岸に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 海岸保全施設の設計に使用する有義波高は,波の観測記旅中波高の大きいものから順番に金波数の1/3だけを取り出して,それらの波高を平均して求める。
(2) 潮汐は天文潮ともいい,台風が原因の高潮などの気象漸々海底地震で生ずる津波などの異常潮と区別される。
(3) 海岸堤防や防波堤などの壁面に作用する波圧として,砕波と重複波によるものがある。このうち,砕波の波圧は波高から算定可能である。
(4) 突堤は主として沿岸漂砂が卓越する海岸において,海岸から細長く突出して設けられるものであり,沿岸漂砂を制御し,汀線の維持や前進を図るための構造物である。
(5) 離岸堤は汀線から離れた沖側に,汀線にほぼ平行に設置される構造物であり,消波効果を目的とするものや離岸堤背後への堆砂効果を目的とするものがある。

2 名前:KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:09:15
3ですかね?波高ではなく有義波高から算定なので。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:39:53
上に同じ

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:41:45
でしょう。消去法でこれしかないと思います。

5 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 18:31:03
5の「離岸堤背後への堆砂効果」の背後ひっかかたのですが。
背後とはすぐ後ろの事で、養浜の事でないような・・・

6 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:07:48
ぼくもやと思う。

7 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 19:49:14
3

8 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:18:57
3 砕波の波圧を計算で出す というのは たぶん 無理だろうと思いますが

9 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 20:35:26
について…防波堤,堤防の天端高が既知であると仮定して
砕波圧を出す場合…潮位,堤下端水深,波高が必要
重複波圧の場合…潮位,堤下端水深,波高,周期が必要

この問題からだと天端高,堤下端水深は既知なのかどうかすら分からない
既知であると仮定するならは正しい

10 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 01:28:59
3、の砕波の波圧は波高から算定可能である。と書いてあれば、有義波高と書いてなくても、といあえず妥協できるね。ところで2、の潮汐は天文潮ともいい、というには、あってるの?調べてもよくわからなかった。だれか教えてくださいませんか?

11 名前:EE 投稿日: 2006/10/11(水) 10:11:50
月や太陽の引力で生じる天文潮と津波や高潮は全く別の現象である。計画潮位はこれらをすべて考慮して決定する。
昔、砕波に適用された波圧公式では波高と海水の比重から算出したが、現在、一般的に利用されているものは有義波高以外に波長、
水深、その他を利用する。正解は(3)のように思う。

12 名前:KKR 投稿日: 2006/10/11(水) 13:39:54
(1) 海岸保全施設の設計に使用する有義波高は,....とありますが,そもそも設計の際に観測波の有義波高を用いることが
あるのでしょうか?設計では50年確率波等の確率波が使われるとおもうのですが?

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:27:46
(3)の「このうち〜は」の表現は一方を否定している表現とする考え方はないですか?

素人考えながら波高て一定じゃないから、有義波高じゃないと、定めようが無いと思うのですが、
港湾では波高=有義波高と考えるのが一般的とかないのかな?

14 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 00:30:49
一般的に波高といえば有義波高を指す事が多いのでその点は対して重要でないと思います
波圧の作用高が分かっていれば砕波の波圧は波高から算定可能です
しかし重複波の波圧算定になると波高だけでなく進行波波長が必要です。
波長算定には波の周期が分からないと算定できません。

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 09:45:27
なんか色々な意見があってどれもがいいか悪いかしか議論されていないけど、他の選択肢で正解っぽいのがあるの?ないならもうで間違いないっしょ?

16 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 21:22:17


17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:09:35
異常潮は、津波、高潮のように直接的な発生原因がはっきりしている現象を「除いた」潮位の異常をいいます。


18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 00:19:56
それは狭義の意味の異常潮で確かにそれもあるのですが
広義の意味での異常潮は「天文潮以外」なので△論気靴ぁ
教科書で調べましたから間違いないと思います。

19 名前:だめパパ 投稿日: 2006/10/13(金) 21:42:05
「台風が原因の高潮などの」ってあるけど、高潮の要因は低気圧では・・・だから◆

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 22:03:17
>19
そこは、論点が違うと思うけど・・・

戻る


20 4-20 (Res:38)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:59:07
4-20 空港計画に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) ターミナル区域でローディングバースの数が不足すると,航空機の遅延を生じ,ピーク時の空港能力を低下させる。
(2) 滑走路の縦断勾配は,滑走路の途中で変化させてはならない。
(3) 滑走路の方向を空港候補地の恒風方向に定め,低いウィンドカバレッジを保つことが空港利用上非常に重要である。
(4) 滑走路の末端に接続し,航空機が加速停止を行うときに走行するストップウェイは,滑走路より強度の高い舗装とする必要がある。
(5) 気温が高くなるにつれて,また標高が海面上高くなるにつれて,離陸距離は短くなり,離陸直後の上昇性能が向上する。

2
名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:20:55
,な。

△話緡β咾療級数で決められてます。
はウィンドカバレッジは高くするはず
あ悩みましたが・・・
ド弦發高いと離陸距離は短くなります(300m上昇で7%長くする)

3 名前: KL 投稿日: 2006/10/09(月) 22:25:09
300m上昇で7%長くするのは滑走路
逆に言うと離陸距離も短くなるので

4 名前: バース? 投稿日: 2006/10/09(月) 22:27:54
,世隼廚Δ韻鼻▲弌璽垢辰討いΔ里な?エプロンじゃない。

5 名前: go 投稿日: 2006/10/09(月) 22:31:02
△砲靴泙靴拭
A〜Iの滑走路ごとに最大勾配は決められていますが、
「滑走路の途中で」ってところが気になるんです。

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:33:10
2にしました
1が正解なら2本目の滑走路を必死になって作ってるあれは何?

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:39:42
△砲靴泙靴拭縦断を変化させる
のは危険と判断しました。

8 名前: akira 投稿日: 2006/10/09(月) 22:42:00
飛行機の離着陸で飛行機が跳ねるようなことはしないはず。

9 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:49:53
「滑走路の縦断勾配」で調べたら△OKみたいですよ

10 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:52
どうやら,辰櫃い韻鼻"ローディングバース"って正式な用語なの?
ぐぐっても出てこないんだけど。

△麓尊櫃龍港で勾配変化のあるものもあるらしいので
「変化させてはならない」という記述は間違い?

正解なし、ってことにならないかなぁ。

11 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:55:40
たしか勾配はあっても勾配の変化はあってはならないような。。。
というわけで2.

12 名前: はるお 投稿日: 2006/10/09(月) 22:59:24
,砲靴泙靴拭

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:19:17
問題が悪い

14 名前: はちべー 投稿日: 2006/10/09(月) 23:21:58
.弌璽垢エプロンのことなら、羽田なんて離れたところからバス出してるよね。
⇔ッ緡Δ里箸滑走中にウェ!ってなったこと無いから△世隼廚い泙后

15 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 23:34:25
くそう。縦断勾配は変化するようです。。。
滑走路長 (m)    縦断勾配(%)    勾配変化量 (%)
1,500以上      1.0以下       1.5以下
900以上1,500未満   1.0以下       1.5以下
900未満        1.5以下       2.0以下

16 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:51:09
>14
道路設計でも勾配の変化点には縦断曲線を設けるから飛行機といえど縦断曲線が
充分に大きければ勾配変化は体感できないと思う
そういう私はわからないので4にしましたが、、、

17 名前: T-Yo 投稿日: 2006/10/09(月) 23:51:35
松山空港の北東側(海側)は、明らかに路面が高くなっていたので、△蓮。
ローディングバースて聞いたことない、,回答だと思います。

18 名前: T-Yo 投稿日: 2006/10/09(月) 23:51:51
松山空港の北西側(海側)は、明らかに路面が高くなっていたので、△蓮。
ローディングバースて聞いたことない、,回答だと思います。

19 名前:T-Yo 投稿日: 2006/10/10(火) 01:14:55
すみません、上記17は誤記で、18共々オチが勘違いです m(v)m 
,鉢△鷲埓飢鬚,小生はい砲靴泙靴拭

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 07:24:08
ローディングバースは給油等を行う所。
縦断勾配は変化しています。
(オーバーレイですが縦断計画した事あります。)

21 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:49:54
まじで!!! △砲靴討發Δ拭

22 名前:お願いします! 投稿日: 2006/10/10(火) 20:56:30
,任垢?

23 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:05:49
,任靴隋
い牢岼磴ぁストップウエイは全備荷重がかからないので、
A舗装より舗装厚が薄くなるはず。
でもバースって言わない気がするけど・・・。

24 名前:中日大好き 投稿日: 2006/10/10(火) 23:36:14
第1種空港の中部国際空港は縦断勾配は変化しています。ほんの少ししか勾配は変化していないため
飛行機に乗っていても分からないけど・・・よって,世隼廚Αただ空港関係の仕事をしていますが、ローディングバースなんて言わないです。
僕の勉強不足かなあ。

25 名前:EE 投稿日: 2006/10/11(水) 11:02:20
正解は(1)でしょう。
ローディングバースとは旅客を乗降させるための駐機場所、一般的にはローディングブリッジがついたエプロンのことではないですか。これが不足すればローディングバース待ちをする航空機が現れ、結局
滑走路の能力一杯に航空機を離着陸させている空港では明らかに能力が落ちるのでは。

26 名前:飛行機好き 投稿日: 2006/10/12(木) 00:11:15
空港ターミナルビルにあるのは「ボーディングブリッジ」です。ローディングバースという名称は空港では聞いたことないです。

27 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 09:54:23
緩速部はコンクリート舗装になるんじゃないんですか?
圧縮強度とかではなく、密かどうかとかで・・・。
普通の滑走路よりも舗装表面に負荷がかかるし・・・。
ブレーキガンガンかける箇所が他と同じ舗装じゃ、ワダチとか出来まくると思ったのですが。
調べると、ストップウェイは耐えうる強度が必要とは書いてあったのですが。
主語がないからよくわからないのです。
>24さん、ストップウエイって舗装違ってないですか?

28 名前:JAL 投稿日: 2006/10/12(木) 11:28:20
航空実用辞典(JAL)より引用 
航空機を駐機させるため,その目的によって,旅客乗降用,貨物積み卸し用,夜間駐機用,整備用とそれぞれ場所を指定されている。
 旅客乗降用エプロン(loading apron)は空港ターミナルビルと航空機を接続する場所をいい,両者を連結する旅客搭乗橋をボーディング・ブリッジ(boarding bridge)という。
 エプロンと同義語でランプ(駐機地域:(loading)ramp)も使われる。元来,ランプとは航空機の発走やミサイルの発進に使われる助走台,あるいは水上機や飛行艇を水上から陸上へ引き揚げるときの傾斜面を意味していた。
 エプロンのなかの特定の駐機地点をバース((loading)berth),さらに指定された駐機位置をスポット(spot),ベイ(bay),スタンド(stand)ということもある。これらはかなりあいまいに混用されている。

 ,任呂覆い隼廚い泙垢?

29 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 12:49:34
駐機地点をバース((loading)berth)と書いてるので、
,正しいのですね。

30 名前:JAL 投稿日: 2006/10/12(木) 12:54:53
エプロンの中の特定の駐機地点のことをさしているので、これがピーク時の空港能力を低下させるには至らないと思い、,任呂覆い隼廚辰討い泙后

31 名前:JAL 投稿日: 2006/10/12(木) 12:55:52
ちなみに私はい箸靴泙靴拭

32 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 18:42:56
「特定の駐機地点」は車で言えば駐車枠ですよね。
満車と同じ意味だと思われます。

33 名前:JAL 投稿日: 2006/10/12(木) 18:57:59
私は空港は専門外なのですが、エプロン=バースなのでしょうか?ならば、なぜ一般的に知られているローディングエプロンとしなかったのでしょうか?
い正解なのかどうか判断がつかないため、,正解なのは納得がいかないのです。い寮妓蹐鬚匹覆燭お教えください。

34 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 19:58:44
ローディングエプロンは駐機場・ローディングバースは駐機枠と考えた場合
、駐機場が不足するとなると意味が違ってきます。

空港の舗装設計では滑走路を1として設計して、誘導路などはそれを低減します。
よって1より大きくなる事はなかったと思います。
(指針が手元にないのでごめんなさい)

35 名前:JAL 投稿日: 2006/10/12(木) 20:03:08
私も手元に文献がないのですが、高速で走行する滑走路よりも低速・停止する滑走路の舗装強度を大きくすると理解していたものですから・・・

36 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 20:43:13
確かに滑走路端部がA舗装区域(1)で中央部がB舗装区域(0.9)ですけど、
同じ滑走路だから1以上になりえないと考えてましたが、ストップウェイが
滑走路端部の事ならそうなりますね。オーバーラン(CかD舗装)の事と考えていました。

37 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 23:22:52
道路会社で働いているものですが・・・
空港舗装についてはあまり詳しくないのですが、基本的に滑走路はアスファルト舗装ですよね?
この場合、設計加重と走行回数で舗装厚が決まってくると思います。
ですので、基本的には滑走路とストップウェイは舗装構成は同じだと考えるのが自然です。
それと、アスファルト舗装の場合では、強度の高い舗装という表現はほとんどしません。
これが、「耐久性が高い」「耐流動性が高い」といった表現であればわかりますが・・・
JALさんの言うように、高速での走行よりも低速・停止する場合の方が実際の条件は厳しいと思いますが・・・
おそらく(4)は誤りだと思います。

38 名前:中日大好き 投稿日: 2006/10/14(土) 21:01:31
空港舗装構造設計要領という本では問題のストップウェイは末端取付誘導路に該当しA舗装区域になります。滑走路端部もA舗装区域と書いてありそうすると、強度は同じということになり、ストップウェイは滑走路より強度の高い舗装とするというい牢岼磴い里茲Δ糞いする。よって個人的に正解は,魘く希望します。

戻る

21 4-21 (Res:37)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:58:57
4-21 港湾施設に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) 防波堤を配置する際には,港口付近に反射波が集中するように設計する。
(2) 防波堤を配置する際の港口は,船舶の出入りに支障をきたさない範囲でその幅を狭くし,最多最強の波向方向となるように設計する。
(3) 底質が細砂で波が大きいところでは,沿岸漂砂は汀線近くに集中するので,短い突堤でも十分である。
(4) 砂浜海岸の浸食防止という観点からは,離岸堤の構造は透過堤より不透過堤のほうがよい。
(5) 傾斜堤は,直立堤に比べ反射波が少なく付近の海面を乱さないが,越波により港内側の斜面が破壊されやすい。

2
名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:46:37
5だと思います。
123は×。不透過型の離岸提って個人的に聞いたことない。
5の記述の前半は間違いない。越波により港内斜面が破壊されやすいから、裏法被覆工があるのだ!

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:47:51
△箸靴泙靴
最多最強の波向方向を避けるためです。

4 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:37
5にしました。2と迷いましたが。

5 名前: 3 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:01
△牢岼磴い任后あの文章が記憶に
鮮明に残ってしまいました。
離岸提は不透過型のほうが
私はよく見ていましたので
い撚鯏しました。あってるかな?

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:22:11
ワレ5二ス

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:40:47
5です。なんかテキストの記憶にありました。

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:09:42
傾斜堤は反射波が少ないですが、漂砂などで埋没する恐れがある。
でその設計に円弧すべりの安定計算がある。どう考えても侵食は港外側で
地すべりと同じく考えると港外側が破壊されるのでは??

ということでイ聾蹐蝓

自分はい砲靴泙靴拭I堝過型の離岸堤はあります。ただ、背後に漂砂が堆積しにくいため、あまり使われないようです。
問題文は侵食防止という観点で、と書いていますので消波効果が高い不透過が用いられるはず。

なので自分はい砲靴泙靴

9 名前: Y子 投稿日: 2006/10/10(火) 00:56:16
4にしました。

最初は5かなと思いました。でも、直立堤に比べれば傾斜堤は港内側が破壊されやすいだろうけれど、傾斜堤の港内側と港外側で比べれば直接波を受ける港外側の方が破壊されやすいのでは?ってことで、5は×なのでは?

10 名前: バッツ 投稿日: 2006/10/10(火) 13:19:43
2か5で迷いましたが、最多最強という言葉が怪しいので、5にしました。
4の不透過にしてしまうのはよくないかと思い・・・。

11 名前: 阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:50:42
たのむからぁ!

12 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:27:26
5 にしました 離岸体も透過の方が 海中の水の流れが外向き
になり 養浜によいとおもったのです

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:23:13
これはイ任靴腓Α試験時は自信満々で、終わって掲示板みたら不安になったけどやっぱ答えはイ世隼廚Δ茵
まずネットで傾斜堤の短所に「越流により堤体内の斜面が破壊されやすい。」「透過により港内側が乱される。」って書いてました。問題文の「越波により港内側の斜面が破壊されやすい。」と直接は書いてないけど、間違いないでしょ。
それとい良堝過堤が浸食防止にいいとは何かの資料でみたことあるけど透過堤も十分浸食防止にはいいわけで「〜より〜の方がいい」とは言い切れないっていうオチかなと。

14 名前: 大阪次郎3 投稿日: 2006/10/11(水) 00:06:49
私はい砲靴泙靴拭

不透過堤の場合帰る波が砂をもって帰りにくくなり
離岸堤の汀線側に砂が堆積しやすくなると思います。

透過型でしたら離岸流がどんどん砂を沖に運んで行けそうですね。

と書いていて、
透過型を有脚式のリーフのことを考えていましたが
テトラポットを積んだものなら流速が遅くなり
養浜には一番いいかなと今思い直しました。

もしかしてかなりの確率でァ

15 名前: EE 投稿日: 2006/10/11(水) 11:52:47
正解は(4)か(5)と思うが・・・難しい。(4)の不透過堤は波を透過させないが、堤間水域での波高を増大させるし、離岸堤内に侵入した水塊による戻り流れを大きくする。その結果、離岸堤間の侵食を促進させる。その結果、海浜をノコギリ状にする傾向があるように思える。
緩傾斜防波堤の場合、港内、港外側のどちらの斜面が破壊するのであろうか?働く波力そのものは港外側の方が大きいように思える。また、港内側が破壊しやすいならば、あらかじめ、大きめのブロックを利用するのでは
わからない・・・。

16 名前: RC 投稿日: 2006/10/11(水) 12:33:02
港外の話には言及されてないんで、『越波により港内側の斜面が破壊されやすい。』ことが確かなら、イ論飢鬚覆里任呂覆い任靴腓Δ?

17 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 23:17:48
(4)は「侵食防止という観点」というのが非常に重要だと思います。
堆積促進となると透過かもしれませんが、侵食防止となると
不透過でしょう。

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 00:23:06
ttp://www.suiri.civil.yamaguchi-u.ac.jp/kaigan/coast3.ppt#269,19,スライド 19

ここによると,傾斜堤の短所として,「堤体を越える波(越波)によって堤体内側の肩や斜面部が破壊されやすい」
「透過する波によって港内部が乱されやすい」と書かれています。
ですので,やっぱりイ正解と考えたい。

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 01:42:46
災害を担当しているが、5で破壊された事例はみたことがない。
傾斜堤のすそに設置する被覆ブロックのトン数は港内側は海側よりも小さくできる。
激浪時には海側の方が破壊されやすい。
4については、海岸侵食を考えれば不透過のほうがトンボロが形成されやすく砂が着きやすい。
また、不透過なため離岸堤を抜けて砂が沿岸に流出しにくくなる。
よって4が正解。

20 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:06:03
4としました

21 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 10:48:26
5にしましたが、4が正解ですね。
河川砂防技術基準(案)で
「離岸堤の形式の選定は、突堤に準ずるものとする。」とあります。
突堤を見ると、不透過堤・透過堤の特徴について説明があります。
透過堤の説明を一部引用すると
「・・・かなりの漂砂が停滞を通過する。そのため、安定した土砂供給があり
海浜を動的に安定させるような場合には有効であるが、土砂の供給が著しく
減少している場合などでは侵食対策として適さない。この場合には透過性を
抑えるなどの対応が必要である。」
とあります。

22 名前:新潟49 投稿日: 2006/10/12(木) 16:22:24
まぎらわしい問題ですが,5が最も正解に近いのではないかと思います。
5は,単に傾斜堤の特徴を述べているという観点から考えれば,記述されて
いること自体は正しいのではないでしょうか。
4は,砂浜海岸の侵食防止を目的とするのが一般的な離岸堤の一つの機能で
あり,これを目的として構造選定(設計)すると,不透過堤よりも透過堤が
選ばれるのではないでしょうか。透過堤が原則だと思います。

23 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 16:24:58
斜板堤って最新離岸堤って呼ばれてて構造をみると透過式だよね。浸食防止に効果が高いと書いてて、よくわからんがなにせ最新式でしょ?だったら透過式の方が浸食防止に優れているんじゃない?不透過がいいか透過がいいかなんて本来すぐわかるもんなのにこれだけ調べてもはっきりのってないし、これだけの人が意見を述べても結論があやふやなのはおかしいと思いませんか?なので自分の意見としてい蓮△修両魴錣砲茲辰討脇過がよかったり不透過がよかったりするので一概にはいえないと思う。>21さんの技術基準(案)をみても「土砂の供給が著しく減少している場合では浸食対策として適さない」と書いているだけでそれ以外は適すわけでしょ?
その点イ蓮⊆分も確認したけど>13さんや>18さんのようにはっきり書かれているわけであって、疑いがないよね。
よってイ正解だと信じます。(全般的に問題文がおかしい。ひねるとこが間違っている)

24 名前:投稿日: 2006/10/13(金) 00:14:36
4だと思います
離岸堤にトンボロがつく理由を考えればよい
なお、>>23で言われている新型離岸堤は有脚式離岸堤といわれるもので、確かに透過式である。
多くの離岸堤は異型ブロックを組み合わせて作られているが、この有脚式離岸堤はブロックを用いない。
そのためブロック散乱しないという点等においてメリットある最新式である。
(実際は10年くらい経っているが)

25 名前:ちさん 投稿日: 2006/10/13(金) 17:51:06
佐藤昭二・合田良實:新版海岸・港湾、p348
「砂浜海岸の浸食防止という観点からいうならば、離岸堤の構造は不透過堤より透過堤のほうがよい。」と書いてあるよ。

26 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 20:33:57
よく読めば、
堤体内の斜面が破壊○
港内側の斜面が破壊×
かな?

でも、堤体内の斜面って何?

27 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 22:14:26
はい>25の意見で正解イ之萃蝓
堤体内と港内側って同じ意味なんじゃない?どっちも海と反対側でしょ?
まっとにかく正解はイ世辰燭箸いΔ海箸如

28 名前:kaniti 投稿日: 2006/10/13(金) 23:16:59
5は傾斜提では無くて緩傾斜提のこと?
トンボロなど直ぐにイメージしたのですが
侵食防止=汀線維持<>汀線前進のようなイメージを持ってしまって5にしてしまった。
正解は4のような気がしてきた。

29 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 23:32:03
正解は
://www.suiri.civil.yamaguchi-u.ac.jp/kaigan/coast3.ppt#19

30 名前:MINATO 投稿日: 2006/10/14(土) 05:17:40
イ砲弔い董◆岷枅函廚函崙過波」は別物であり、「越波」が「透過波」と書かれていればイ論気靴い隼廚い泙后しかし、傾斜提や直立提は設計波から必要天端高を
算定し設計されるものであり、「越波」のみについて、傾斜提・直立提の差はなく、傾斜提の方が港内側の斜面が破壊されやすいということはないのでしょうか。

31 名前:落ちた? 投稿日: 2006/10/14(土) 09:28:19
傾斜堤の越波により港内側斜面が破壊されるのであれば、構造を強化するはず。
一般的に傾斜堤はブロックを用いた構造であるが、ブロックは設計波により重量を算定する。
ブロックは重量以外に厚み等の設計はしない。
港内側ブロック重量を割り増しするようなことはなく、また、被覆石についても港内側の割り増しはない。
よってイ聾蹐蠅隼廚錣譴襦

32 名前:Fさん 投稿日: 2006/10/14(土) 10:21:06
佐藤昭二・合田良實:新版海岸・港湾、p260
「(傾斜堤)堤体を波が越えるとき、この越波によって港内側の斜面が破壊されやすい。」

33 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 16:36:30
この問題も議論がつきませんね〜。
この問題は正しいものを選べですから、他がが間違っているではなくて、自分たちが選んだものが正しい
という引用を探すべきではないですかね?
それをふまえると、やっぱり正解はイな?

34 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 18:05:17
残念ながらい任垢

35 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 18:38:42
>>34
何で?

36 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 20:21:37
もう5にしようよ。それか全員得点。

37 名前:No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 00:59:50
色々と議論?されてきたけど、いイどちらも正解かもしれないが、その中で最も適切なのはどうみてもイ犬磴覆い任垢?
>19の経験上とか、不透過はトンボロが形成されやすいだとか何とか言ってるけどさー>25及び>32とかの文面みたら不透過がいいとは絶対的にいいきれないでしょう。
その点イ蓮現場での状況はさておき(なんか専門の人が文句言いたそうだけど)完璧にあってるんでしょ?だって教科書みたいなのに書いてるんだもん。おまけに>34は理由がわからないし、
誰かの実際の経験上とか憶測とか抜きにして、正解が、イ茲雖い諒が優れている点を証明してよ。できなかったら、い鯀んだ人はご愁傷さまです。イ鬘秡んだ人は、よろこんでください。ってか技術士ってし常時0dd

戻る



22 4-22 (Res:17)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:58:41
4-22 水力発電設備に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 水路トンネルが支川を横断するとき,長大な水路橋や高圧の逆サイホンが必要となる箇所は避ける。
(2) 水路トンネルのルート選定において,断層あるいは破砕帯は可能な限り避けるとともに,湧水に対し配慮する。
(3) 水車が急停止した場合,圧力が非常に上昇するため,導水路(圧力式)にこの圧力が波及しないよう,サージタンクで吸収または軽減する。
(4) 揚水式発電所は,一般水力発電所に比べて河川流量に頼る部分が大であるため,地点選定が制限される。
(5) 選択取水設備には,一定の表層を水位変動に追従して連続的に取水できること,表層取水と底層取水のどちらでも可能であること,などが必要である。

2 名前:フッキー 投稿日: 2006/10/09(月) 22:38:53
河川流量に頼る?


3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:42:34
上に同じ

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:43
い砲靴拭
河川流量に頼るが変だった

5 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:04:30
い砲靴泙靴拭
単純に条件は同じじゃないかなと思いました。

6 名前:atu 投稿日: 2006/10/09(月) 23:27:44
い砲靴泙靴燭・・
揚水は基本的にピーク対応なので、下池から揚水するはず。
「河川流量に頼る」というのはピンときません!

7 名前:たとつ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:09:34
揚水力発電所は、基本的に原子力発電所の機能強化と考えております。

8 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:28:44
4 河川流量にたよらず ためてる水をあげたりさげたり ですよね

9 名前:サクラ咲く? 投稿日: 2006/10/10(火) 20:48:04
答えは5です。
選択取水は表層・底層取水はもちろんですが、中層取水もできる機能を有するものを言います。

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:34:12
「など」とあるので、間違いではないのでは?

11 名前:なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 22:47:22
5、だと思います。問題文の文節として、表層取水と底層取水のどちらでも可能であること、と記述してある以上、中間取水の記述がないのは、誤りではないでしょうか。

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:48:45
5にしました。

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 08:17:08
揚水式発電所
(ようすいしきはつでんしょ)
発電所の上流と下流の2カ所に貯水池(ちょすいち)をつくり、深夜(しんや)、原子力発電所や火力発電所から電気を送ってもらい、下の貯水池の水をくみあげます。そのため、揚水式発電所というのです。昼間になると、こんどはくみあげた水を流して発電します。発電機が夜にはポンプにはやがわりします。

という事で、河川の流量は関係ないので4ではないでしょうか?

14 名前:ゆきべえ 投稿日: 2006/10/11(水) 08:54:16
神奈川県企業庁の「ダム・発電のページ」には、「揚水式発電所特徴は、原子力や大規模火力など電力使用量への対応がしにくいシステムと組み合わせ、河川流量の影響を受けずに、日々の負荷調整をおこなえるということです」との記述があることから、誤り=い世隼廚い泙后
イ亡悗靴討蓮◆嵒汁惻菴紊板豼惻菴紊里匹舛蕕任皺椎宗廚任△襪海箸蓮嵒要」なので正と判断出来ると思います。

15 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:06:42


16 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 07:14:52
選択取水では、中間部は、濁度が表層や底層に比べ、以外と思いますが一番悪いのです。
しかし、あえて、悪い中間層から取水し、洪水直後に出してしまった方が、下流に対して濁水を長期化しないことになるのです。
よって、イ狼述不足か?正解として判断できるのか?むずい。
ちなみに、私はい砲靴拭△△泙蝓⊃爾考えすぎないこと。古畑任三郎じゃーないんだから。

17 名前:サクラ咲く? 投稿日: 2006/10/14(土) 00:10:26
最初に「5」が正解と書き込んだものです。その後、調べてみると「4」が明らかな誤りですね。「5」は記述不足ではありますが、この問題は解答「4」として作成されたものだと思います。

戻る



23 4-23 (Res:32)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:58:29
4-23 電力土木に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) フィルダムの堤体には,放流設備または水路を施設してはならない。
(2) 火力発電所における深層放流は温排水拡散を促進する効果がある。
(3) 火力発電所における復水器は蒸気タービンからの排気を冷却するが,タービン熱効率を低下させる。
(4) 水路式発電所の導水路に設置する沈砂池の長さは,沈砂池内の平均流速に比例し沈殿させる最も細かい砂粒子の限界沈降速度に反比例するように設計する。
(5) 水力発電の取水設備には,水路への流入量が構造物の設計水量以上となる場合は,制水門または制水弁を設けなければならない。

2 名前: フッキー 投稿日: 2006/10/09(月) 22:43:24
水中放水は拡散を抑制するのですよね。


3 名前: mack 投稿日: 2006/10/09(月) 22:48:16
にしました。
タービン熱効率を向上させるはずです。

4 名前: FTP 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:40
△砲靴泙靴拭I縮綿水が温排水拡散を促進し、深層放流が
温排水拡散を抑制したと思います。

5 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:43
2にしました。拡散するのは表層に排水したときだったかと。

6 名前: ぼけなび 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:27
オールインワンノート 24ページから 2
助かりました、ありがたやありがたや。

7 名前: ムム? 投稿日: 2006/10/09(月) 23:05:29
深層の放流管より温排水を噴射させて強制拡散させるのが深層放流方式です。
復水器では蒸気を水にすることで、真空に近い状態を作り、蒸気の流れを良くする事で
タービン効率を高くすることが出来ます。よってかと。

8 名前: Y子 投稿日: 2006/10/10(火) 00:16:17
3にしました。
復水器はタービン効率を「高く」するんですよね?

9 名前: kon 投稿日: 2006/10/10(火) 00:35:00
3。理由はムム!さんと同じ

10 名前: 間違えたぁ 投稿日: 2006/10/10(火) 16:43:24
あーー、やっぱか。
深層放流とは、
「放水管で水域の条件に応じた海中まで導びき、噴流状に放流し、
 噴流拡散と重力拡散によって混合稀釈効果を高め、海表面へ浮上
 するまで水温の低減をはかる方法である。」

11 名前: 先生 投稿日: 2006/10/11(水) 12:58:27
正解は2つあります。
問題ミスだと思われます。
及びが解答としての正解です。

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 15:06:07
△砲靴泙靴拭
 は、
「復水器は蒸気タービンからの排気を冷却する」?
「蒸気を冷却して水に戻す」のでは。

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 16:27:01
>15さんは正解ですが、後が続きます。
温排水を水中から噴射放水することにより,まわりの海水
との混合希釈を促進し,温排水の拡散範囲の低減を図る。
つまり表面放流よりも拡散範囲は低減されています。
△皚も正解だと思います。

今年の問題は無理に難易度を上げようとしすぎの感が
例の耐震問題の弊害でしょうか?

14 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 19:45:48
今回の問題って正解が2問あるのが混じってたりするんですかね?

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 20:28:37
>14
過去にも出題ミスはあります。
今回の場合も出題ミスですので、
◆↓0奮阿鯀んでも全員に配点されると思われます。

16 名前:ENO 投稿日: 2006/10/11(水) 21:22:41
2は正しい。放水方式は一般に表層放流であるが、温排水対策として深層放流がある(技術士第1次試験の解答例H16より)。3に関しては蒸気タ−ビンとあるので汽力発電(40%)であり、ガスタ−ビン(30%以下)と比較すると熱効率は高い。よって3番が正答だと思います。

17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:32:40
>16さんへ
 温排水拡散による環境への影響配慮のため、お金使って、
深層放流して拡散範囲を低減しています。
 △正しいのなら、もっと簡単低価格な表面排水で放流する
ほうが、温排水拡散を促進しますよ。

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:33:53
ENOさん
ゆっくり考えてみてください。
2は間違いだから、解答としては正解でしょうよ。

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:41:07
深層放流=水中放流って解釈していいんですかね…?

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:56:12
>19
そのとおりですよ。

21 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 23:08:23
表面排水で放流するほうが、温排水拡散するみたいですね。ここでの拡散という意味は海水と希釈されないで表層に広がっていくことを表しているように思います。
次に深層の放流管より温排水を噴射させて強制拡散させるのが深層放流方式というのも本当みたいですね、ただここでの拡散は表面的な広がりよりも希釈されることに対して拡散と表してるように思います。
ということはなのかな?

22 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 00:43:57
国語の問題かなあ?。
「深層放流は温排水を排水し拡散させる」ならば正しく、
「深層放流は温排水を拡散する効果がある」でギリギリ正しく、
「深層放流は温排水拡散を促進する効果がある」っていうのは、肝心の排水が抜けてしまいます。

23 名前:ENO 投稿日: 2006/10/12(木) 18:16:31
2番の問題文について
よく考えてみました。拡散という意味をどう捉えるかで答えがわかれると
思うのですが。
 汚染物質に濃度差があるとき、汚染物質の濃い部分が時間とともに周囲の空気
と混ざり、薄くなりながら範囲を広げる現象。これは気象庁の拡散の意味です。
 単純に温排水がエリア的に広がると考えたら△量簑衒犬牢岼磴い世隼廚い泙后
 ですが、深層(水中)放流は海水と混合希釈されるのでここでの拡散は気象庁の定義と同
じよう(空を海に置き換える)にも思います。

24 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 20:38:38
(火力発電所における深層放流)なんて書くから
なぜ深層放流を行うのか?と考えてしまいます。
このせいで、よけいに問題を難解にしている気がします。
単に(深層放流方式は温排水拡散を促進する効果がある)
にすれば、よかったのに。

25 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:54:05
ENOさんの意見と同様にだと思います。
温排水拡散を促進する効果がある。とありますが、温排水は海域に影響のあるものと考えられます。
よって効果があるという言い回しから、拡散についてある効果をもとめているような意味にとれます、
ここでいう、拡散とは混合希釈ととらえられると思います。

26 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:58:13
そんな裏をつくような問題なんてあるはずがないじゃないですか。
日本語の問題じゃないんだから・・・
◆↓N省がこの問題の正解です。
つまり出題ミス。

27 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 23:00:51
もし、だけだったら、もう2次試験は受けません。

28 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 08:36:14
 残念ながらのみ正解になりそうですね。
NEOさんの意見を否定できない以上、正しいと考える
べきでしょう。あきらかにい聾蹐辰討い襪里任垢ら。
 ただ、これまで述べていた表層排水との関連についても
否定はできないと思います。
 来年度は、このような問題が無くなるように、試験センター
の方は頑張ってください。

29 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 08:40:11
ごめんなさい。お名前間違えました。
ENOさんでした。
こんなことなので、やっぱりのみだなー

30 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 10:12:59
>28
 誤り あきらかにい
 正解 あきらかには
 たびたびすみません。夜間工事明けで、ぼーとしてました。
後は、月曜日の発表をまちます。

31 名前:先生 投稿日: 2006/10/13(金) 12:55:19
は正解だが、△眄飢鬚任后
この問題を選択した方は全員配点されるでしょう。

32 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/15(日) 03:01:43
イ寮水門だけど、制水門って、導水路や沈砂池、鉄管路の断水をするために、設けるところがあるんじゃないのかなあ>
取水制限のためだけでは、ないよね?絶対、ぜったい、ゼッタイ。

戻る



24 4-24 (Res:49)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:58:18
4-24 道路構造に開する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 計画交通量が1日につき500台未満の道路については,原則として車道の幅員を4mとしている。
(2) 高速自動車国道から市町村道まで広い範囲を想定し,設計速度を120km/ h から20km/hまで定めている。
(3) 都市部の2車線以上の道路には必要に応じて,車道の左端寄りに停車帯を設けるものとし,その幅員は原則として2.5mとすることとしている。
(4) 自転車専用道路の幅員は原則として2m以上,自転車歩行者専用道路は3m以上とすることとしている。
(5) 一般道路の設計速度については,一般に出入制限を伴わない交通制御を行うことが前提となるので,その最高値は80km/hとしている。

2 名前: Mune 投稿日: 2006/10/09(月) 22:47:41
3だと思います。

3 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:51:35
4だと思います。自転車専用道路の幅員は原則として3m以上,自転車歩行者専用道路は4m以上なので。

4 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:07
4 自転車専用道は3m以上じゃなかったっけ?2mは非専用道かな。

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:05:58
い砲砲泙靴
自転車歩行者道は4m以上と記憶しています。

6 名前: インパクト 投稿日: 2006/10/09(月) 23:09:50
1です。500台未満の道路で幅員4mとありますが、市町村道3種5級で車道幅員4mで正しいのですが、県道では3種4級となり、2.75×2車線の車道5.5mとなります。
1.5車線の考えでは間違ってるとはいえませんが、原則4mというのはやっぱりおかしいですよね。

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:21:28
6さんに賛同!!
そうだよね
設計交通量1台/日でも幅員4mにしろってことでしょ?
おかしいよ!

8 名前: taka 投稿日: 2006/10/09(月) 23:28:53
3種4級道路でも計画交通量が500台未満/日の場合は、道路幅員としては4mとなります。実務で同じような内容を経験したことがあります。

9 名前: Y子 投稿日: 2006/10/09(月) 23:50:41
4にしちゃったけど・・・
自転車道:2m以上
自転車歩行者道:歩行者の交通量が多い道路では4m以上、その他の道路では3m以上
なので、4に書かれていいることは「正しい」から、
「正解ではない」のでは・・・

10 名前: タイガース 投稿日: 2006/10/09(月) 23:54:12
自転車道じゃなくて、自転車専用道路だから3メートル以上じゃないの?!

11 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:54:48
>6インパクトさんと同じ考えで
1.にした

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:02:17
自転車歩行者道路
交通量の多い⇒4m以上、その他⇒3m以上
歩道
歩行者が多い⇒3.5m以上、その他⇒2m以上
よって、い竜述は正しいと思います。
正解は ,な?

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:26:57
道路構造例より
(自転車専用道路及び自転車歩行者専用道路)
第三十九条  自転車専用道路の幅員は三メートル以上とし、
自転車歩行者専用道路の幅員は四メートル以上とするものとする。
ただし、自転車専用道路にあつては、地形の状況その他の特別の
理由によりやむを得ない場合においては、二・五メートルまで縮小
することができる。
ということでい正解

14 名前: バッツ 投稿日: 2006/10/10(火) 13:21:49
4と分かっていたのに最後の最後で、俺は80キロの一般道路乗ったことない
と思い、5にしてしまった・・・

15 名前: A 投稿日: 2006/10/10(火) 18:33:07
4の正解が確実なのは分かったんですが、やはり1も
500台未満の国道・県道は3種5級または4種4級とはならない
ので幅員4mとは限らない。1も正解だと思いますがどうでしょう?

16 名前: ・・・ 投稿日: 2006/10/10(火) 19:34:12
道路構造令の解説と運用P51の(22)設計速度 に
自動車の一般的な走行速度により決められるってあるし、
一般に出入制限を伴わない交通制御を行うことが前提ってあるんで、
出入制限の無い走行速度80キロの一般道路はないのかと・・・

出入制限 道路の構造上完全にまたは部分的に制限されること

17 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 19:52:38
4

18 名前: hiro 投稿日: 2006/10/10(火) 23:45:13
【道路構造令の解説と運用(平成16年2月)1−3−3設計速度の値】に、
「一般道路の設計速度については、一般に出入り制限を伴わない交通制御を
行うことが原則となるので、その最高値は80km/hとしている」
との記載があります。よってイ竜述は正しい。い砲弔い討眛始構造令の解説と
運用の記載を見ると>12さんの言われているとおりであり、正しい記述だと思い
ます。ちなみに私はイ鮓蹐蠅箸靴討靴泙い泙靴拭ΑΑΑ複圍圈

19 名前: ゆきべえ 投稿日: 2006/10/11(水) 09:19:42
「非専用道」と「専用道」がごっちゃになっているのではないでしょうか?
い呂△まで「専用道」ですので、>12さんではなく、>13さんの言われているとおりであり、い答え(誤り)で良いと思いますが、どうでしょうか?

20 名前: あと一問 投稿日: 2006/10/11(水) 12:51:53
私も >15、Aさんと同意見っす。
問題に「3種5級,4種4級」って書いてあれば…
お願いだから、,眄飢鬚砲靴討А(>_<)

21 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 17:14:40
「原則」と断りがあるので、,任呂覆い隼廚い泙后E合しないのは特例扱い。

22 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 18:41:32
構造令には
「第3種第5級又は第4種第4級の普通道路の車道の幅員」は、4メートルとするものとする。
となってます。この問題で言うと
「計画交通量が1日につき500台未満の道路」の全てが
「第3種第5級又は第4種第4級の普通道路の車道の幅員」ということになりませんか。
それはおかしいと思うのですが・・・い正解なのも分かりますが、
構造令で「道路の区分」に示されている
「第3種第3級」や「第4種第2級」などで500台未満の場合も含むって書いてませんけどね・・・

23 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 18:47:40
これは「出題ミス」を問うべきではないですか。

24 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 20:35:37
私も初めは「原則」の断りで特例もあると思ったのですが、
3種3級が2.75m×2、3種4級が3.0m×2と書いてあるのを見て、
これは、「原則」の話には入ってこないだろうと思いました。
3種3級と3種4級は、幅員が決まっているのだから、
4mの対象に入ってくることがおかしいと思いました。
よって、1番か4番を選んだ人が正解になるんじゃないですか?

25 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:25:18
おかしいですけど、多分1は原則で逃げて、
4でおしまいにすると思います。

26 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:02:57
げん‐そく【原則】
多くの場合に共通に適用される基本的なきまり・法則。:大辞泉

計画交通量が1日につき500台未満の道路に共通に適用される基本的なきまりなのか・・・
3種3級と3種4級は500台未満の道路はないということか・・・

27 名前: No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 14:27:49
(1)の問題文において、市町村道という表記があれば
正解ですが、表記が無い以上一般国道・県道における
計画交通量が1日につき500台未満の道路で3種3・4級
及び4種2・3級の適用を否定出来ません。
道路構造令(H16年度)P118及びP179をご確認を

28 名前: No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 14:43:09
>25さんに同じ
い砲靴泙靴拭,砲弔い討六邯鈎罎脇がまわりませんでしたが、
こうして検証していると確かに疑問。「原則」で片付けるでしょうが、
でも出題内容が悪い。抗議の価値はあると思う。
言葉尻の違いを競う試験ではないと思うんですけど。
,鯀択した人は士会にしっかり主張すべきです。

29 名前: No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 21:27:17
 というより,答えと考えて問題作ったんではないですか?
実はい鷲埓飢鬚砲弔發蠅悩遒辰燭箸・・・ぐらいの問題ですね。
,鰐世蕕に記述が誤っていると思います。い發任垢韻

30 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:38:28
道路専門外なのですが、い世叡里辰討い燭里如解答しました。
,500台未満/日の道路で市町村道、一般国道・県道の割合によるのではないでしょうか。
4m以外の幅員割合多ければ「原則」は通じないと思います。

31 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 08:25:28
>40さんへ
 この場合の原則は(車道の幅員を4mとしている)に対してと考えます。
 道路構造令の解説と運用(平成16年2月)のP179に、
やむを得ない場合には3mとすることができる、を補足するために
原則がついていると思います。
 原則と割合はまったく違うものと思いますが?

32 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 23:20:31
道路構造令では、「第3種第5級又は第4種第4級の普通道路の車道の幅員」は、4メートルとするものとする。」
と示されていますよね。つまりこれが「原則」だとおもいます。
「第3種第5級又は第4種第4級」の多くの場合に共通に適用される基本的なきまりだと思います。
そして、「ただし、当該普通道路の計画交通量がきわめて少なく、かつ、地形の状況その他の特別の理由によりやむを得ない場合又は第31条の2の規定により」
で」ということで、狭窄部を設ける場合においては,3メートルにできるわけですよね。
この問題はいきなり「計画交通量が1日につき500台未満の道路」ですから。
道路構造令のどこを見ても「500台未満の道路」の全てが「第3種第5級又は第4種第4級」だけとは書いてない分けです。
構造令の(道路の区分)第3条の2の表をよく見てください。

33 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 23:26:31
30です。
500台未満/日の道路で4mに該当するものが、圧倒的に多く、他のものがごく
僅かだとしたら、原則論が成り立つという意味で書きました。
割合という表現が不適切だったら、すみません。

34 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 23:44:51
27さんの記述のように、市町村道という表記があれば理解できますが、表記が無い以上一般国道・県道における
計画交通量が1日につき500台未満の道路で3種3・4級及び4種2・3級の適用を否定出来ないわけです。
構造令の記述を歪曲もしくは、構造令を確認せず、どっかの県のローカルルールの適用事例をそのまま引用したような、問題の記述のせいで
受験者の苦労を冒涜しとる!!

35 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 01:06:45
31です。
30さんへ、こちらも書き方が悪くすみませんでした。
 ただ、議論としてもう少し書かせて下さい。
どれくらい数がものすごく僅かならば、原則と言えるのか、
その定義が示され無い以上、その考えは難しいと思います。

 >26さんによると
げん‐そく【原則】
多くの場合に共通に適用される基本的なきまり・法則。:大辞泉

 ただ本当に技術士の試験問題での議論なのかな?と書いていても
思います。国語ですねこれは・・・

36 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 02:16:53
>31さん30です
おっしゃる通り、まるで国語の試験です。
どこまでを原則とするかは出題者の考え次第なので、ここで定義するのは難しいです。
もともとが曖昧な文章ですから。
「,盡蹇廚鮴立させるにはセンターが納得せざるを得ない根拠を示す必要があると思います。
仮にですが、500台未満/日で4mにならない道路が半数占めているとか。
感覚的ですみません。
試験中もぐ奮阿牢恭个埜直したもので。
月曜の解答が楽しみです。

37 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 23:03:40
Φ蚕兒離札鵐拭爾誤り!

38 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 17:25:16
今日の解答で納得がいかなかったんで、技術士会に電話しました。
そうしたら、出題ミス指摘はメールと郵便で受け付けるらしいですよ。
とにかく抗議は文章でしか受付けないらしいです。
納得いかない方、文章で抗議しましょう。わたしは、もう、郵送で送りました。

39 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 19:50:21
 まあ、たしかに・・・この問題だけは現在のところ
,正しいという根拠がありませんねー
 >30さんのご意見は問題文を最初から読むと当てはまらないと思います。
(4-24 道路構造に開する次の記述のうち,誤っているものはどれか)
 この問題は道路構造に関して問われています。自分の知る限りの知識では
道路構造令から判断するのが常識だと思います。
 
 どなたか、お詳しい方 神レス期待しています。
 (道路構造令のここを読め OR 国交省の通達文等)

40 名前:ENO 投稿日: 2006/10/16(月) 20:19:15
道路構造令の解説と運用(平成16年2月)
P227 2-7-3幅員
(自転車道)
第10条
3 自転車道の幅員は、2メ−トル以上とするものとする。ただし、地形の状
況その他の特別の理由によりやむを得ない場合においては、1.5メ−トルま
で縮小することができる。
(自転車歩行者道)
第10条の2
2 自転車歩行者道の幅員は、歩行者の交通量が多い道路にあっては4メ−ト
ル以上、その他の道路にあっては3メ−トル以上とするものとする。

41 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 20:23:49
だれもい正解である理由のレスは期待してませんが・・・?
できればその感じで,慮蹐辰討い詬由を明記していただければ。

42 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 20:33:53
ごめんなさい,寮気靴ね由でした
(い論賤册擦覆里覇始構造令の三十九条を見たほうがいいですよ。すでに皆さん書いてますけど)

43 名前:ENO 投稿日: 2006/10/16(月) 20:52:45
失礼しました。正答が4なので4のことかと…。
1についてですね。
道路構造令の解説と運用(平成16年2月)
P127
(5)市町村道
(抜粋)また、都市部においては、計画交通量が500台/日異常の場合には
都道府県道と同様であるが、このような交通量の少ない道路(500台/日未
満)は一般に区画街路であり、第4種第4級に区分している。
 これにより500台/日未満とあるので第4種第4級に該当することがわか
ります。
次にP179 第5条の5の文を読むと第3種第5級又は第4種第4級の普通道路
の車道の幅員は、4メ−トルとするものとする。
とあります。

44 名前:ひみつ 投稿日: 2006/10/16(月) 20:55:37
一般国道等は、あくまで4000台/日が道路種別の基準になっているため、
500台/日で区分することを考慮していなのではないかと考えます。
確かに、3種3級4級などに500台/日未満も含まれますが、そこが基準
ではないので...
あくまで、1が正しいといっているのではなく、この選択肢が正しい
と考える一例を示したつもりです。

45 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 21:13:14
 なるほどー(ひみつ)さんのレスに答えがありそうですね。
「一般国道等は、あくまで4000台/日が道路種別の基準」しかないので
計画交通量が1日につき500台未満の道路を示すものは市町村道のみという
ことが考えられる・・・
 ありがとうございました、自分にとっては神レスです。
 これで一応全部の解答に納得できました。

46 名前:ENO 投稿日: 2006/10/16(月) 21:17:49
ひみつさんの意見が正しいと思います。1-1-3 道路の種類と種級区分等との関係
(1)高速自動車国道(2)高速自動車国道以外の自動車専用道路(3)一般国道(4)都道
府県道(5)市町村道 P124〜127の中で500台/日未満と定義しているのはP127(5)
市町村道のみです

47 名前:A 投稿日: 2006/10/17(火) 12:11:22
道路構造令P122 表1-1 で500台未満の国道及び県道は3-3・4及び4-2・3の
位置になっています。P123にも「第3種第5級および第4種第4級は、いわゆる
低規格の1車線道路である。〜中略 それぞれ将来とも交通量の大幅な増大
が予想されない・・・に適用すること」となっています。
やはり国道県道でも500台未満は将来を考慮し3-4、4-3等に設定するもの
だと思うし、4000台が道路種別の基準と考えるのは無理があると思います。
なので正解は1と4であるべきだと思います。

48 名前:No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 12:44:20
>47
同感です。
道路構造令3条による区分、5条−4、5に幅員が規定されている以上、
これを無視することはできないと思います。

49 名前:No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 14:26:31
技術士会の問い合わせフォームから,眄気硫椎柔を理由をつけて指摘しました。
個々への返信はまずないと思うので、このままい燃猟蠅世辰疹豺隋
事の真偽は来年の問題集の解説で確認するしかないのか。
すっきりしないなー

戻る



25 4-25 (Res:21)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:58:08
4-25 道路舗装に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) 車道及び側帯の舗装の必須の性能指標は,疲労破壊輪数,塑性変形輪数及び平たん性である。
(2) 遮熱性舗装とは,表層や基層に保水された水分が蒸発する際の気化熱により路面温度の上昇と蓄熱を抑制する舗装のことである。
(3) 低騒音舗装とは,車両走行に伴い発生するエアポンピング音などの発生を抑制するなどにより騒音を低減する舗装であり,一般的には密粒度アスフアルト混合物を用いることが多い。
(4) コンクリート舗装は,自動車荷重によるせん断には抵抗するが曲げには抵抗できないので,たわみ性舗装という。
(5) 積雪寒冷地域や路面の凍結する箇所では,耐摩耗性の高いアスファルト混合物を表層に使用するが,アスファルト量が少ないほど耐摩耗性は向上する。

2 名前:フッキー 投稿日: 2006/10/09(月) 22:49:02
△任呂覆い任靴腓Δ?

3 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:02
2.にしました

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:38
△亙歐綫舗装な気がする。消去法で,な?

5 名前:oira 投稿日: 2006/10/09(月) 23:03:52
1、です

6 名前:ザク 投稿日: 2006/10/09(月) 23:08:31
,世隼廚い泙后

7 名前:にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 23:11:18
残念なんですが、2ではないみたい。。。
遮熱性舗装:可視光線を吸収し赤外線を反射させる特殊顔料と、MMA系樹脂を混合したものからなる遮熱コーティング材料を、舗装表面に塗布することで路面温度の上昇を抑制する遮熱性舗装です。
2にしましたが。。

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:12:32
,砲砲泙靴
遮熱制は反射させるものと
解釈しています。

9 名前:mack 投稿日: 2006/10/09(月) 23:36:33
舗装の構造に関する技術基準について。(「国交省HP」より)

2-4 舗装の性能指標
1. 車道及び側帯の舗装の必須の性能指標
車道及び側帯の舗装の必須の性能指標は、
疲労破壊輪数、塑性変形輪数及び平たん性とする。

という技術基準がありました。

10 名前:BEN 投稿日: 2006/10/10(火) 16:09:30
・性能指標は、疲労破壊輪数、塑性変形輪数、平たん性、浸透水量の4項目では?
・遮熱性舗装は、日射エネルギー量の約半分を占める近赤外線を高反射して、
舗装路面の温度上昇を抑制する舗装。
・低騒音舗装は開粒度アスファルト?
・コンクリート舗装は、剛性舗装。
よって、イ正解では?
ポイントは「アスファルト量が少ないほど耐摩耗性は向上する」
だと思うのですが...。

11 名前:いさ 投稿日: 2006/10/10(火) 18:41:32
(5)は間違いです。
ここでいう「耐摩耗性の高いアスファルト混合物」とは、フィラー分の多いアスファルトの事ですね。寒冷地で良く使われる、13Fとか書かれるアスファルト混合物の事です。(物価版にも載ってますよ)
アスファルト分が多いほど、磨耗が少ないのです。
フィラーを多めにしてやると、アスファルトが吸着して、結果アスファルト分の多い舗装になる、という考え方のようです。
ただ、アスファルト量が多いとわだち掘れも大きくなるという問題もあるようですね。

参考はこちら
「(株)佐藤渡辺 建設用語小辞典」
www.watanabesato.co.jp/pavements/knowledges/cpave.html#ftuki

(1)は知りませんでした(ノ_・。)消去法で解くしかないか〜

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 19:44:20
>>BENさん
浸透水量は排水性または透水性舗装の場合の性能指標なので
必須ではないと思います。
(H18年2月 舗装設計便覧を参照)

13 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:55:08
△笋隼廚Α

14 名前:BEN 投稿日: 2006/10/10(火) 20:08:09
すみません、浸透水量は必須ではないです。
よって

15 名前:N_-_0 投稿日: 2006/10/10(火) 22:00:19
(1)正しい?
(2)誤 問題文は保水性舗装のこと。
(3)誤 騒音低減効果のあるのは排水性アスコン。
(4)誤 Con舗装は剛性舗装。
(5)誤 耐摩耗性を向上させるにはフィラー(石粉)を増やす。
(As量も多くなる。)

16 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/10(火) 22:53:51
舗装屋だけどまさに,正解、最近そのような言葉が使われて、1級舗装にも出ているよ、舗装専門雑誌にも書かれている。僕は間違えて△砲靴燭鵑世韻鼻⊆彷性舗装舗装の内容はあっているが、表層・基層とあるが、基本的には透水性Asではないので、排水性のように、基層は密粒や改質の粗粒で(剥離しないように)基層は浸透しては保水しないよ、打ち水舗装などがその例

17 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/10(火) 23:01:50
上のつづき。 
国土交通省の<別添>舗装の構造に関する技術基準で
第2章設計2−4
を見るとわかるけど,正解、
△鷲汁悗録仔してもいいけど基層は路盤に浸透してはだめだよ
ほかは問題外、,漏亮造忙愎砲砲任討い襪ら正解
2-4 舗装の性能指標
1. 車道及び側帯の舗装の必須の性能指標
車道及び側帯の舗装の必須の性能指標は、疲労破壊輪数、塑性変形輪数及び平たん性とする。

18 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:10:38
1です。今年の2次試験の道路部門にも評価項目に関する出題がされてます。

19 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/10(火) 23:11:06
上のつづき
は密粒でなく排水性にすることにおいて、その空隙が騒音を吸収する。い魯灰鵐リートは、強度があるがたまわない、そのためある一定の強度を超えると割れてしまう。それでアスファルトのようにたわむAsのいいとこと、Coのいいとこをあわせたのが、半たわみ舗装、透水性Asにセメントミルクを流したものイ魯椒鵐匹量鯡椶離▲好侫.襯箸少ないと磨耗しやくすはがれていまう。ただでさえギャップなどは粒度が大きいから流動はしないがチェーンなどの磨耗には強い、しかしあまり多いと流動しやすいけどね、答えは△任

20 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/10(火) 23:13:29
すいません ,正解です。ついまた△箸いてしまった そーリー

21 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/10(火) 23:16:51
雑談、ちなみに昔は平坦性と書いていたが、最近では偉い教授が平坦性という漢字はない、あくまでも平たん性が正しいといいきったため、その後、どの本でも平たん性というようになったんだって

戻る



26 4-26 (Res:31)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:57:57
4-26 道路に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 「トランジットモール」とは,中心市街地のメインストリート等で一般車両の利用を制限して,道路を歩行者・自転車と公共交通機関に開放し,街の賑わいを創出しようとする施策である。
(2) 我が国では,交通事故死者数に占める歩行者と自転車利用者の割合が4割を超えており,また,歩行中の交通事故死者の約6割が自宅付近で被害に遭っている。
(3) 共同溝整備事業は,電線類の地中化を一層推進するとともに,高度情報通信社会の早期実現に資するため,道路の地下空間を活用して,電力線・通信線等をまとめて収容する事業のことである。
(4) 「積雪寒冷特別地域における道路交通の確保に関する特別措置法(雪寒法)」に基づき雪寒事業が行われているが,積雪寒冷特別地域とされている地域は国土面積の約6割を占める。
(5) 道路の整備効果のうち,利用者便益(直接効果)には,走行時間の短縮,走行経費の節約,交通事故の減少などがある。

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:18
◆ 自宅→交差点かな?

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:31
イ?

4 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:58
4.にしました。
寒そうな県は6割もないような気がして

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:56:33
4にいっぴょう

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:59:42
オレも4。
6割ったら半分以上でしょ?
47*0.6=30.2都道府県ってことだからな。
47-30=17県は積雪寒冷地じゃないってことでしょ。
もっとあるんじゃん?
九州8+四国4+中国6=18なんだけどな。

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:00:59
電線共同溝整備事業ではなく共同溝整備事業なので、
電線、通信線以外にガス水道等もはいるのでは?

8 名前: 6 投稿日: 2006/10/09(月) 23:05:53
今調べたら日本の国土の6割は積雪寒冷地帯だった。

9 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:06:11
yahooで調べたら「国土面積の約6割、人口の約2割を占める積雪寒冷特別地域」と国交省HPに書いてありました。自分もい砲靴舛磴辰燭鵑任垢韻鼻

10 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 23:15:31
2の歩行者と自転車利用者の割合が4割を超えており
の部分は今調べたらあってるようです。後半部分はまだちょっと見つからない。。

11 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 23:16:51
2が正解のようです。↓ ご自身でwww.までうってください。
mlit.go.jp/kisha/kisha03/06/060711_.html

12 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:24:22
みんな
国交省にだまされるな!

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:25:09
>>11
2は正しいので
不正解じゃね?

14 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:34:20
イ砲靴泙靴拭
道路の整備の利用者便益に走行燃費はあてはまらないと思って・・・

15 名前:いさ 投稿日: 2006/10/10(火) 09:28:37
(3)は「共同溝整備事業」ではなくて、「電線共同溝整備事業」の事ではないのかな〜?
「共同溝」と「電線共同溝」は別物です。

16 名前:mine 投稿日: 2006/10/10(火) 11:23:55
わたしも、3番にしました。
共同溝を歩いたことがありますが、電線や通信線だけでなく、上水、下水
ガスなどを一括して埋設する、ライフラインを、
一回の工事で大きなボックスカルバートなどを埋設し、
共同で使用するのが共同溝だったと思いまして・・・・・。

17 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 19:53:29
5

18 名前:なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 22:18:39
1、だと思います。トランジェットモールは、中心市街の混雑の解消が主目的であり。環境問題の対策として講じられたものであり、街のにぎわいを創出しようとする施策では無いと思います。

19 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:45:49
正解は3番

高度情報通信社会の早期実現に資するためが主目的ではないです。
美観、防災、省メンテ等のためです。

20 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:46:56
消去法から言っても3しか残りません。

21 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:52:44
神様!
お願い3で!!

22 名前:111 投稿日: 2006/10/11(水) 00:00:37
とりあえずい論気靴ぁ
今年の二次試験に出た。⇒これに引っかかった。⇒×

23 名前:111 投稿日: 2006/10/11(水) 00:02:56
追加。
,眄気靴ぁ
白書そのまま。

24 名前:やす 投稿日: 2006/10/11(水) 00:30:30
トランジットモールって自転車もOKなのか?

25 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 06:45:05
自転車もOKです。

26 名前:いさ 投稿日: 2006/10/11(水) 09:00:40
(3)のソース発見しました!

国土交通省道路局 「道路のバリアフリー化を支援する事業」
www.mlit.go.jp/road/road/traffic/bf/3_bf_jigyou.html#5
(5)電線共同溝整備事業
電線類地中化を一層促進するとともに、高度情報通信社会の早期実現に資するため、道路の地下空間を活用して、電力線・通信線等をまとめて収容する「電線共同溝(C・C・BOX)」を整備する。

というわけで、(3)は「共同溝整備事業」ではなく、「電線共同溝整備事業」が正しいです。
従って解答は(3)ですね(^−^)b

27 名前:埼玉42歳 投稿日: 2006/10/11(水) 10:48:50
私も(3)が間違いだと思います。(1)(2)(4)(5)ネットで確認できました
(3)以外は正しいです。確認したい方は資料がありますので下記までメ-ルください
igakusaitama@yahoo.co.jp

28 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:22:42
私は3にしました。
共同溝って下水や上水と電気ガス+通信っていう認識だったのですが、上下水は別の共同溝ってあるんでしょうか。

いろんなH.P.をみたけど通信と電気のみって書いてあるのは見当たらなかったんですが
逆に下のような記載が・・・・、

「公益物件(水道、電気、ガス、電話、下水道、工業用水)を
従来のような、ただ単に地下に収容するのではなく、
内部に人が入れて、そこで管理などを行える作業空間を
確保した施設が共同溝です。なお、変電所間・電話局間・浄水場間など主要な幹線を
結ぶ幹線共同溝と沿道地域への供給(サービス)を
目的とした供給管共同溝に区分されます。」

ここでいう、幹線共同溝のことを説明しているのでしょうか?共同溝事業の主旨は、防災、環境対策なのでは?。
3としました

29 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:02:22
共同溝(電話・電気・ガス・水道・下水道などの幹線導管を収容する施設)
電線共同溝(C・C・BOX 電力線や電話線を歩道下に一体的に収容する施設)
両方の業務にたずさわりました。
3を選択しなかったので、電線共同溝も共同溝整備事業のうちだったらいいのに
なと思います。

30 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/12(木) 23:00:53
3が誤り。電共事業です。

31 名前:わたしだけ? 投稿日: 2006/10/15(日) 19:10:18
こういう問題は難しくてよくわかりませんでしたので、パスしましたが、気になって仕方ないので書き込みします。
はどうして誤りなのでしょうか?。
共同して埋設する管路の種類の大小関係は、
「共同溝整備事業」>「電線共同溝整備事業」 ですよね。

問題文の「電線類の地中化を一層推進するとともに」は○ですよね。
また、「道路の地下空間を活用して,電力線・通信線等をまとめて収容する事業」も○
(管路の種類の大小関係からいって間違っていない。また「等」も付いている。)

とすると、「高度情報通信社会の早期実現に資するため」っていうのが間違いなんですよね。
事業制度の目的に「高度情報通信社会の早期実現」が含まれているか否かということが問われているのですね。

※事業制度の目的を知っていれば答えられたのでしょうけれど、知らないものにとっては答えにくい問題でした。
※皆様の書き込みで勉強になりました。

戻る



27 4-27 (Res:11)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:57:47
4-27 鉄道駅のバリアフリー化に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 平成12年に公布された「高齢者,身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」に基づいて整備が進んできている。
(2) 1日あたりの平均的な利用者数が5,000人以上の駅のみが移動円滑化の促進の対象となる。
(3) 鉄道駅では,エレベーターやエスカレーターとともに,便所がある場合は,身体障害者対応型便所の設置も移動円滑化のための施設の対象に含まれる。
(4) 車両および駅のバリアフリー化は公共交通事業者等が講ずべき措置とされている。
(5) 市町村が作成する基本構想に基づく,鉄道駅等,周辺道路,駅前広場,信号機等の移動円滑化の重点的かつ一体的な推進が求められている。

2 名前:投稿日: 2006/10/09(月) 22:31:31
△世隼廚い泙后
旧法上も、5,000人以上を目安としていましたが、
「のみ」ということはなく、
5,000人未満でも策定することはできます
(し、策定しているところもあります)。
また、改正法ではこの枠がなくなりました。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:41:56
2はあっているような気がする

4 名前:FTP 投稿日: 2006/10/09(月) 22:42:37
例えば地方の駅で、5000人未満の利用客の駅でもバリアーフリー
対策を施している駅もあります。
よって△砲靴討澆泙靴拭

5 名前:Y子 投稿日: 2006/10/09(月) 23:08:15
2、ですよね。

国交省>鉄道バリアフリー法に関するQ&A より
Q:新設の際にバリアフリー化が義務付けられるのは、1日の利用者数が5千人以上の施設に限られるのですか。
A:利用者数にかかわらず、新設・大改良の際には全ての旅客施設に移動円滑化基準への適合義務が課されます。

6 名前:ザク 投稿日: 2006/10/09(月) 23:16:40
一日平均利用者数が約5,000人以上で、高低差が5m以上の駅について
エレベーターやエスカレーターを設置すること等を基本方針としているので
△世隼廚い泙后「のみ」という表現がいかにも。

7 名前:落ちた? 投稿日: 2006/10/09(月) 23:49:03
移動円滑化の施設に身障者対応型便所って含まれる?

8 名前:むずい 投稿日: 2006/10/09(月) 23:54:25
△砲靴泙靴拭

新設の駅の場合には「当該旅客施設の一日当たりの平均的な利用者の人数の見込み」が5,000人以上のようですね。
「見込み」が入るので、「のみ」にはならないはず。

9 名前:ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:35:52
2 たしか 老齢者の人口による係数のようなものがあったような ので
 のみ でない

10 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:25:21
選択のセオリー
「のみ」とか「限る」には不正解が多い。消去法でいくと1と2が残った

2でお願いします。

11 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/14(土) 08:06:26
あぶなかった〜。5000人以上の駅の中で、【高低差が5m以上の駅】も必要なようです。
△任いい辰垢茲諭

戻る



28 4-28 (Res:59)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:57:37
4−28 鉄道工学における軌道構造に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) スラブ軌道は,レールを支持するプレキャストのコンクリートスラブをコンクリート路盤上に設置した軌道構造で,保守省力化を目的とする。
(2) ロングレールは,レール継目を溶接によって除去したもので,乗り心地の改善,騒音振動の減少などを目的とする。
(3) 道床バラストの間の空隙が大きいと,沈下に対する抵抗が小さくなるので,各種の粒径を適当に混合したものがよい。
(4) 合成まくら本は,合成樹脂によるまくら本で,腐らず,燃えにくく,耐久性に富むが,価格が相対的に高い。
(5) 犬くぎは,レールをまくら本に固定する材料で,作業性が非常によく,支持力も大きい。

2 名前: FTP 投稿日: 2006/10/09(月) 22:26:24
5だと思います。

3 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:26:58
5で間違いないでしょう。

4 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:40:05
ロングレールは,レール継目を溶接などしません。
溶接したら、夏にレールが曲がってしまいます。

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:46:20
ロングレールの継ぎ目は、伸縮継ぎ目ではなかったでしたっけ??

6 名前: ぷあぷあ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:48:18
レールはエンクローズド溶接を行う場合があります。

7 名前: ognas 投稿日: 2006/10/09(月) 22:52:52
ロングレールはレールを溶接したもので
ロングレール同士を繋ぐのが伸縮継ぎ手では?

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:04
オーム社の参考書では、ロングレールとは、溶接された長さ200mのレールと書いてあります。
やっぱり5が誤りでしょう。

9 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:59:12
ロングレール同士の継ぎ目もあるので溶接だけではないと解釈してしまいました。

10 名前: ガオ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:19:02
帰りに駅のホームで枕木に打ち付けられている犬釘を見ましたが、
支持力は大きそうに見えませんでした・・・だから

11 名前: 落ちた? 投稿日: 2006/10/09(月) 23:34:24
移動円滑化の施設に身障者対応型便所って含まれる?

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:37:12
ガオさんの答えが正しい
技術士っぽいです

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:45:56
犬釘を打込むのはかなり労力が必要と
聞いたことがありますので、作業性が
よいとはいえないと思い、イ箸靴泙靴拭

14 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:55:35
ロングレールは、レールをガス圧接してつないでいるので、溶接ではありませんよ。

15 名前: ガオ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:11:06
圧接も溶接のひとつでは?

16 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:16:33
私はにしました。
「各種の粒径を適当に混合したものがよい。」というのがひっかかり…・
確か、適当な大きさの粒度と稜角に富んだ流径だったはず。

混合ではなのではないかな?実際のバラスト見てもそんな混合されていないし。

17 名前: 猫まねき 投稿日: 2006/10/10(火) 00:52:26
私も3にしました。
道床バラストって、見た限り適当には混合してないですよね。立派な砕石だったと思います。しかし、犬くぎという言葉は今日始めて聞きました。

18 名前: 020 投稿日: 2006/10/10(火) 10:11:39
民鉄事業環境会計ガイドラインより・・・
「ロングレール敷設」
継目の溶接及びレール端部の伸縮継目化によりロングレール化
することで、騒音・振動低減を図る作業。

19 名前: むずい 投稿日: 2006/10/10(火) 11:08:47
問題文の流れからするとイ世隼廚Δ里任垢、
「空隙が大きいと,沈下に対する抵抗が小さくなる」が気になってにしました。

ここでいう「沈下」とは何に対するものなのかが不明なのが気にかかります。
(路盤?=高架ならたぶん沈下しないだろうし、だとしたらバラスト?)
バラストは柔構造であるから「沈下」を伴う多少のたわみを期待しているはず。
→すなわち、弾塑性域?でのバラストの沈下はOK
→空隙はそれなりにあることが良い
また、空隙が大きすぎてバラストが支持力を失い全体が壊れてしまうのは「崩壊」であって、「沈下」ではないはず。
と考えました。

20 名前: ats 投稿日: 2006/10/10(火) 16:47:09
狭いスペースの適用と作業性の向上。
高い締め付け力で、ゆるみの防止による信頼性の向上
「犬くぎ 作業性」で検索したら以上のような内容が出てきましたので
正解です。
どれが正解なのかな?

21 名前: FFF 投稿日: 2006/10/10(火) 17:16:50
レール高さに沈下があれば列車運行に支障があります。
軌道高さはミリ単位で管理しております。
バラスは、締め固まらない構造であるために、単粒砕石となっております。
よって、正解はだと思います。

22 名前: matsu 投稿日: 2006/10/10(火) 17:38:42
5番の犬くいの支持力は、レールを支持する力なのでは?と思ったり。

23 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 19:54:17
5

24 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:39:58
3 そのようなものがいいはずなら どこも そのようになっているはず
 バラスとがかむのがいいような ことを 20年まえに 聞いたような 気がした

25 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:45:45
イ任后E監算業に携わる者です。
は、道床バラスト製作積込示方書に「道床バラストは各種の粒径を適当に混ぜ合わせること」と書いている。理由は、粒径が揃いすぎると空隙が多くなって沈下抵抗が小さくなるから。

26 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:47:26
列車の荷重を分散して乗り心地をよくするクッションの役割を持っているのです。敷石のゴツゴツが削られて小さくなってしまうと、乗り心地が悪くなってしまうのです。検査では、石の細粒化が起こっていないか、また泥が上がってきていないかなどをチェックします。
JRHPより。

って事は、バラスとの役割の時点で全然ちがう話をしているので、誤り?

27 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:37:01
3であってほしい。
沈下に対しては、細長や扁平といった形状が効いてくるのでは?
と考えました。

28 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 00:04:10
>25
大変心強いです。
僕も5!!

29 名前: むずい 投稿日: 2006/10/11(水) 00:19:02
列車が通過するとき、レールにたわみが生じると思っていた。
少なくとも、枕木は浮き沈みしています。
それを空隙で吸収するのが道床バラストで、クッションの役割を果たす。クッションならば、空隙があって当然。
もし、密実なバラストだったらクッションにはならないですよね。
つまり、「空隙が小さいと、乗り心地が悪くなる」ので× じゃないのかなあ?。

30 名前: poa 投稿日: 2006/10/11(水) 10:16:57
JRのHPに
犬クギは、レールの位置を、各種木マクラギの上で保ち、
レールの浮き上がりを防止する為のクギとして最も単純
で広く利用されている。とあります。

31 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 15:18:09
文章表現上、だけ主語がない。
「道床バラストの間の空隙」とは砕石間の空隙なのか、バラスト枕木間の空隙なのか不明。

とイ痢崑腓い」は数値または比較対象がない。
判断できません。

32 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 16:29:09
を選択しました。各種の粒径(○mmと△mm・・・)を意図的に混合はしないだろうと。
駅のホームからは、そうは見えないし。

33 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 20:26:00
25氏の指摘のとおりだとしても、問題文としては空隙の大きさに触れているの
だから、各種の粒径という表現はきわめて曖昧な表現であり、「骨材」とか
「○○mm以上の粒径」としないと私や29氏、32氏のように
「各種粒径は砂や土等を含む」と解釈できることを否定できない。
引っ掛け問題では無く問題文として不備があると思う。

34 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:11:38
はっきり言って、出題サイドの資質が問われます。
今年度は愚問が多すぎです。
皆さん、来週月曜日、回答がでて、救済措置が出ないようであれば、
断固、抗議しましょう。皆の声が必要です。

35 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:29:29
>33
難しく考えすぎです。
素直に解釈しましょう。

36 名前: ひみつ 投稿日: 2006/10/11(水) 22:07:17
「○○mm以上の粒径」としないと「各種粒径は砂や土等を含む」
と解釈できることを否定できない。
砂や土を混ぜると思うのならそれでいいんじゃないですか?
そう思う時点で、この選択肢の内容を理解できていないだけですよ。
“三成分コーン試験は礫混り土にはあまりむいていない”という問いに対して
試験をよく知らない人は、「礫径がわからない」とか「あまり」っていう表現
が曖昧だ...等と言うでしょうけど、知ってる人ならば、(当然他の選択肢
とも比べた上で) 正しい と思うはずです。
その道を知っている人にとっては当然で、技術士試験のような幅広い分野から
問われる場合は、当然得意でない分野からも出題されるわけで、そういう人に
は当然じゃないと思うこともあると思います。でも、それは問題が悪いわけ
じゃぁない っと思うのですが。

37 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:26:49
ひみつさん
そうすると、正解はイ任垢?

38 名前: ひみつ 投稿日: 2006/10/11(水) 22:55:09
私は鉄道関係はよくわからないんですが、
ちょっと調べてみると、現在、枕木は鉄線が入っているやつとか合成樹脂製とかが
あるみたいですね。そんなものに、犬くぎを打っていくなんて大変じゃないですか?
しかも、1/2ぐらいの長さまで窄孔しないといけないみたいです。今ではクリップタイプの
パンドロールとかいうものが主流になってきているらしいです。
だから、5番が誤りだと思います。

39 名前: 33 投稿日: 2006/10/11(水) 22:56:55
36氏
>技術士試験のような幅広い分野から問われる場合は、当然得意でない分野からも
>出題されるわけで、そういう人には当然じゃないと思うこともあると思います。
確かにそうですね。自分の実力不足を痛感しました。ありがとうございました。
35氏にも感謝。

40 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:37:57
3、5で悩んだ末に、比較的骨材径がそろっている印象があったので、「各種の」が気になり3にしてしまった。
5の犬くぎってはじめて聞きました。
あと2つまではいくけど最後が絞れない。勉強が足りないのでしょうね。

41 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 18:44:43
再び鉄道に携わる者です。
実は私もとイ任舛腓い版困澆泙靴拭でもは示方書にざっくり記載されているので、イ砲靴泙靴拭
イ量簑蠅慮ぅギは、レールと枕木を固定する部品の中では、最低ランクですが、それでもそれで列車を通しているわけだから支持力が低いとは言えなくもない。
でも、犬クギというのは昔も今もそうですが鉄の金槌みたいので、1本1本、人の手で枕木に打ち込まれます。(その作業自体、まさに職人技)1本の枕木に最低でも4本以上は打ち込まないといけず、線路25mに枕木が37〜39本もあるのでそれを全て人力でとなると、問題文の「作業性が非常によい」とは決して言えないと思います。
昔からの職人さんに聞くと「楽勝だ」と言われましたが、とても作業性はいいとは思えないですよね?

42 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/12(木) 20:40:53
3にしました。  5が間違っていれば犬くぎは、現在の作業に使われない。バラストというものを想像するに適当な粒径にはなっていない。だから3

43 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 21:35:25
にしました。
作業性というのは、作業が単純(力はいるけど、打ち込むだけ)という意味だと解釈しました。
レールを支えるのだから支持力も必要だろうし。
でも「道床バラスト製作積込示方書」にの記述あるそうなのでダメかな?

44 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 02:07:38
犬釘はレール締結器具として実際に使用されているのだから、それなりの支持力があるのは当然でしょう。
ただそれをもって「強い支持力をもつ」と言えるのかどうか。
PCまくら木に使用されているバンドタイプの締結器と比べれば、「弱い」と言えるのではないでしょうか。
(4)の合成まくら木についても、他のまくら木との比較で話をしています。

45 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 07:47:00
が正解。
バラストは、そもそも、乗り心地をよくするためのものでは??
沈下に対してうんぬんではないです。

46 名前:いさ 投稿日: 2006/10/13(金) 09:14:56
バラスト軌道の写真がありました。
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/5/52/Makuragi02.jpg
「各種の粒径を適当に混合」しているように見えますね。
示方書に載っているということだし、(3)の記述は正しいんでしょう。

すると正解は(5)か?
しかし犬くぎなんて初めて聞いたよ(;_;)ノ

47 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 13:35:56
道床バラストは、確か19〜63mmの粒径を適当に混合してます。現地のバラストをぱっと見た感じは全部同じ粒径にみえるけど、良くみると違う粒径のバラストが混じってますよ。
なので正解は、間違いなくイ任后
ちなみに犬釘は、単純に形が犬の顔に似ているからそう名付けられたそうです。

48 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 18:58:06
「道床バラスト製作積込示方書」とは、どこが、出しているんですか?
ネットで検索しても出てこないんですが?

49 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 19:11:47
俺も調べたけど、見つかんない。
ネットで調べても簡単にでてこ無いこと質問にされても・・・

参考書ばかり買いすぎて給料無くなっちゃうでしょ!

50 名前:だめパパ 投稿日: 2006/10/13(金) 21:34:34
鉄道については知識が無いので教えて下さい。
「レール継目を溶接によって除去したもの」とはどういう施工をさすのでしょうか。

51 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 21:51:06
道床バラスト製作積込工事示方書ってすげーマイナーな本で手に入れるのは至難の業です。俺は、たまたま手に入れることができたけど。それより鉄道会社内での通信教育の教科書みたいなのにも「道床バラストは各種の粒径を適当に混合すること」と書いてます。あとは何に載ってるのかな〜。鉄道工学の教科書にも載ってるんじゃないか?もし載っていなければ、大げさにいえば鉄道会社の人間しか知りえない事になるね。
ということは専門外の人はこの問題を選んだ時点で失敗だったのではないですか?
間違いなく答えはイ任后
>41のように作業性は悪いし、100歩ゆずって悪くないとしても問題文の「非常に良い」なんて100%ない。
それに支持力についても付け加えると、犬クギで直接レールと枕木を止めてる箇所の営業線はほとんどない。たいてい二重締結装置っていう板バネで上下方向からはさんでレールと枕木を固定してます。犬クギだけで止めてるとこって運転所とか列車を留置させとく所にしかやってないよ。だって支持力が弱いんだもん。

52 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 21:59:22
>50
あれは、除去って言い方が悪いね。
要するに、ロングレールって200m以上のレールのことを言ってるんだけど、通常のレールの長さって最大でも25mなのね。なのでそのレールとレールを溶接でくっつけちゃってどんどん長くしてくんだけど、それによって本来ある継目の部分が無くなったってことですよ。ただそれだけです。

53 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 23:11:51
もし、バラストが不正解ならば、来年に出版される、H18過去問の解説は、どうゆうふうに書いているのか?
今から、興味があるね。特定の示方書に載っているだけではなく、物理的、力学的な解説が見てみたい。

54 名前:みーたん 投稿日: 2006/10/13(金) 23:15:33
この問題の書き込みが一番多いっす。
今年の、注目度No.1の大賞ですね。

55 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 02:27:03
バラスト、犬くぎ、流行語大賞受賞!

56 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/14(土) 08:11:02
イ世隼廚辰討い覆ら、△離蹈鵐哀譟璽襪砲靴泙靴拭ロングレールの定義で
【200m以上】ということは必須なのでなないでしょうか?溶接でつないで
200m以下であれば、長尺レール。。。。過去には言葉が足りないから
間違いといった問題もあったような。。。。。でも犬釘に支持力は期待
しないだろうな〜。

57 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 10:50:57
>41 の記述に「昔からの職人さんに聞くと「楽勝だ」と言われました」
あるように、施工性も支持力も良かったからでは。 昔とはいえ他にも
色々な固定方法があった思える。

58 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 23:42:59
ロングレールはレールを溶接でつなぎ合わせるとありますが、本当に溶接なのですか?私の知る限りでは、ロングレールはガス圧接でつなぎ合わせています。溶接の定義というものが良くわからないのですが、圧接は鉄を溶かしてくっつけているわけではないし、溶接材料を使用するわけでもないので、溶接とはまったく別物であると思います。(日本圧接協会の委員の方に以前確認したことがあります。)

59 名前:No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 09:49:16
レールとレールの溶接の種類には、フラッシュバット溶接、ガス圧接、エンクローズアーク溶接、ゴールドサミット溶接、テルミット溶接などがあります。現地の状況にもよるが、この中で、一番多く使われるのが「ガス圧接」です。
ガス圧接だけ「圧接」なんだけど、これもレールの溶接の一種なのです。

戻る



29 4-29 (Res:13)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:57:27
4-29 シールドトンネルに関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 覆工の設計において考慮する荷重のうち,施工時荷重にはジャッキ推力,裏込め注入圧,エレクターの操作荷重が含まれる。
(2) テールボイドとは,セグメントとシールド機との空隙のことである。
(3) 泥水シールドとは,泥水に所定の圧力を与え切羽の安定を図り,泥水を循環させることにより,掘削土の流体輸送を行うものである。
(4) シールドエ法の選定に当たっては,施工区間の地山の条件,地表の状況,断面寸法,施工延長,トンネルの線形,工期等の諸条件を考慮しなければならない。
(5) 覆工は,トンネルに作用する荷重に耐える構造とし,使用目的および施工条件に応じた機能を有する安全かつ堅固な構造物でなければならない。

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:29:20
▲札哀瓮鵐箸斑六海隼廚辰

3 名前:MASAMI 投稿日: 2006/10/09(月) 22:41:50
(2)はシールド機のテールクリアランスです。

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:25:53
(2)は確かにテールクリアだが、(1)のエレクタ操作荷重って何だ?
そんなの考慮したことないぞ。

5 名前:ポッチャマ君 投稿日: 2006/10/09(月) 23:39:45

テールクリアランス、余掘りなどにより、
シールド掘進に伴いセグメント外面と地山間に生ずる空隙。

6 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:40:37
い砲靴泙靴拭
地下水条件が含まれていなかったので。
もしかして地山に含まれるのかな?

7 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:59:06
エレクターの操作荷重なんて考慮してないので
1.にしたけど2なんですね

8 名前:au 投稿日: 2006/10/10(火) 01:07:24
イ砲靴泙靴拭
”覆工はトンネルに作用する加重に耐える構造とし”が引っかかりました。
覆工は”断面が完全には地圧からの応力に対応できないと言う場合に、ある程度の応力を負担するために設けられるもの”であり、
堅固なものでなくてもよいのでは?設問全体がシールドトンネルというくくりなので少し心配です。
実際にモルタル吹付けのみのトンネルもあるし堅固とは思えない・・・。

9 名前:いさ 投稿日: 2006/10/10(火) 09:50:38
正解は2ですなー
トンネル標準示方書(シールド工法編)H8年度版
(1)P.47 第34条 施工時荷重 施工にあたって考慮する荷重は次のとおりとする。(1)ジャッキ推力 (2)裏込め注入圧 (3)エレクターの操作荷重 (4)その他
(5)P.25 第14条 覆工は、周辺地山の土圧、水圧等の荷重に耐え、所定のトンネル内空を確保するとともに、トンネルの使用目的および施工条件に応じた機能を有する安全かつ堅固な構造物でなければならない。

10 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:15:15
しかし今の大学でシールドトンネルまで勉強やるのかなあ。(自分の頃はやらなかった)
NATMが本格的になり始めで、まずはNATM理論だったけど・・・)

11 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:38:51
2にした

12 名前:橋梁屋 投稿日: 2006/10/12(木) 12:39:08
.┘譽ター使ってセグメント組んでゆく場合、トンネル軸方向に多少なりとも荷重がかかるのでは・・・
専門外ですが△砲靴泙靴拭セグメントとシールド機との「外径差」による空隙なら○なのかも・・・

13 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 20:06:33
4と思いました。
4は地下水を考慮しなくて良いんですかね?
トンネルはあまり知りませんが。

戻る



30 4-30 (Res:44)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:57:15
4-30 山岳トンネルに関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 膨張性地山とは,トンネル掘削により強大な土圧が作用し,内空断面が大幅に縮小するような地山である。
(2) 地山強度比は,地山材料の一輪圧縮強さを安保設計荷重で除したものである。
(3) 設計に当たっては,地山条件,立地条件,トンネルの規模,工期,施工等を考慮しなければならない。
(4) 吹付けコンクリートは,作用荷重に対しての十分な強度,早期に必要な強度発現,地山との十分な付着性等の要件を満足するように設計する必要がある。
(5) ロックボルトの効果の1つに,地山にロックボルトを挿入することで,地山自身の有するせん断抵抗力が増大し,地山が降伏した場合でも残留強度が増すことがある。

2 名前: にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:48:15
5にしました。ロックボルトは地山の持つせん断力を最大限発揮するという記述は見たことがありますが、それを増大するという記述は見たことがないから。。。

3 名前: MASAMI 投稿日: 2006/10/09(月) 22:53:25
1にした。・・・強大な土圧では対策の施しようがないような

4 名前: sen 投稿日: 2006/10/09(月) 23:02:40
1にしました。
膨張性地山は土圧の影響ではなく、空気に触れたら膨張するような性質のある土質によるものだと思ったので。

5 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:03:15
絶対2です。
GN=σc/(γ・H)
GN:地山強度比
σc:一軸圧縮強度(tf/m2=×0.1kgf/cm2)
(=×10kN/m2=×0.01MN/m2) γ:単位体積重量(t/m3=g/cm3)
(=×10kN/m3) H:土被り厚(m)

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:09:22
△澆燭ぁ

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:39:23
問題があんまりよろしくないような気がする。

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:41:02
(1)も違うと思うぞ。

9 名前: なか 投稿日: 2006/10/09(月) 23:54:44
たしかにあまり良い問題ではなさそうですね。
,魯肇鵐優觀〆錣箸△蠅泙垢、膨張の原因は地山に含まれる
膨張性の粘土鉱物(スメクタイトなど)の吸水膨張ではないでしょうか?
,鰐簑蟶遒辰紳Δら見たら(正)にしたいと思います。
△涼六涯度比も分母は確かに単位体積重量と土被り厚の積です。
支保設計荷重は聞いたことがありませんし、支保を設計するうえで
わざわざ設計荷重なんて使わないとおもいますが・・・
ロックボルトのメカニズムは複雑なのでイよく分かりませんが・・・
結局自分は△砲靴泙靴拭トンネル10年やってますが自信ありません。
説得力が無い文章ですみません。

10 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:01:18
2.にしました
1の強大な土圧も気になってます。

11 名前: たぬ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:24:37
1としましたが、吸水膨張による応力も土圧と言えるかも。

12 名前: 設計屋 投稿日: 2006/10/10(火) 12:51:11
私はこの問題を選択していないが、も間違っている可能性がある。これだけの考慮で設計していたら、とんでもない設計になる。
山岳トンネルの場合、周辺環境への配慮が非常に大切である。
もし、周辺環境への配慮が「等」という文の中に含まれているというならば、
ぜひ問題文のミスであることを認めていただきたい。

環境配慮に重点をおいた設計が増えている中、将来の土木業界を支えていく人間に対しての試験問題とは到底思えない。
私はこの問題がどう扱われようが、おそらく合格ラインに達している(皆さんの解答と照らし合わせた結果)が、
問題文はある意味で基準書以上に正確でなければならないと思っている。

失礼な言い方で申し訳ないが、この問題を見ると、日本の土木技術のレベルが疑われかねない。

13 名前: がんばれ 投稿日: 2006/10/10(火) 18:35:16
周辺環境への配慮は「等」に含まれるのではなくて、「立地条件」に含まれているのではないでしょうか?
山岳トンネルで「支保設計荷重」というのは難しいのでは?地山が「支保」でもあり「荷重」でもあるので。
「なか」さんが、聞いたこと無いというのも当然かも。と言った感じで私も(2)に1票。

14 名前: akira 投稿日: 2006/10/10(火) 19:53:18
△砲靴泙靴拭,亙粘笋覆匹遼陳ダ地山の事を歌っている。は「等」の言葉で省略している。い話六海僚藉挙動を止めるというNATMの基本的な考え方である。イ蝋垢冒し打ちで地山の変位による荷重を分散させ更にアーチアクションを起こさせる考えからすれば正しいと思う。

15 名前: 設計屋 投稿日: 2006/10/10(火) 20:14:23
一般に立地条件というと地形や地質、地盤、気候などを示すと考えました。
広義では動植物の生態系も含むという考えもあるかもしれませんが、
将来日本を支えていく技術者が決して忘れてはいけない一番大切なものを広義として表現してしまうのは、どうかと思ったのです。

この試験を受けている技術者は将来、間違いなく日本を支えていかないといけないわけですから。

16 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/10(火) 20:44:53
5 もおかしいとおもったんですけど。。

17 名前: いさ 投稿日: 2006/10/10(火) 22:30:04
設計屋さんのお気持ちも非常によくわかりますが、それだけで(3)が誤りとは言えないでしょう。
問題文では「…を考慮しなければならない」と書いてあるだけであって、決して「周辺への影響を考慮する必要はない」とは書いてないのですから。
しかし、トンネル科目の二次試験を受験される方は、ぜひ設計屋さんのお言葉を忘れないでいただきたいですね!(^−^)

(5)は正しいです。
トンネル標準示方書(山岳工法編)H.8年度版 P80 解説より
地山改良効果 地山内にロックボルトが挿入されていると、地山自身の有するせん断抵抗力が増大し、地山が降伏した場合でも残留強度が増す。このような現象は、ロックボルトにより地山の強度特性が改善されたということになる。

すると、解答は(2)か?
地山強度比=qu/γ・H (qu:地山の一軸圧縮強度、γ:地山の単位体積重量、H:トンネルの土被り圧)
なので、ちょっと考えると、トンネルの上の部分の重量を受けるから、γ・H=支保設計荷重 でいいんじゃん?と思えそうですが、
支保工で受ける荷重はそんな単純なものじゃないみたいです。
標準示方書によると、土圧だけでも、ヾ砲濺攬機´⊃燭療攬機´その他の土圧 のいずれが支配的であるかを検討する必要がある、となっています。

しかし、私もトンネル科目の技術士ですけど、山岳工法は詳しくないとはいえ、むつかしい問題ですねえ(ノ_・。)
もうちょい基礎的な問題でも良い気もしますけどね!(^−^;

18 名前: いさ 投稿日: 2006/10/10(火) 22:40:04
ちなみに(1) またもや示方書からですが
P251 第176条 膨張性地山のトンネル【解説】
膨張性地山のトンネルでは、地山の挙動と土圧の作用において特異な状況を示す。すなわち、トンネルが掘削されると、周辺の地山とともに坑壁が徐々に内空に押し出されてくる現象がみられ、甚だしい場合には掘削断面が著しく縮小し、工事に支障をきたすことがある。
このような地山の変位を支保工や覆工で抑えようとすると、支保工や覆工には大きな土圧が作用することになる。…その強大な土圧によって支保工が破壊したり、覆工コンクリートが変状したり、…
…となっています。
教科書に載っているから正しい、というのもあれですが(^−^;

19 名前: 日刊工業新聞社 投稿日: 2006/10/10(火) 22:43:28
日刊工業新聞社受験必修キ−ワード700 323ペ−ジには1が違うとなっているのだが。

20 名前: たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:24:22
正解が4で、あとはすべて大なり小なり間違いがあるような気がします。
1:膨張性と山はねの違い・・・材料としての膨張土圧、山全体としての強大土圧
2:計算の分母
3:環境=立地条件で代用 地下水=地山条件 あとは何でも等で逃げれば一応あっている?
5:地山自身の有するせん断・・・→地山と一体となって全体でのせん断・・・
  地山自身は変わらないのでは・・・
いやな問題ですね。

21 名前: がんばれ 投稿日: 2006/10/10(火) 23:35:52
「将来日本を支えていく技術者」のため、はっきりしておいた方が良いと思ったので記述しておきます。
地山条件:地形や地質、地盤、気候などは地山条件のことです。2006版トンネル標準示方書。P14。
立地条件:自然環境、社会環境、生活環境及び工事を規制する法規の事です。同上P28。
「広義では動植物の生態系も含むのはいかほどか!」という「設計屋」サンの強いご指摘ですが、
立地条件は「地形や地質のこと」ではなく、「周辺環境への配慮」のそれが立地条件なのです。
でも、「文面からはそう読み取れない」とか「周辺環境への配慮と書くべきだ」とか言われそうですね。

22 名前: BEN 投稿日: 2006/10/10(火) 23:51:08
自分はトンネルに詳しくないので詳細にはわかりませんでしたが、ネット
を調べてみて個人的に下記のように解釈しました(素人の解釈ですが)。

「膨張性地山とはトンネルを掘削した後、掘削した面が時間の経過とともに
徐々に内側に押し出されてくる山」のことですよね?

原因としては、

a) 地山中の粘土鉱物が吸水や除荷により結晶構造の層間に水を含んで
体積増加して発生する場合
b) 地山が周辺の地圧(土圧)に対抗できるほどの強度を持っていない
ために,塑性流動的な変位により発生する場合

とがある.
よって、(1)は正しくありませんか?

自分は素直に2番だと思ったのですが...。

23 名前: がんばれ 投稿日: 2006/10/11(水) 00:17:01
1の説明文としては、とても素人とは思えない完璧な解釈だと思います。
a)の内容をかっこよく言うと、「スウェリング」といいます。
b)の内容をかっこよく言うと、「スクィージング」といいます。
私も(1)は正しいと思います。
ただ、この問題はあれですね。国語の問題のようですね。
以下の文章を読んで作者の考えを選択せよ。みたいなもんですね。
どうにでも捉えられそうで、難しい問題ですね。
トンネルは経験工学だから、出題者の職歴やら年齢やらで答えが違ったりして。
実務経験者なら、ロックボルトがそんなに効くかなぁとか、作用荷重に対して十分な
強度って難しいよなぁ、とか考えちゃいますね。

24 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 00:32:22
素人考えで
教科書に載っているそうですが「地山自身の有するせん断抵抗力が増大」はイメージできない。変わらないはず。
「地山とロックボルトとが一体となってせん断抵抗力が増大」ならば理解できるのですが。

25 名前:yst 投稿日: 2006/10/11(水) 00:49:23
3にしました。深読みしすぎと言われればそれまでですが・・・
理由は設計屋さんとほとんど同じです。
周辺環境への配慮をもう少し前面に出さないとまずいだろうと思いました。
時代が時代ですからねぇ。

立地条件を辞書で検索すると、「立地に際して必要な、自然的条件および社会的条件」とあります。
例えば、設計屋さんのおっしゃるように「動植物の生態系への配慮」を例にとると、この場合自然的条件にあてはまるかなぁと微妙なラインですが、
自然条件というのは本来、地形や地質、地盤、気候を指すのが一般的な解釈であり、動植物の生態系まで踏み込んだ言葉かと言われれば、
それは間違いとは言いませんが、やはり「広義」です。

がんばれさんのおっしゃるとおり、「立地条件」ではなく、「周辺環境への配慮」とすべきだったのでは?

26 名前:がんばれ 投稿日: 2006/10/11(水) 01:52:34
この問題が面白くなってきたので、またまた書き込みます。
「設計屋」サンと「yst」サンの解答導出過程の根源にある「一般的な解釈」が、
この問題の複雑さを生み出しているのでしょう。一般的な解釈とは?
辞書?、自分の理念?、会社の方針?、社会の風潮?
トンネル工事は何を手本にするのか?
優先順位は、々事の特記仕様、各発注機関の技術基準、I現狹なマニュアル(トンネル標準示方書等)
と思います。※特記仕様書には関係法令遵守の記載は必ず有るでしょう。
そこで、この問題。試験は、それこそ一般的な人が受けるもの。
広辞苑を参考に答えを出してはいけないか?そんなことは無いでしょう。
そこで結論。この問題を以下の様に書き換える。
2006年度版制定のトンネル標準仕様書(山岳工法編)の記述の内、間違っているものはどれか?
とすれは、「一般的な解釈」にとまどうことは無いでしょう。
そうすると、立地条件には自然環境があり、自然環境の中には、
動植物(とくに希少な種)の生態系等が明記されているのですから。示方書P28。
ただしこの示方書でも、設計一般の通則第29条では、「立地条件」という言い回しではななく、
「周辺への影響」と書いてあります。ということは・・!?。
こんなに示方書読んだのは初めてです。とても勉強になりました。以上。

27 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 22:12:59
救済措置発動されるでしょう。

28 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 08:43:56
ロックボルトにそんな効果があるとは思えず(施工を見たこともないのですが)、5にしてしまいました。

29 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/12(木) 21:00:55
5にしたけど 今年の専門科目は正解予測が全然つかめない。

30 名前:ENO 投稿日: 2006/10/12(木) 21:32:07
2にしました。土被り厚×単位体積重量のことを支保荷重というのでしょうか?
聞いたことがありません。

31 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 22:21:03
同じく2です。回答としては2で間違いないのではないでしょうか。
昔、トンネル関係の業務に従事していましたため、皆さんと同じく全ての項目で
違和感を感じました。しかし、どれが最もおかしいのかというと2ではないでしょうか?
全ての知識を教科書から得ている学生の頭で考えれば。
しかし、よくない問題だと思います。トンネルに詳しい方が作ったのでしょうが、
問題をひねるために、当たり前のことに個人的な解釈が加わってしまっています。
解釈は絶対的なものでないため、他の人が見ると、明らかに整合が取れない点が
出てきてしまいます。

32 名前:いさ 投稿日: 2006/10/13(金) 09:32:36
>>31
(1)(2)(4)(5)は、単純に「トンネル標準示方書」の抜粋だと思うのですが。
トンネルに詳しい方が作ったとか作らないとかは関係ないですね(^−^;
もちろん問題文長の関係で簡略化して書いているのですが。
個人的には、この簡略化の時点で不具合が起きていることが多々あるように思います。
この問題はまだ良いほうですね。4-23などは簡略化がうまくいってない典型的例だと思います。

一次試験は、基本的に「教科書になんと書いてあるか」を問う試験です。
これは以前から何度も議論されていることなのですが…
詳しくはAPECさんのページを参照ください。
ttp://www.pejp.net/pe/ichiji/ichiji_H18.htm#3-2

33 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 12:30:29
消去法で2かにゃ

34 名前:kaniti 投稿日: 2006/10/13(金) 13:17:10
>>31
(1)(2)(4)(5)
(1)(3)(4)(5)?

35 名前:BEN 投稿日: 2006/10/13(金) 13:19:31
(3)に関して

(3)に書かれている文章は一般的かつ常識的なことだと思います。

他の構造物、例えば「トンネル」を「鉄塔」にして読んでみます。

「鉄塔の設計に当たっては,地山条件,立地条件,鉄塔の規模,工期,施工等を考慮しなければならない。」
これでも通じる文章だと思いますし、

「堰」にして読んでみます。
「堰の設計に当たっては,地山条件,立地条件,堰の規模,工期,施工等を考慮しなければならない。」
これでも通じますよね。

つまり一般論だとおもいます。
ま〜一般論ですから「経済性」「安全性」が盛り込まれていてもいいと思いますが
「等」が記入さていますから「地山条件,立地条件,鉄塔の規模,工期,施工」
に限定された文章ではないはずです。

よって(3)は正しいのではないでしょうか...?。

(2)について

トンネルに詳しい知人に確認したところ、
「支保設計荷重」は必ずしもγ×Hとはならないのだそうです。
「支保設計荷重」全てにγ×Hを用いると、支保は強度的にもたない
そうです。経済性等から「支保設計荷重」には、「地山のゆるみ」
を考慮して、地山厚Hよりも薄い厚さで計算することも有るとのこと
でした。

また、いささんが言われるように、「教科書の範囲での出題」を考え
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

36 名前:いさ 投稿日: 2006/10/13(金) 18:22:11
>>35
ごめんなさい、トンネル標準示方書からの抜粋は(1)(3)(4)(5)ですよね(ノ_・。)
(2)が誤り=この問題の解答、ですね。
混乱させてしまって申し訳ありませんでした…

(3)は>>35 BENさん他の方々のおっしゃる通りです。
示方書からのズバリ抜粋ではないですが、たどって読んでいけば正しい事がわかります。
一般論と考えても、無論、問題ないと思います。

(2)も>>35 BENさんのおっしゃるとおり、シールドや山岳トンネルで、ある程度深いトンネルならば、土のアーチング効果が期待できるので、鉛直土圧を少なめに見込めるらしいです。
(「緩み土圧」という。Terzaghiの緩み土圧式、というのが有名らしい)
開削トンネルの場合は、鉛直土圧はトンネル上部の土砂質量全てを見込むようです。地質によっては、さらに広い範囲の土の質量を見込む場合もあります。

37 名前:ちょっとかじりました 投稿日: 2006/10/13(金) 23:27:47
い任靴拭I集修微妙〜「強度発現」なんですか⇒「強度発生」では・・・文字が「誤り」!
「付着」は「設計」するの?

38 名前:いさ 投稿日: 2006/10/14(土) 01:49:57
>>37
日本語はむつかしいですよね(。・_・。)ノ
でも、示方書そのまんまの文書なんです。仕方ないです。

トンネル標準示方書(山岳工法編)H8年度版 P.71 第41条【解説】
吹付けコンクリートの設計にあたっては、…次の要件を満足するように設計しなければならない。
〆醉儔拿鼎紡个靴峠淑な強度がある
∩甦に必要な強度発現がある
C六海判淑な付着性がある
ぢ儺彑がある
イ呂擁屬蠅少ない
Ψ〆鑢未諒審蠕を確保する
発生粉じん量が少ない

39 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/14(土) 15:03:13
過去の問題では、ロックボルトの効果として、4つの効果がある。
それは、縫付け効果、はり形成効果、内圧効果、アーチ形成効果。。。
これが基本なんじゃないのかな〜。
これ以外に今回の地山自身のせん断抵抗強度が増大する!なんてね〜。
5つの効果に変わったのかな?
いまさらだけどね。

40 名前:橋梁屋 投稿日: 2006/10/17(火) 11:22:51
△間違い!
式の分母が「トンネル掘削場所の鉛直方向所期地山荷重」なら○かも・・・
支保構造に加わる荷重は、支保構造の特性、施工時期によって定まるとあります。
というのは、同じ地山強土比でも掘削後の内空変移の経時的な変化に応じて真の土圧は大きく変化するから。
その他、ゆるみ土圧も考慮するなど、支保の設計は経験的な判断も必要で、定量的に決められるほど単純じゃなさそうです。
「道路トンネル技術基準(構造編)」参照

41 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 14:24:28
今後の参考のために、イ正しいというソースご存知の方、教えてください。

42 名前:いさ 投稿日: 2006/10/19(木) 09:08:58
>>41さん
>>17でも書きましたが、
「トンネル標準示方書(山岳工法編)H.8年度版 P80」に記載があります。

インターネットで調べるなら、
国土交通省 九州地方整備局 「土木工事設計要領 第III編 道路編」道3−26ページ
に記載があります。下記URL
ttp://www.qsr.mlit.go.jp/s_top/h18doboku/douro/3-35.pdf

43 名前:いさ 投稿日: 2006/10/19(木) 09:10:29
>>42
すいません、道3−28ページでしたね(^−^;

44 名前:No Name 投稿日: 2006/10/19(木) 17:16:50
>42さん、41です
ありがとうございます!そのものずばりの記述確認できました。
地山が降伏した場合でも残留強度が増すことがあるとは勉強不足でした。
これで、すっきりしました。

戻る



31 4-31 (Res:18)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:57:03
4-31 施工計画に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) 棒式工程表(バーチャート)は,他の工種との相互関係,施工速度の追跡において利便性が高い。
(2) 交代数を多くとり,機械の1日平均作業時間を長くすると,労務費,機械設備金額,損料・経費が増大する。
(3) 点音源からの距離が2倍になれば,騒音レベルはおおよそ60dB(A)減少する。
(4) ネットフーク工程表の代表的なものには,PERTがある。
(5) 建設作業振動対策は発生源ではなく,伝播経路での対策が主流となっている。

2 名前:Mune 投稿日: 2006/10/09(月) 22:12:57
4しかないです。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:55:32
表という文字が気になったけど
い砲靴

4 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:55:48
4.にしました。
そのものズバリな回答はどきどきします

5 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 23:03:50
4にしました。

6 名前:なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 15:25:35
私は2の、交代数を多くとり、機械の1日平均作業時間を長くすると、労務費、機械設備金額、損料、経費が増大する。というのがまったく普通の文章だと思います。ちなみに4のPERAT手法のひとつがネットワーク工程表なのであって設問の意味は逆ではないでしょうか。

7 名前:いさ 投稿日: 2006/10/10(火) 18:14:36
ネットワーク手法の1つがPERTであり、他にはCPMというのもありますね。
ただ、PERTが余りにも有名になったので、「ネットワーク工程表」=「パート図」で定着しちゃってますが。
派生から考えれば、ネットワーク⊃PERT で間違いないです。

参考:「PERT(Program Evaluation and Review Technique) − @IT情報マネジメント用語事典」
www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/pert.html

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 22:38:57
△力務費は増大するけど工程が早く終われば機械設備、損料経費は安くなるのでは、い任垢諭

9 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:31:07
4です。
1は相互関係・施工速度追跡が難しい
2は、いずれ上がるのだが、労務費は倍額となるが、機械経費の時間単価は下がるので総額中の機械経費は下がることになる。
3常識的に60dBも下がることはないのでは?
5“生源伝搬経路 で対策するのが経費上得策。

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 02:10:38
私は現場は素人なので教えてください。

機械の運転時間が長くなれば機械の保守頻度が増え、故障の可能性が上がる
→故障したときには、作業停止による損料、代替機械を手配する経費が発生する
(しかも工期を考えるとメンテや代替機は至急手配する必要が高い)
→結果的に経費が増大するリスクが高い
と思うのですが、いかがでしょうか?

11 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 02:48:21
↑の補足です。
施工計画の段階では、そのリスクを織り込んで経費を算出することになるので結果的にリスクが上がる?

ちなみに、うちのオフィスでは忙しくて労働時間が長くなるときほどコンピュータがフリーズします。
事業計画ではPCの故障なんて日程や費用を見込んでいないので、当然泣きながら残業する羽目になります (T_T)

12 名前:なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 06:22:38
まったくもって、そのとうり、技術士試験は、幅広い知識の深さまで問うものでは無い。技術者としての基本的かつ合理的な考え方を問うものだ。

13 名前:siro 投稿日: 2006/10/11(水) 21:53:19
私は環境計量士ですが、距離が2倍になれば、騒音エネルギーは面積に反比例し、
1/4に低下します。騒音レベルは6dB下がります。

14 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/13(金) 21:29:43
でもなんで、手法という言葉を問題文にいれてくれないの?
なんか考えれば考えるほど、裏を読みすぎる。。。

15 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 11:19:48
い蓮PERTの代表的なものには,ネットフーク工程表がある。なら正だと思う。

16 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/14(土) 12:44:33
△間違いなら、問題文では【工程を短縮するため】という言葉が不足していませんか?
一般的に、工期が厳しくなって、突貫工事をやると工事費が増大しますよね?
どうなんだろ?

17 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/14(土) 15:44:21
しつこいけど、工期が短縮されているかは不明。普通に考えて増大する。
間違いではないでしょう!

18 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 01:08:51
正答はい任靴燭、間違ってません?
「PERT」はPROGRAM EVALUATION and REVIEW TECHNIQUEの略であり、計画の評価と再検討の手法のこと。
ネットワーク工程表の代表的なものには、PERT図(PERTチャート)がある。ならば、理解できるけど。

戻る



32 4-32 (Res:14)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:56:53
4-32 施工工法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) NATM工法は,粘土あるいはシル卜層,軟弱な地盤や滞水地盤におけるトンネル掘削工法として発展した。
(2) 過圧密粘土に対する圧密工法は,正規圧密粘土に対するほど有効ではない。
(3) ウェルポイントエ法は,水ポンプおよび真空ポンプにより地下水および地中の空気を吸い上げ,地下水位を低下させる工法で、シルトより細かい土の排水に適している。
(4) オープンケーソンエ法は,ニューマチックケーソンエ法に比べ,沈下を予定通り進めやすく,移動傾斜の修正が容易である。
(5) プレロード工法は,粘土中の地下水の浸透経路を短絡することにより,粘土の脱水圧密を促進することを目的として配置される。

2 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:26:56
△砲靴

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:32:11
おれも

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:36:55
ウェルポイントエ法は、粘土系には適していないと思う。

5 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:44:51
消去法で

6 名前:にょろり。 投稿日: 2006/10/09(月) 22:48:46
2にしました。

7 名前:MASAMI 投稿日: 2006/10/09(月) 22:50:58
・・・2

8 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:56:29
2.にした

9 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:58:06
2は・・・・・らしい

10 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:55:35
常識的に△犯獣任靴泙靴拭

11 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 04:26:57
me too

12 名前:阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:57:54
△任いい隼廚Δ茵

13 名前:たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:34:57
一応有効なのだけど、確かに比較すればそのとおりで2。
1:シールド
3:もっと砂質系
4:ニューマチックとオープンが逆
5:バーチカルドレーン工法のこと

14 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 11:45:44




33 4-33 (Res:9)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:56:41
4-33 「環境影響評価法」に開する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 地方公共団体も,独白の環境アセスメント制度を設けており,すべての都道府県に条例による制度がある。
(2) 「環境影響評価法」で環境アセスメントの対象となる事業は,道路,ダム,鉄道,空港,発電所などの13種類の事業である。
(3) 環境アセスメントは,対象事業を実施しようとする事業者が行う。
(4) 「環境影響評価法」による環境アセスメントでは,事業が実施される地域の住民に限らず,誰でも意見を提出できる。
(5) 「環境影響評価法」では,ダム事業や一般国道の整備事業はすべて環境アセスメントの対象となる。

2 名前:べてらん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:18:24
5です。国道は距離、ダムは面積によって対象なるならないが決まります。

3 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:24:04
これは
ダムは一種と二種で条件があった

4 名前:No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:33:10
(3)は微妙
市街地開発などの都市計画事業は、都市計画決定権者が行う(法40条)
全員に得点!?ってなんないかな

5 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 22:57:19
5.にした
国道工事もしょぼいのはしてなかったと思うから

6 名前:sen 投稿日: 2006/10/09(月) 23:08:18
基本的に工事の規模によってアセスメントの有無が決まりますね。
だからイ砲靴泙靴拭

規模が一定以下の場合でも、地域による上乗せがあったりするというのが,任垢、
「すべての都道府県」というのが少し気になりました。

7 名前:doboku 投稿日: 2006/10/09(月) 23:16:36
正解ァ
「環境省HP 環境アセスメント制度のあらまし」より
一般国道は4車線以上が環境アセス対象事業

8 名前:No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 04:28:20
たしか規模に関わらず問答無用で評価法の対象になるのは

高速自動車国道・首都高(的な道路)
新幹線
原発

だったと思い、イ砲靴泙靴

9 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 11:48:01


戻る



34 4-34 (Res:49) All First100 Last50 INDEX SubjectList ReLoad 14
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:56:29
4-34 環境問題に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 地球温暖化に関して日本国内の二酸化炭素排出量のうち,約2害ll程度を運輸部門が占めており,そのうち約9割を自動車交通からの排出が占めている。
(2) 自動車排出ガスのうち一酸化炭素については,排出ガス規制の強化により現在ではすべての測定局で環境基準を達成している。
(3) アスフアルト・コンクリート塊,コンでクリート塊及び建設汚泥の再資源化等率は平成22年度目標値を達成しているが,建設発生木材や建設混合廃棄物の再資源化等率は低く留まっている。
(4) 全産業廃棄物排出量の約2割,最終処分量の約2割,不法投棄量の約9割を建設廃棄物が占めている。
(5) 騒音対策のため,「幹線道路の沿道の整備に関する法律」に基づき沿道整備道路を指定し,緩衝建築物の建築費又は住宅の防音工事費への助成等を行っている。

2 名前: べてらん 投稿日: 2006/10/09(月) 22:17:28
4です。最終処分量は4割です。

3 名前: ゲーテルフンケン 投稿日: 2006/10/09(月) 22:55:36
建設汚泥の再資源化はすすでないような気がして 最近新たな動きもあったので
3 にしました

4 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:00:06
僕も、最近そんな話しを聞いたので3にしたのですが・・・

5 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:02:14
3にしました
木材は特に進んでないように思ったので

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:06:21
い任垢諭

7 名前: ガオ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:27:26
僕も某キーワード集で勉強して、「べてらん」さんとおなじくい世隼廚い泙靴拭
環境省のHPをみると「産業廃棄物全体の排出量及び最終処分量の約2割を占め(平成13年度)
また不法投棄量の約6割を占めています(平成14年度)」とありました。
最新情報ではないところが気になります。もしかしたらかも。

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:43:26
い覆痢

9 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 23:47:36
建設産業は、国内の資源利用の約50%を建設資材として消費・建設廃棄物の最終処分量
は、全産業廃棄物の最終処分量の40%を占める。←資料より
前文はともかくとして正解はい任后

10 名前: たとつ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:49:41
建設汚泥の平成17年度再資源化率は60%、平成22年度の目標値は75%。
よって誤り。が正解と考えております。

11 名前: たぬ 投稿日: 2006/10/10(火) 00:03:58
ttp://www.env.go.jp/press/press.php?serial=6516
こんな記事ありました。
H16年度の不法投棄量の86%は建設廃棄物ってことですかねぇ?

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 00:04:55
にしました。
環境省のHPには、「建設工事に伴って廃棄される木材やコンクリート等の
建設廃棄物は産業廃棄物の排出量の2割、最終処分量の約2割を占め、
また不法投棄量の9割(平成16年度)を占めています。」
ってなってますよ。

13 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 02:30:23
国土交通省のHPによると、平成18年3月27日付け記者発表で
建設汚泥のリサイクル率は平成14年実績で69%、
平成22年目標は75%となっているので、3の記述は間違いと思います。

よって、正解は3だと思います。

14 名前: 阪神ファン 投稿日: 2006/10/10(火) 19:59:06
 がんばれ!!

15 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 20:59:51
△琉貉晴獣坐任全ての観測局で達成しているって、正しいのかな?

16 名前: なましり 投稿日: 2006/10/10(火) 22:23:42
5、だと思います。道路の騒音対策工事はほとんど進んでおらず。大半は残されたままで、ほとんど手つかずであるのが、現状です。

17 名前: 日刊工業新聞社 投稿日: 2006/10/10(火) 22:41:08
日刊工業新聞社受験必修キ−ワ−ド700には365ページには
4が違うのだが。

18 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:29:28
正解は、5 のようです。
国土交通省のホームページで見つけました。
www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/pdf/fukusanbutsu/genjo/171110.pdf
これによると、
建設廃棄物は、産業廃棄物全体の排出量の約2割、最終処分量の約2割を占める。また 、不法投棄量の9割を占めている
建設汚泥は目標値75%に対して69%でした。
(平成14年調査実績)
試験では、4と答えたので非常に残念です。

19 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:31:06
↑ まちがえました。
  正解は、3です。

20 名前: たぬき 投稿日: 2006/10/10(火) 23:38:47
5:民間建築までの助成は道路財源でやっているのでしょうか??

21 名前: 111 投稿日: 2006/10/10(火) 23:46:55
い論気靴
H18国土交通白書そのままの文。
ちなみに、,皚も同上。
とりあえず、△ァ

22 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 00:12:28
幹線道路の沿道の整備に関する法律
第四章 沿道整備促進のための助成等
(防音構造化の促進等)
第十三条  道路管理者は、沿道地区整備計画の区域内において建築基準法
(昭和二十五年法律第二百一号)第六十八条の二第一項の規定に基づく条例に
より建築物の構造に関する防音上の制限が定められた際、当該制限が定められ
た区域内に現に存する人の居住の用に供する建築物又はその部分(以下この条
において「特定住宅」という。)について、その所有者又は当該特定住宅に関
する所有権以外の権利を有する者が防音上有効な構造とするために行う工事に
関し、必要な助成その他その促進のための措置を講ずるものとする。
とあります。ですからイ蓮誤っていないと思います。
よって△正解ではないでしょうか?

23 名前: 暗礁 投稿日: 2006/10/11(水) 01:39:01
イ正解だと思います。
これらの助成は、道路交通騒音の著しい地区において緊急措置として行われるのですから。常識的に考えて、「沿道整備道路を指定」したら助成金は莫大な額になってしまうでしょう。

24 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 12:21:48
問題として、ある選択では、平成14年での数字、またある数字では、平成16年度
というようにどの時点での数字を問うているのか位は明記すべきじゃないかと
思います。「最新の」というのが暗黙であれば、問題出題の前提として何か断っ
ておくことも必要じゃないですかね。
例えば、不法投棄量の約9割を建設廃棄物が占めている。なんて言葉だけ報告書に載せたとしたら
絶対、「いつの時点で・・・」と聞かれますよ・・
平成14年白書では・・・全産業廃棄物排出量の約2割、不法投棄量の約7割だそうです。

25 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 19:23:55
ttp://www.actec.or.jp/blog/archives/2005/08/post_177.html

建設汚泥の再資源化等率は平成17年目標(60%)を達成していないようです。
よってが正解

26 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 20:45:10
試験が終わって、皆、いろいろ調べているのに
意見が分かれる。

これは出題する側が明らかにおかしい。
はっきり言わせてもらえば、愚問です。
出題者側には、技術者としての資質がありません。
厳しい意見ですが・・

27 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:24:07
3、4にしろ最新のH17の実績が答えになるのか、過去の実績をとりまとめて最近報告したものが答えになるのかです。
つまりは、年によって数値が動くのであれば何年度実績と指定しなければ出題ミスなんでは?

28 名前: なましり 投稿日: 2006/10/11(水) 22:54:11
絶句、いたしました。技術士一次試験は、理工科系大学卒業程度の学力があるかどうかを確認する試験なのです。ちなみに試験問題の出題者は勿論の事極秘とされ、出題者が問題を考えて技術士会に提出する場合は、ちゃんとしたその問題の正答とする根拠を提出しているわけでして、正答が発表されれば、それで納得する以外ありません。私は純粋な気持ちと信念において書き込みしていたつもりでしたが、なんか勘違いした人をも私があおってしまったようなところを、私は大変、反省いたしております。従いましてこの件に関してはいずれの問題においても退かさせていただきます。

29 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 23:43:39
ttp://www.jari.or.jp/ja/kankohbutsu/jido/jido_pub/377.html

とりあえず,△論気靴い茲Δ任垢諭

30 名前:T-Yo 投稿日: 2006/10/11(水) 23:50:27
については、今年の2次試験にも類似の問題が出ています。小生はこれが回答だと思います。

31 名前:No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 23:50:38
ttp://www.mlit.go.jp/singikai/koutusin/koutu/kankyou/1/shiryou5.pdf#search='%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0%E6%8E%92%E5%87%BA%E9%87%8F%20%E9%81%8B%E8%BC%B8%E9%83%A8%E9%96%80%20%E5%89%B2%E5%90%88'

少し古いですが,,盥腓辰討襦

32 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 00:39:48
いろいろ調べてみたのですが,が正しいってものは見つけることができません。
出題内容の是非はともかく,出題者側はを誤りと考えていると思います。

でも,今年の試験は嫌な問題が多いですね。

33 名前:1111 投稿日: 2006/10/12(木) 09:20:37
3は正しいです。
結局、この問題は白書を読んでるか読んでないかを確認してる問題で、愚問でもなんでもないと思いますよ。

34 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 11:42:21
イ隼廚い靴泙靴拭
初めて受験しましたが、技術士会の方では「技術士の人数が足らない」
と言いつつ、何でこんなに問題が紛わしのでしょう。
本当の技術や情報は、現場で身に着けるのだから、エンジニアとして真に
問われるのは、経験とモラルじゃないのですかね。 判定が微妙に成れば成る程、
法の悪質な掻い潜りが起こります。

35 名前:たむ 投稿日: 2006/10/12(木) 12:59:45
3は絶望でしょうか。

白書を一度読みましたが・・・・は何割、の数字まで頭に残りませんでした。

36 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 13:21:25
はっきり言って出題ミスだと思います。

調査実施年度はともかく,今年度に国土交通省から発表されているのですから。
常識的に考えて,この数字が公表されている最新と判断すると思います。

白書に記載されているのであれば,,い匹舛蕕眄飢鬚砲垢襪戮では?

みなさんどう思いますか?

37 名前:今年もダメかも 投稿日: 2006/10/12(木) 14:03:39
古墳も学校教育も満足にできない官庁が他の権威ある官庁の白書から出題するから
こんなことになると思うのは私だけでしょうか?
この出題だけでなく各出題に解答の相違があることは、はなはな遺憾であります。

38 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 16:53:30
>37さんに同感です。
この分野の場合、基本的な記述内容が同じでも、国交省と環境省で法令名が違ったりします。
-35でも議論の対象になってます。
しっかり整合をとるなり、限定するならば△年、○○省の「 」によるとと、
ソースをはっきりして頂きたいものです。
妙に細かい内容を問う割りに、肝心なところが曖昧過ぎると思います。
相応な経験の技術者が受験して、答えが割れてしまう様な問題はおかしい。

39 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/12(木) 20:14:27
建設汚泥は達成していないので3.が誤り(つまり正解)


平成18年度循環白書(ttp://www.env.go.jp/policy/hakusyo/junkan/h18/html/jh0601010100.html)より
「コンクリート塊及びアスファルト・コンクリート塊については、・・・平成14年度の実績でいずれも建設
 リサイクル法の目標である95%を越えています。
 ・・・
 そのほか、・・・再資源化等率が低くとどまっているものに、建設汚泥と建設混合廃棄物が挙げられます」

4.が正しいのは国土交通白書〈2006(平成17年度年次報告)〉で明記されています。
  ttp://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h17/hakusho/h18/index.html
「全産業廃棄物排出量の約2割、最終処分量の約2割、不法投棄量の約9割を占める建設廃棄物の発生抑制・
 リサイクルの促進は緊急の課題」
 同じく環境省が公開している「建設廃棄物の現状」のリーフでもわかります。
  ttp://www.env.go.jp/recycle/build/genjyo.pdf

白書間の違いはないですよ。

40 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/12(木) 20:16:22
蛇足ですが

建設廃棄物は不法投棄で
 件数は6割
 量は9割
です。

41 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/12(木) 20:19:34
>40
間違えた。 件数は5割、 量は9割でした。

42 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/12(木) 21:07:58
2にしました 全ての測定局という言葉にて判断。 この問題も後味が
非常に悪い。

43 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/13(金) 21:25:01
リサイクル化が進んでいる時代なのに、建設廃材が9割も不法投棄されているの?
納得いきません。

44 名前:No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 23:11:09
H15とH16には、岐阜と静岡で一件とてつもない不法投棄があったみたいです。
H14は、6割じゃなかったかな?H17も一件の変な不法投棄がなければ6割になっているんでは?
H17の実績は報告されてるのかな?少なくとも環境省あたりに聞けば数値がわかるかも。
でもし、数値が9割でなかったらどうなるんだ?

45 名前:ふん。 投稿日: 2006/10/14(土) 08:20:11
私が勉強した参考書には、建設リサイクル法が施行された目的は、産業廃棄物全体の
20%、最終処分量の40%、不法投棄量の70%以上を占めていることなどから、
廃棄物の減量を図ること。と説明されていました。平成14年度だけど。。。。
やっぱり、いつの時点か教えて欲しかった。

46 名前:111 投稿日: 2006/10/14(土) 14:21:57
すみません
が間違いですね。
建設汚泥は目標を達成してない。
以下白書
『一方で、建設発生木材や建設混合廃棄物、建設汚泥の再資源化等率は低く留まっており、更なる取組みが必要である。』

47 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 18:20:00
答えでしたね。でも45さんと同じでせめていつの時点か知りたかったぁ。

この問題文と類似している、2次試験・建設一般11番の建設環境分野の問題では『平成14年度』って
いつの時点かちゃんと明記してあったのに…マジくやしい。1次試験もちゃんと明記しといてくれ〜

なんかメールか郵送で出題ミスについて抗議できるらしいけどちゃんと見てくれるのかな?
とりあえずみなさんお疲れでした。

48 名前:No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 08:03:41
いつの時点?常識で考えよう。昔の時点のわけがない。こんなの抗議するなんてアホ丸出し。

49 名前:ふーむ 投稿日: 2006/10/17(火) 12:04:01
平成17年度技術士二次試験の建設一般の問11のでは不法投棄量の6割が公式解答になっています。あきらかにミスですね。過去問をよくチェックして日本技術士会は適正な救済策を出してほしいですね。

また平成16年版循環型社会白書においても6割になっています。

戻る



35 4-35 (Res:39)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/09(月) 21:56:17
4-35 環境対策等に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

(1) 「騒音規制法」では,建設工事として行われる作業については,くい打機など騒音を発生する全ての作業を規制対象としている。
(2) 「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」では,対象建設工事の受注者は工事着手の7日前までに都道府県知事に分別解体等の計画を届け出なければならない,としている。
(3) 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では,都道府県知事が指定区域内の土地の土壌汚染により人の健康被害が生ずるおそれがあると認めるときは,土地の所有者等に対して汚染の除去等を命ずることができる。
(4) 平成16年に策定された「ヒートアイランド対策大綱」では,人工排熱の低減,地表面被覆の改善,都市形態の改善,ライフスタイルの改善の4つの目標を掲げている。
(5) 地下水障害が広範囲に発生した濃尾平野,筑後・佐賀平野,関東平野北部においては,環境基本計画に基づき,地下水の利用の適正化と保全を図っている。

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/09(月) 22:25:33
4ですね。

ちなみに、
3は「廃棄物の処理・・・法律」ではなくて「土壌汚染対策法」

3 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/09(月) 23:04:06
都市形態の改善の意味がわからないまま4にしました
公共交通への転換の意味でしょうか?
迷った5は、佐賀平野で地下水問題があったのかなと思ったので

4 名前: しん 投稿日: 2006/10/09(月) 23:19:38
ヒートアイランド対策大綱には以下のようにあります。

ヒートアイランド対策は、これまで/郵排熱の低減、地表面被覆の改善、E垰垠疎屬
改善を柱として進められてきたが、人々のライフスタイルの在り方等がヒートアイランド現象の形
成に大きく関わっていくことから、ぅ薀ぅ侫好織ぅ襪硫善についても対策の柱の一つとして位置
付け、国民の理解と協力のもとヒートアイランド対策を推進していく。

よってい任蓮

5 名前: サブコン 投稿日: 2006/10/10(火) 22:48:21
まさに最近発注されていましているのが、△世茵´△正しいよ

6 名前: No Name 投稿日: 2006/10/10(火) 23:51:49
5は正しいと思い5にしました。他はよくわかりませんでした。
いずれも日本を代表する地盤沈下地帯です。少なくとも井戸利用の規制による
地下水利用の適正化は行っていると思うんですが・・

7 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 00:17:10
完全に4ですね。
自分は2にしましたが、受注者→発注者または自主施工者ですね。

8 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 00:54:28
い正解だけれども、イ蘯里討れない。

環境省の「環境基本計画」www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/plan/new/
の「参考資料2 環境保全に関する個別課題に係る既存の目標等」に「地盤沈下防止等対策要綱に係る目標(概要)」があり、
「濃尾平野、筑後・佐賀平野、関東平野北部における地下水採取量について、目標年度として設定された目標を達成する」と記載されています。

それから、環境省、国交省、内閣府のHPにも、これら3地域で地下水障害が広範囲に発生したことが記されています。

ぁ↓ノ省正解かな。

9 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 12:08:28
たしかに環境省の「環境基本計画」の本文にも以下
www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/plan/new/
(7)地盤環境の保全
地盤沈下とこれに伴う被害の著しい濃尾平野、筑後・佐賀平野、
関東平野北部の各地域について、地盤沈下防止等対策要綱に
定められた目標を達成するため、適切な対策を実施します。
とあり、い鉢イ匹辰舛覆鵑澄次??

10 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 15:53:57
確かにぁ↓ノ省とも環境省のhpで確認できますね。この場合、どうなるのでしょう。
ぁ↓チ択者のみ加点?この問題選択者全員加点?
私は、イ里漾∨[名等に「 」が無いのがひっかかり、選んでしまいました。

11 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 16:30:58
出題者は、い鉢イ砲弔い董国土交通白書から文章を引用しているものと
推測されます。
そうであれば、白書においては、イ痢峇超基本計画に基づき」が「地盤沈下防止等対策要綱に基づき」
となっているため、イ牢岼磴い箸靴燭い里任呂覆いと思われます。
したがって、正解はい砲靴燭い里任蓮

12 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 16:56:04
情報源を確認してない出題ミスですね。両方正解。

13 名前: 阪神ファン 投稿日: 2006/10/11(水) 18:25:11
出題ミスに期待!!!お祈り。

14 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 19:42:14
でも結局、正解は4で片付けられそうな気が。

15 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 20:04:56
一応試験センターに4−23の問題とともに
問題ミスの可能性を指摘しておきました。

16 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 20:53:26
>15
今回の試験は出題ミスが3問程度あります。
こんな程度の出題しかできないセンターが作る問題は
はっきり言ってもううんざり。
もう、試験は受けたくないです。
問題が悪すぎます。
技術士の1次試験というものを分かっていない。
こんな問題になったのは、センターの意向がみえみえです。
はっきりと抗議するべきだと思います。

17 名前: No Name 投稿日: 2006/10/11(水) 21:12:24
>14
抗議しましょう。一緒に

18 名前: サブコン 投稿日: 2006/10/11(水) 23:34:19
だから△任垢茲世辰董元請の受注者の現場代理人の私がその書類を作成し、先ほどコリンズの登録・工事カルテ
をすましたもん。発注者の役所はそんなことしないよ。

19 名前: サブコン 投稿日: 2006/10/12(木) 00:06:36
△牢岼磴┐世辰燭蕕靴ぁ調べたらあれは発注者の役所が出す書類だったんだって
ということは、役所は業者にやらせて何もしないのかな?ガラの数量や単価を入れてA4の紙4枚程度作成したような気がする

20 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/12(木) 00:09:38
い任皚イ任發いい韻鼻¬簑蟯岼磴い両豺腓蓮解答した皆さんが点数をもらいたい。だって△砲靴燭里
その場合どうなるの?

21 名前:サブコン 投稿日: 2006/10/12(木) 00:13:13
すくなくても、問題の間違いなので、全員正解などの例はいままであるのかなあ?

22 名前:No Name 投稿日: 2006/10/12(木) 14:16:16
技術士会が公式に出題ミスを認めた場合に全員正解になるかと。

23 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/12(木) 20:30:42
選択してないので関係ないのですが
H17の出題ミスは選択回答者全員を正解にしたようです。

ttp://www.engineer.or.jp/examination_center/Press_announcement/2005_1.pdf

24 名前:まさぱ 投稿日: 2006/10/12(木) 20:32:34
>23
また間違えた。
4−23は選択してないけど、こちらは選択解答してました。

25 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/12(木) 21:24:21
この問題が最後の問題、最後まで不愉快な問題。今年の専門科目・4問も意見統一が
なされない? 去年落ちて今年こそはと思っているのに、16日の正解発表が平穏に
終わるの?

26 名前:いさ 投稿日: 2006/10/12(木) 22:32:59
この問題だけは、(4)(5)どちらが正解だか、見当がつきませんね。
正解発表が気になるところですね。

27 名前:今年も駄目かも 投稿日: 2006/10/13(金) 01:22:17
現在専門4点足りず。意見の分かれる4問選択。もし4問出題ミスなら。ふふふふふ・・。

28 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 03:17:31
わーい!みなさんの熱心な議論から推測させていただくと、なんかの間違いで受験しに行った私は、合格みたいだわ=1それにしてもみなさんもの凄くハードに仕事したあとでも、考えられないまでにも勉強しておられるんですね。社会の公益と福祉のため、我が身を捨ててまでにも、日夜、自己研鑽され続けておられる建設技術者のみなさまって、とても、素敵だわ1

29 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 03:44:40
それにしても、答えの決めようもないまでもの技術士一次試験って、世間一般の学校や他の公的資格試験とは、まるで別物よね。そもそも建設業界の日々の仕事は、仕事がまとまるまでの残業なんか暗黙の了解の常識だし、官公庁からの、たわいもないことに対するねちねちとした、間違ってないなら根拠を述べよ<<<<<<<、等の無理な要求にもひたすら耐える世界って、世間一般の常識からは別物よね。これでオタク女1とバカにしてた丸阿呆ローライズGパンOLのお友達にも、自慢できるわ1

30 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/13(金) 12:58:23
解った! 今年の専門は正解がいっぱいある。 それで合格者を増やそうという
暖かい配慮。 よかった・みなさん喜べ!

31 名前:私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/13(金) 19:02:41
ちょっと、貴男、念のためにおたずねいたしますが、試験の意味と五者択一の意味を本当にご存知なのかしら、一つの問題につき正解はひとつなのよ。
それをみんなで考えているところなの、昨日の深夜はみなさんの議論内容を私なりに検討した結果、もしかしたら??????
自分で勝ってに盛り上がっていただけのおはなしよ。だってみなさんが落ち込んでたらかわいそうじゃない。それに冷静になって考えたら、わたしが合格するはずないじゃん。だって私は上司の受験するはずの受験票に素直に自分の名前と住所とかを書いて出してしまった、自分でも最初に書いてるとうりの阿呆!

32 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/13(金) 22:56:23
私、お友達のお友だちのとっても素敵な建設技術者の殿方にきめゃつたわ、私の直アドはっっっっx(仮想技術士倫理委員会より、この文章以下、5行、緊急カット!!!!)
私の責めの好みのプレイは、勿論、鞭、?燭、緊縛、、、、、、、(仮想技術士倫理委員会、以下、10行以上、緊急異常事態により、カット!!!!!)
ほら、そこ、そこよ、ああ、いい感じ、もっと、そうよ、そこ、じゃないわ、なにを、しているの?そう、そこ、その、赤くなっているところよ、
Ah-a,Ah----,ほら、いい感じじゃないの、、。。。。。(仮想技術士倫理委員会、以下全面カット!!!!!!!)

33 名前:No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 11:05:05
>31・32 技術士会の回し者!

34 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/14(土) 12:57:57
みなさん試験問題を持ち帰った方は、もう一度試験問題を確認下さい。
1問題について解答欄に2つ以上マークした問題は、採点の対象となりません。と書いてあるでしょ
次の35問題のうち25問題を選択して回答せよ。(解答欄に1つだけマークすること。)と書いてあるでしょ
各問題に誤っているものはどれか?正しいものはどれか?と書かれているでしょ
解答欄に2つ答えてはいけませんが、誤っているものが1つ・正しいものが1つとはどこにも書いてないでしょ
これは問題作成の逃げ道=正答が一つとは限らない
五者択一の記入は守らなければ守らねばなりませんが、くどい様ですが正解は1つとはどこにも書いてないし、
誰も言ってないのですよ。

35 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 01:05:11
試験問題に対しての、解答を、判断するのは、出題者です。つまり、マル(丸)○、か、バツ、罰、×、。
早い話しが、貴男は、どうして欲しいの?
勿論、分かっているわよね。
キツイ、お仕置きよ!!!!

36 名前:ぜったい合格 投稿日: 2006/10/15(日) 18:24:04
ふー  やっかいなヤツ。 まー どうして欲しいと聞かれると。
お仕置きは嫌だけど合格したい。へそは私の意見に対して反抗的なの? 誉めてるの? 私に特別な興味を持ってるの?
あるいは暇なの? ちと 私をかまっているみたい。(50すぎの現場技術屋をどうするつもり?)
私の意見はノリの一つ、あなたも同類と考えれば他の人に迷惑なのが二人以上いるということになる。
この試験には、まじめなのか? 頭が固いのか? りっぱなのか? いろんな人がいる。 じゃますることはしてはならない
冗談も通じる人とダメな人がいる。 お互いくれぐれも他人のじゃまはしないようにしよう、約束できる?

37 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 21:48:25
おほっ、ほ、ほ、ほ、ほ。。。。。約束できる?なんて、何の事かわからない文章なんて、当然、約束できないわよ!
トップのページにわりとまともな事を書いていたので、少しは褒めてあげただけ。
約束できる。なんて、貴男、男の子が女の子に言うなんて、貴男、私とすこしは、つきあった気でいるのかしら。
目立つほど、あまりにものの楽観主義者なので、チョツと、おちよくっただけよ。
当然、つきあう気なんて、さらさらないわ、さようなら。

38 名前:No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 19:27:34
 これも順当にい任靴燭諭
イ呂燭靴に環境省の「環境基本計画」の本文にも以下
(7)地盤環境の保全
地盤沈下とこれに伴う被害の著しい濃尾平野、筑後・佐賀平野、
関東平野北部の各地域について、地盤沈下防止等対策要綱に
定められた目標を達成するため、適切な対策を実施します。

 とありますが、よく考えて読んでみると
「地盤沈下防止等対策要綱に定められた目標を達成」ってあります。
 つまり地盤沈下防止等対策要綱に基づいているのは明白です。
 よって誤りなので、正解はい里漾L簑螢潺垢任呂△蠅泙擦鵝

39 名前:No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 12:25:22
「地盤沈下防止等対策要綱に定められた目標を達成」も、環境基本計画の中の記述であり、
ここでの記述はすべて環境基本計画に基づくことになると考えます。
また、法令名と内容の正誤を問うならば1〜4肢と同様に「環境基本計画」とかっこでくくるべきです。

戻る



36 建設部門専門科目全般について (Res:113)
1 名前:APEC 投稿日: 2006/10/13(金) 18:09:00
議論も一段落し正解公表を待つのみですが、ここで本部門の専門科目全般について意見交換するスレッドを立ち上げます。
今年の感想やポイント、勉強法紹介やエピソード、科目の方向性など何でもけっこうです。
ただし、あくまでこの部門の専門科目についての話題でお願いします。

2 名前: No Name 投稿日: 2006/10/13(金) 21:06:56
専門は全般的に問題文の表現の仕方がおかしかった。ひねるポイントがずれてる。ってのが一番な感想です。
ところで、この掲示板でいろいろ問題ミスだとかいってるけど、かんじんの合否を決定する人達はどうやって問題ミスに気づくんだろう。この掲示板を見てるのだろうか?毎年出題ミスはあってその都度全員正解とかっていう処置とってるけどさ〜。今回の問題っておかしいとこ結構あるでしょ?それを納得する理由できちんと説明(ネットで一問一問各選択肢ごとに)してくないと困るよね。
16日に正答発表して答えがおかしかったらどうやって抗議すればいいのか誰か教えてくり。

3 名前: ぜったい合格 投稿日: 2006/10/13(金) 21:24:03
本年度の専門科目の一部において、正答が複数あります。これは当初から織り込み済みのことであり
処置の方法は出来上がっております。まず複数の正答においてはそれぞれ2点、又、複数正答の含ま
れる設問においては必ず時間のロスが出ます。それを考慮しましてそれらの設問の不正解にもそれぞ
れ1点を与える事が決定しております。・・・・・・ということになるかも知れません。

4 名前: なま 投稿日: 2006/10/13(金) 21:51:32
お久しぶりです。

5 名前: なましり 投稿日: 2006/10/13(金) 22:16:57
お久しぶりです。みなさま。とりあえず、出題ミスだとか、複数正答とかの話は、抜きにしていただいて、ゆっくり語り合おうでありませんか。試験は難しかったようですね。私も翌日は、まっ昼間からヤケ酒、ふて寝でした。そうでなくとも、緊張のまっただ中で、なんか、隣国では、はたはた迷惑な,なんかの爆発実験なぞと、さぞやお疲れのご様子でしようが、建設技術者に対してのこの、惨いまでの仕打ちは、なんか世間での談合、姉歯、などの建設業界への世間の不信感に対して、純粋な我々受験者にもしわ寄せが来てるのかmo。それにしても日本は国際的にみても技術士が不足しているはずなのに、本当に大変な事です。JABEE認定校が増えているのはいい事ですが。現場での経験者も必要なのであって、このような問題はいかがしたものかとも/////

6 名前: Y子 投稿日: 2006/10/13(金) 22:36:15
昨年から引き続き2度目の受験でした。
やっぱり、土質、鋼構造コンクリート、河川水理が中心の出題でしたね。去年に比べればいくぶんか(たぶん2問位?)偏りが解消されたような気もしますが、やはり非・土木系には辛いです。でも、まあ、この分野が建設の基礎だから、と言われれば反論できないわけで。
あー、出題ミスによる全員配点で合格できてもあんまり嬉しくないかも。

7 名前: MUNE 投稿日: 2006/10/13(金) 22:38:39
まずこのように試験問題について議論する場を与えてくださった
APECさんに感謝します。ここで書き込みをするために必死で調べたり
したことは、先の2次試験やこれからの土木技術士として有意義な物
になったと思います。(でも落ちてたりして・・・)
 今年初めて、技術士試験を受けましたが、試験問題の感想としては
本当に大学で学んだレベルを想定しているのかな?と感じました。
(大学生は国交省白書等の細かな数字まで暗記しないと思いますが・・・)
もう少し大学で学ぶ基本的な問題にする必要があるのでは?(出題への疑問も減るし)
その代わりに問題数の増加と合格点数の引き上げは必要になると思います。

 あとは16日の発表を待つのみです!みなさんお疲れさまでした。

8 名前: kaniti 投稿日: 2006/10/13(金) 22:46:54
難解そうで実は昨年の問題よりは手掛かりのある問題が多かったような気がする。
昨年は勉強してなくて今年は少し勉強したから?
いえいえ、試験の直前に昨年の問題を見てみたけれど平均して絞りづらい問題が多かった。
難易度が増したのは適正のみか?

9 名前: まさぱ 投稿日: 2006/10/14(土) 00:17:45
技術士補≒1級土木と考えて試験勉強もせずに受けた愚か者です。
技術士と、施工管理士とでは知識の問い方が違い戸惑いました。
求めるものが違うのですね。
国語力を試されるような問題も多く深読みしすぎたりしました。
過去問などを確認しておくべきだったと今さら思ってます。
試験センターで公表される答えは、選択肢番号のみのようなので、
この掲示板で多数の人の考え・解き方を聞けるのは非常にありがたいです。

10 名前: おいら 投稿日: 2006/10/14(土) 01:34:43
>専門は全般的に問題文の表現の仕方がおかしかった。
>ひねるポイントがずれてる。
私にしてみれば、逆に、みんながどうしてそんなにひねった考え方をするの
だろうということも感じました。みなさん、それだけ必死に取り組んで、
考えたということなのでしょうが、もうちょっと、問題文だけで考えるよう
にしたほうがいいと思います。いろんなことを想定したりすると、とたんに
難問だらけになってしまいます。
他のところにも記述がありましたが、
知ってる人には当然に思えることが、知らない人にとっては、そんな曖昧な
こといわれてもぉ...ということもあるようです。それはそれで、受け入
れるべきで、次年度以降に同じようなことがあれば、それはそれとして、対
処できるように向上していけばよいのではないでしょうか。
私自身が、あまり資格というものに興味がないから、覚めた眼で見れるのか
もしれませんが....

11 名前: なましり 投稿日: 2006/10/14(土) 02:45:26
まあ、そういう印象もうけましたが、普通に素直に問題の文章を、読んで自分が思って考えたとうりに答え、後は消去法で、考えて解答を決めて、早くその場から逃げて次の問題にとりかかるだけですよ。ひねるポイントなんて考える必要はありませんし、問題の表現のしかたなんてありません。人の表現に対して正解を決めるなんてありませんからね。私が笑ったのは、学校教育を受けている人ならあたりまえの、単位とか、数、などの話にその業界の一部の分野で、w=なんかが、0,5でも、50パー、でもあたりまえのことなんて、その一部の分野の人たちしか知らない話で、そんな事をどうのこうのなんて関係ないです。技術士一次試験のポスターには、どなたでも受験できます。つまり、いくら建設部門の分野が広いからといっても、目指すものは、公益、であって、そのための技術が必要なら、日々の生活から考えて思った事からでも学びとり、より良い世界を築いていこう!という、精神なのですよ。
あれを知ってるこれを知ってるなんて、話じゃなく、ましてや、どっかの文献とかにこうのっている。なんて話はもう、うんざり、です。基礎科目は、自然科学全般に及びかなり広範囲の分野から幅広く出題されましたが、建設工学こそ、自然科学、のみならず、社会、人文科学、まで幅広いなりに重要な事を学んでいく必要がありますね。

12 名前: BEN 投稿日: 2006/10/14(土) 04:13:02
皆さんお疲れさまでした。長文で失礼します。
合格、不合格は別にして(後者の方が強いかな)受験後の感想を書かせてもらいます。

(1)専門科目の問題に関して
この試験は技術範囲が狭い自分にとっては難しすぎます。
各部門(道路部門とか河川部門などの各部門)での内容は教科書レベルの簡単な問題なの
かも知れませんが、なんせ幅が広すぎます。
実際に問題を解いて確実に(自信を持って)正解を選べたのは10問に至りませんでした。
残りの解答数15問は「半信半疑」および「当てずっぽ」でマークシートを塗りました。
技術的に限られた仕事しか受注出来ない会社や、いろんな仕事を受注できるような大きな
会社であっても、専門性の強い部署に所属している人にとっては結構難しい試験だと思い
ます。(だけど当社でも合格している人はちゃんといますけど。)
もっと各部門共通として必要な専門問題を重点的に出題すべきではないかと思います。
でもって、各部門の専門性の高い問題を二次試験で出題すればいいのではないでしょうか?。
「ダム」や「港湾」および「発電土木」「鉄道」などは自分においては今までも、そして
これからも経験しない分野だと思います。
(けっして、広い知識は必要ないとは言いません。)
だからといって自分が試験の出題傾向を変えられるわけではありませんが...。

(2)試験勉強に関して
自分にとっては試験勉強方法は、「幅が広くて、そんなものなし」と言うのが最も正しい
気持ですが、強いて言えば、土質やコンクリートや水理などの、どの部門でも必要となる
分野の図書は普段から気にして読むようにしました。また、読むべきでしょう。
あとは仕事(OJT)ですかね。
試験時においては、「深読みしないで素直に常識で答える」「最後まであきらめない」と
の先輩(もちろん一発合格者です)のアドバイスを守りました。
良い結果に出れば幸ですけど...。

(3)その他
去年も受験しましたが(基礎科目で不合格)、去年より電卓に関して厳しいチェックが入っ
ていました。
同じ教室で受験した人の中には電卓を使用しないように指摘されていましたし、自分と一
緒に受験した後輩は、昼休みコンビニへ電卓を買いにダッシュしていました。
また、去年は教室が暑くて自分も含め受験者の何名かはTシャツに汗をふきふき、窓ガラ
スは曇った状態で受けていましたが、我慢が出来なくなり試験官に暖房を落としてもらう
ほどでした。
しかし、今年も去年と同じ受験会場でしたが今年は快適でした。
寒ければ上着を着るなりで対処できますが、暑いのはつらい(太っているので)。
受験には体型の自己管理も必要かも...(^-^;)。

では。

13 名前: ブラックバス 投稿日: 2006/10/14(土) 07:25:39
今年で3度目の受験となりました。
今回わかったことは、勉強してもしなくてもそれほど結果は変わらなかったと云うこと。
去年は、勉強やった割に基礎でぼろぼろ・・・専門もぼろぼろ・・・。
今年は、勉強する環境が整備できず、やらなかった割には基礎も専門もいい所行ってます。
16日の公式正答が待ち遠しい状態です。

しかし、補はとれても士は取れるんでしょうか・・・?
なんかRCCMのほうが実があるように感じてきています。

14 名前: ヒガミ 投稿日: 2006/10/14(土) 08:06:49
JABEEでサラッと士補になった人にぜひやってほしい問題だと思いました。

15 名前: shige 投稿日: 2006/10/14(土) 09:48:54
みなさん本当にお疲れ様でした。
専門科目について私の感想を挙げさせてください。過去問は専門分野について
広く浅く(基礎的な事にたいして重点)といった印象でしたが昨年度より、ちょっと
奥底までの必要を感じました。となると自身の専門を中心に14問を選択して、後の
部門は完全にすてた試験勉強をするしかないかなと思っています。それから、参考書
なんですが、あくまでも参考書で頼りすぎると失敗するってのが率直な感想です。

ブラックバスさん、私も今回の発表が待ち遠しいと思えるが、補はあくまでも士になるための
段階であると考えてなす。士を取るって意気込みでやってみませんか。
私は第1次試験の経験回数も多く自分の基礎能力不足を痛感していますが、今後の発展を考え
必ず士に這い上がってやろうと思っています。
それではみなさん(私をふくめて)に、よい結果が届くことを祈りまして・・・

16 名前: なましり 投稿日: 2006/10/14(土) 10:32:05
いやいや、みなさん、本当に大変なご苦労でした。今回の一次試験は、あくまで基礎!二次試験は応用能力!漫然と仕事をこなすだけではなく。創意工夫を意識して、業務の遂行に邁進いたしましょう!私を含めてですが、技術士会でお会いできれば、うれしいです。

17 名前: みーたん 投稿日: 2006/10/14(土) 10:36:04
ほとんど、勉強していなかった、小生にとって、ひとつ目標ができました。
もし、合格していなかったら、来年は、
めざせ、全問正解!!!

18 名前: ひみつ 投稿日: 2006/10/14(土) 12:15:34
>技術士一次試験のポスターには、どなたでも受験できます。
>つまり、いくら建設部門の分野が広いからといっても、目指すものは、
>公益、であって、そのための技術が必要なら、日々の生活から考えて思
>った事からでも学びとり、より良い世界を築いていこう!という、精神
>なのですよ。
言いたいことはわかるけど、それはちょっと違うと思う。
建設の分野がわからない人が受けてもしょうがない...
興味があって、これからも建設の分野のことを学んでいこうという人じゃ
ないと...
誰でもっていうのは...軽いよね...
技術が必要ならそれを考えるのではなく、
技術士の理念としては、常に技術向上に努めるということがあるはずです。
何かの文献に載ってるとかいう話は、とても勉強になりますけど、うんざり
思う人もいるんですね...

19 名前: No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 13:11:49
個人的な意見ですが、
今年の試験は5,6題出題ミスと叫ばれてるが、センターはこんな大量のミスを認めないと思います。
こんなに認めたら大量に合格してしまいます。そうなってくると1つも認めないかも知れません。
ミスの対処を2つ正解があるならそれをマークしたものとすれば、ある程度のミスは認められます。
無論正解が無いものについては、回答選択者全員でもいいですが。

大量合格を防ぐために、怪しい問題を見て見ぬふりをするのだけはやめてほしい。
不測の事態を対処するように前もって考えるのが技術者なんでないでしょうか?
一次試験の出題ミスを根本から考え直す必要があると思います。

20 名前: No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 13:27:21
 ミスと言ってる人がいるだけで、本当にミスかは技術士会がきちんと
判断しますよ。色々読みましたが、多く見て2問ぐらいは検討するかも
(むろんミスかどうか判断するか)あとは議論にもならない程度では?

21 名前: ぜったい合格 投稿日: 2006/10/14(土) 13:56:19
16日の発表により一応の正答は出されます。
その後、11月の10日前後に向けてセンターは検討に入ります。昨年の実質合格率20%を基準とし、本年度の調整に入り発表した回答により40%以上の合格者が出た場合
出題ミスは限られたものとなります。 ただしミスらしき問題にて、それを救済処置の方向に向けたとしても実質合格率が40%位であった場合には大きく出題ミスの度合いを
上げてくるものと考えます。 この時代ですから、それらの作業は短時間で完了し各方面の了解を得てミスを発表し12月末の正式発表となるのでは?   
最後まで希望を持って、合格への執念を自分の都合のいいように考え・判断を仰ぎましょう。

22 名前: なましり 投稿日: 2006/10/14(土) 14:49:27
一体、貴男たちは、何度言えば、解るんですか。だれでも、受験できます。は宣伝文句であって、実際に、受験するならば、普通はとうぜん!勉強いたします。普通の人なら、共通科目から、をも、尚、受験しなければなりません。受験願書を出すのが、技術者の理性ではありません。ましては、理念なんて、なんの、ひみつ?

23 名前: No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 15:25:41
ミスと思われるものは、断固抗議して希望を持つことですね。

24 名前: なましり 投稿日: 2006/10/14(土) 15:48:53
バカらしすぎて、話になりません。断固抗議する。って、その、抗議する相手って、どなたですか?。
試験というものは、あえて、どなたにも、わかりやすく説明すれば、S(技術士会)とM(受験生)で、あって,S、が、Mどものなかから、好みのタイプを選別するだけの話。

,
,

25 名前: yyy 投稿日: 2006/10/14(土) 18:50:52
みなさんお疲れ様です。私は学生です。夏休みくらいから専門にかなりの時間を割いて勉強した成果か、自信の持てる回答が6割程度ありました。確かに難しい問題が多くありましたが、出題ミスは特にない気がします。問1は多く議論されていましたが、プロクターの理論を知って入ればすぐわかる問題ですので、議論の余地はないように思えます。出題ミスで抗議するなんて論外です。同じ合格でも、出題ミスに救われるのではなく、自信の力で合格することに意義があると思います。

26 名前: No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 19:58:05
JABEEで補を取る人間全員死ね(たむけん風)

27 名前: めちゃ 投稿日: 2006/10/14(土) 20:06:23
yyyさん、あなたの言うことはもっともですが、
プロクターの理論をしっててわかるのは選択肢の一つがわかるだけで、
他が誤りということを確信するにはいろんなことを知っていなければなりません。
合格した後で、そういうことは言いましょう。

28 名前: kaniti 投稿日: 2006/10/14(土) 20:13:56
一通り読んでみると・・
自分の選択した問題だけでもやたらと出題ミス云々とありました。
はっきりと分かるようなものでもすぐに「出題ミス・・」
いさぎ良くない。悪く言えば醜い。
問題を悪く言う前に真剣に勉強しましたか?
私は、仕事の合間というほど暇が無いので日常的に自分の体や家族とのふれあいを犠牲にして頑張りました。
数問の出題ミス(本当にミス?)で落ちるようならそれも自分のせい、私はそう思っています。

29 名前: No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 21:18:25
 もりあがっているところにすみませんが、16日にあるというHPでの解答発表は
毎年何時ぐらいから掲載されているかご存知ですか?

30 名前: 111 投稿日: 2006/10/14(土) 21:33:13
昨年まぐれで受かりました。
今年の問題は難しいですね。
僕は去年技術士会の解答速報で合格を確認したあと、
ー分なりに経験論文を作成 (年内)
⊂綮覆砲茲誅席古査鎰 (年明け早々)
上司による論文添削◆(1月末)
い△訥度のレベルで論文完成 (3月末)
ゥ好ヤキ塾での添削修正でほぼ論文完成 (GW)
Ψ設一般+専門対策 (6月末)
ЭА垢醗典 (試験直前)
のスケジュールで過ごしました。(当然、仕事しながら)
今年の二次試験で合格できているかは分かりませんが、いずれにしても、来年までの時間は少ないですよ。

合格予定の方で二次試験を受けられる方は、もうすでに来年が始まってますよ。

31 名前: No Name 投稿日: 2006/10/14(土) 21:37:13
kanitiさん
おひとよしだね

32 名前: アイスクリーム 投稿日: 2006/10/14(土) 22:48:07
6:00に出てましたよ。
楽しみですね。

33 名前: kaniti 投稿日: 2006/10/14(土) 23:31:07
>>31さん
ぎりぎりのあなたとは違うからね

34 名前: APEC 投稿日: 2006/10/14(土) 23:59:10
いろいろな考え方はあると思いますが、出題ミスとの主張が、それをすること自体が間違っているとは私は思っていません。
出題内容の良否が利害に直結するのが受験生ですから、「おかしいんじゃないか」と思うなら抗議したってかまわないでしょう。
一方、技術者たらんとするならば、たとえ自分自身がステークホルダーであったとしても、客観的・理論的根拠を備え、論理的に問題の不備を指摘すべきと思います。
「出題ミス」の指摘が、十分に客観的・論理的でないことがよく見受けられるのは確かです。根拠としてサイトの引用などもよく見られますが、その多くが自分の主張に都合のよい部分の「いいとこどり」です。
そういったものの多くは、点数がほしい・間違えてくやしい・あるいは問題がわかりにくかったのが悪いといった思いが、客観的な目を狂わせているのではないかと思わせるものです。
公益優先とよくいいますが、それは自分や自分の組織の利益より公共の利益を優先させるということです。自分の持っている知識や技術力を、私利ではなく他利に使うことが求められます。自分の利害が絡んだ途端に、客観性を欠き、自分の知識を自分のため(私利)に使う技術者が、社会に信用されるでしょうか。
出題ミスの指摘自体はかまわないと思います。ただ、客観的・理論的根拠をつけて論理的に指摘すること、私利に負けてしまわないことを心がけてほしいなと願っています。

なお、そうはいっても人間ですから、時にはグチりたくなったり、捨て台詞の一つもはきたくなったりすると思います。
できるならば、同じ受験生同士、そういった「思い」に対する気遣いの気持ちをお互いに持てないかなと願っています。
勝って驕らず負けて腐らず。
お互いに、技術者という道を選んだ者同士なのですから、技術者人生に夢を持てるよう、励ましあい、研鑽しあい、気遣いあっていきましょう。

35 名前: 伏龍 投稿日: 2006/10/15(日) 00:24:23
私もAPECさんに同感です.
出題ミスを指摘する行為そのものは,試験機関と受験者お互いのためなので,
一向に構いません.
ただし,
今回,ここの掲示板では,その内容をよく吟味せずに出題ミスを叫ぶことが
多すぎる気がしました.
私の専門分野では,一生懸命説明させていただきましたが,
少なくとも河川系では,出題ミスはないと思います.
むしろ,基礎的知識を問う良問であったと感じます.
その他の分野でももっと吟味されると同じような結果なのではないでしょうか?
1つ1つの選択肢に対して,いろいろコメントするために調べたりすること,
そして,議論しあうことは非常に勉強になります.
そういった理論武装・感覚養成へ向けた議論に発展するよう促したかったのですが,
なかなか沈静化させることができませんでしたね.
ただ,この1週間で有意義な学習ができたと思える人が,
少しでも多くいてくれることを期待します.

36 名前: なましり 投稿日: 2006/10/15(日) 00:32:13
APEC様、この場、私たち受験生達にも、この場を、与えて下さり本当に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

37 名前: No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 01:48:34
同じくこのような議論の場を与えてくださったことに感謝しています。
出題ミスと呼べるものは、実際ほとんどないですよね。一問だけかな?

ただ伏龍さんの言うように良問だったとは思ってはいません。なんだか、
よく知っている人が考えすぎて損をするような問題が多かったような・・

38 名前: No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 08:10:08
>32さん
 29です、書き込みありがとうございました。

 いろいろみなさんあると思いますが、最後は
腹をくくって明日の発表を待ちましょう。

39 名前: 私は阿呆な建設設計補助パート!よ 投稿日: 2006/10/15(日) 09:12:06
ひぇ〜、いくら世界で最も難しい!と言われている技術士一次試験(建設部門)と言われても、もう、この段階から、二次試験のお勉強だ!なんて!
合格予定?なんて、そんな確証はどなたももってません。
今日は日曜日、みなさん!腹をくくって、ひらきなおりましょう、、、。
そうですか、明日、(16日)6時ですね。

40 名前: No Name 投稿日: 2006/10/15(日) 11:29:33
明日がドキドキ!
ところで素朴な疑問ですが、16日に発表される答えの番号って、確実ですか?
ある問題の答えで、自分が間違っていたとして、でも出題ミスによる救済措置で正解数が増えてたってことは今まで多々あるんですよね?
しかし、その逆はどうなんですか?発表番号と同じだから合ってると思っていたら、実は違う番号が正解だったっていう事は今まであるんですか?
あるのであれば、12月末までやはりドキドキが続くのかな〜。
ボーダーライン余裕超えの人はいいけど、私みたいなギリギリ族の人たちは、明日の発表聞いても不安なので質問してみました。

41 名前: へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 12:12:45
ちょっと、教会でお祈りを捧げて今帰って来たんですけども、何か、もっと国民の公益と福祉、国の発展に期するような、建設的な御意見はないのかしら?

42 名前: ぜったい合格 投稿日: 2006/10/15(日) 12:29:23
出題ミスという言葉に周りがトンガル必要はない。本人も苦し紛れと自覚しているさ・正解が発表されてからもいろいろと
出てくると思うよ。 与えられたAPECのページ、ありがたく考えて言いたい事言おう。
それが来年の再チャレンジ・二次試験へのこやしになればきっといつかいいことに巡り会えるさ。

43 名前: へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/15(日) 12:46:59
なかなか、いい御意見なので、貴男にも、後でご褒美をあげるわよ。
ちょっと、言葉足らずだったので、訂正するわよ、
国民の公益と福祉、国の発展と安全に期するような、建設的な御意見はいかがなの?

44 名前: ぜったい合格 投稿日: 2006/10/15(日) 21:45:42
ふん      国のことを? でもご褒美貰えるのか? うーーーん?    はは やっぱやめとこ、身の危険は誰も守ってはくれない。
あなたが保障してくれれば  別!!

45 名前: この試験キライ! 投稿日: 2006/10/15(日) 22:00:01
「へそ出しローライズGパンOL」のレスって楽しいですね。
随所に知的センスもあって。。。

ところで、明日の正答の発表は朝の6時ですか?それとも18時?
朝6時なら、皆さん、明日は早起きですね♪

46 名前: へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/16(月) 04:28:49
44氏(ぜったい合格さん、)のコメントが、もしかして私に対しての事なら、そんな子供にみたいにご褒美ばっかりねだってきて、国民の公益の事をも、何も考えてこず、自分自身の身の保障を求めてくる奴なんて、どうせどっかの官公庁かなにやらかの、えらっさん、なんて興味ないわ。

47 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 08:51:17
1998年から毎年受けてます。
いつも、専門があと一問まぐれ当たりがあればってところで
落ちてます。
今年こそは。

48 名前: 道産子 投稿日: 2006/10/16(月) 09:48:06
答え出ましたね。
つながりにくいかも知れないので、建設部門のみ答えを書いておきます。
問題番号−答え になっております。

1-3,2-2,3-3,4-4,5-5,6-2,7-4,8-5,9-3,10-1,11-2,12-4,13-1
14-1,15-4,16-2,17-5,18-1,19-3,20-1,21-5,22-4,23-3,24-4
25-1,26-3,27-2,28-5,29-2,30-2,31-4,32-2,33-5,34-3,35-4

49 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 12:11:41
やばい専門マーク塗りつぶし25問以上しちゃったかも…。
答え合わせしたら気づいた。

50 名前: さいとぅ 投稿日: 2006/10/16(月) 12:34:44
去年に引き続き専門3問足りません。。。
勉強しなくても3問足りなく、
しても3問足りない。

違う部門で受けようかな。。。

51 名前: ぜったい合格 投稿日: 2006/10/16(月) 13:00:36
参った。  意見の分かれたとこ、私全て×従って4問も不足。なんとかならんかなーーー
来年受けたらもっとだめそうな気がしてきたぞ。

52 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 13:08:18
1点足りなかった。
その1点で落ちてる人が全国にいっぱいいるんだろうな。

53 名前: めんたいマン 投稿日: 2006/10/16(月) 13:26:59
2003年 基礎科目 5点 専門科目28点 不合格
2004年 基礎科目 6点 専門科目24点 不合格
2005年 基礎各目 7点 専門科目24点 不合格
2006年 基礎科目12点 専門科目20点 不合格
もう十分かな・・・。悔いは無い!
もう「がんばるぞ!」と言うモチベーションを維持できそうにないな〜
合格された方、本当におめでとう。
再チャレンジする方、がんばれ。

54 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 13:41:00
技術士合格 運ですな!

55 名前: ふん。 投稿日: 2006/10/16(月) 17:07:45
みなさんに同感です。今回は専門の感触はよかったんだけど。。。自分の採点では
最低12点は取れていたはずが、過去の問題では正解(もしくは誤り)なのに今回
の試験では、間違いとか。。相当深読みしなければ解答を選ぶことができない。。
温排水拡散の促進(これはもらった!と思ったのに)。。ネットワーク工程表のPERT(これはネットワークとPERT
が反対でないとおかしい)と思ったり、こういうところは選ぶときの運のような気が
します。運なのか。。。。

56 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 17:56:14
 みなさんお疲れ様でした。
 この一週間色々ありましたが、もしだめだった人も落ち込む前にもう一度、
解答を見ながら掲示板の議論を見直してみてはどうでしょうか?
 解答が出る前には冷静に考えられなかった問題も、時間が経つとそういえば
って思うことも多いと思いますよ。きっとその問題はかならず自分の知識に
なると思います。(問題ミスがあるかもーと思えば気力も出ますよ・・・ミスは無いかな?)
 そんなことを言っている自分は専門はOKでしたが、基礎で(足きり→爆)
今から夜間工事なので、明日もう一度、基礎をやり直してみます。

 それではみなさん、土木技師である以上一生勉強は続きます。
頑張っていきましょう!

57 名前: いさ 投稿日: 2006/10/16(月) 18:13:39
受験された方々お疲れ様でした!
毎年CPDもかねて問題を拝見していますが、今年は結構難しかった気がします(ノ_・。)
電力土木の「温排水拡散〜」も、「これだけ覚えてシート」では「拡散」を悪い意味で書いてあるのですが、今回の問題では「拡散=希釈混合の促進」と良い意味でとらえており、全く意味が逆になってしまっていました。
トンネルの「ロックボルト」も、「これだけ覚えてシート」に載せていない「地山改良効果」で出題しています。
もしや、このページも出題者がチェックしていて、あえて間違わせるような問題にしたのでは…とかんぐってしまいますね(´・ω・`)
付け焼刃の知識では解答が難しくなってきていることは間違いなさそうです。
それにしても、建設部門はとにかく範囲が広すぎて、勉強するのはとても大変ですが、なんとかがんばって合格していただきたいです。
個人的には、青い炎さんの「一次試験対策プロジェクト」に大いに期待していたりします(^−^)

58 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 20:00:45
4-24にて神レス募集中。

59 名前: やったーまん 投稿日: 2006/10/16(月) 20:52:49
駄目だと思い、答え合わせをしたら、合格みたい・・・。
専門は12問、適性は11問、基礎は9問もできていた。
今回、初挑戦だけど、あまりやる気は無くて、勉強はほとんどせず、
受験料がもったいなかったから受けたのですごく嬉しいです。
このページに解説が色々書いてあるのをみたけど、
ほとんどちんぷんかんぷんです。基礎の化学も同様でした。
難しいことは考えず、言っていることがある程度わかる問題をまず選び、
そこから解答を2つだけを残し、あとは常識的に解答したのが
良かったような気がします。
2次試験は偶然では受からないと思うのでちょっと様子を見ます。
1次試験を受ける方、2次試験を受ける方、みなさん頑張ってください。

60 名前: たとつ 投稿日: 2006/10/16(月) 21:18:27
お疲れ様でした。午前6時と思い、4時に起きてしまいました。初めて受験して適性11問。基礎9問。専門17問だったので大丈夫と思います。勉強はほとんどしていなかったのですが、それでは2次試験は難しいと思っています。仕事もしながらですので、受験しながら考えたいです。皆さんのおくの深い知識及び努力には敬服します。コンクリート技士とかの試験も受けていきますので、私も頑張りますし、みなさん頑張って下さい。

61 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 21:55:42
 情けない話ですが、出題ミスに期待するしかありません。
出題ミスは、報告しないと審議されないのですか?
それとも技術士会内部に出題ミスを自主的に検査する機関があって何もしなくても一問一問を検査していくのですか?
わかる方お願いします。

62 名前: ざっそう 投稿日: 2006/10/16(月) 22:17:15
最大の敵である共通部門からからの受験です。適正10、基礎9、専門15でしたが、予想通りというか共通でがっかり。
願書を出すまで免除があることなど知らず・・・。こんなことなら、1級施工管理もっと早く受けとくべきだった。といっても後の祭り。来年に向けて出直しだ!!
ところで、生物で7/20、地学で5/20だったら、いくら何でもだめですよね?

63 名前: kaniti 投稿日: 2006/10/16(月) 22:25:15
後が無い気持ちで受験したのでまずひと安心です。
このHPには、特に基礎と適正でお世話になりました。
ありがとうございます。

64 名前: 地盤研究室 投稿日: 2006/10/16(月) 22:27:21
勉強していての感想。
この試験は一字一句があってるかどうかよりも、
文意全体を捉えて解答したほうが正解に近づくと思いました。
文中の一字一句にこだわっていると、全体が見えなくなってしまい
不正解の罠にはまってしまうような気がします。
文章全体を読んでみて違和感を感じたら
それが正解だったということが結構ありました。
なんかあいまいで「技術士」の試験ってそんなんでいいのか!?
って感じがしますが、
違和感を感じ取る嗅覚が大切なのかな?とも思いました。
今後の皆さんの参考になればと思います。

65 名前: 早く来い!合格通知♪ 投稿日: 2006/10/16(月) 22:29:47
専門24点(12問)、基礎9点、適正10点。ぎりぎり合格です。
(マークのチェックは何度もしたので、大丈夫だと思います)
今年で三回目。毎年、1問、2問の差で不合格。
やる気、意欲を失い、今年は受験日の前日、日曜日のみの勉強。

結局、今、考えると試験を受けることが、勉強なのかも。。。
あと、私案でしか過ぎませんが、土質、コンクリート・鋼で、しっかり6、7問は取らないとダメだと思います。
また、日ごろの仕事の中で、一次試験を意識しながら、仕事をすることが大切だと思います。
(私は両者とも実行できませんでしたが・・・笑)

結局、この試験は、技術者としてのセンスというか。。。勉強したからといって受かる試験ではないですね。
この試験で、一喜一憂する必要は無しだと思います。
受かった人間が偉いわけでもないです。

二次試験は、技術者としての本当の真価が問われると思います。
その試験のための、くだらない通過点、義務教育だと思って頑張りましょう!

なんて、かっこいいこと言って、来年また受けているかもしれません。。。

それでは、12月の合格通知をまって・・・

66 名前: 早く来い!合格通知♪ 投稿日: 2006/10/16(月) 22:32:37
先ほどのレスは、特に53の「めんたいマン」さんへ送ります。

頑張れ!

67 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 22:47:08
なんとか通った模様です。
しかし、難かしすぎないですかね?掲示板で意見が割れたところ、ほぼ落としましたよ。
文章全体を捉えてってところと、違和感を感じたら正解ってところに同意します。
受かっても、半分運のような感じで釈然としない試験な気がします。
技術士一次これでいいのでしょうかね?難しいか簡単かというのは別にして。
個人的な意見です。

68 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 23:37:43
基礎6割・専門7割・適正8割とれました。今年初めてです。1時間の勉強を半年続けました。
違和感を感じたら、という部分に共感します。要は、受験テクを少しでも身につけていないと難しい、というところだと思います。専門なんて、ほぼすべての設問で『間違いない!』と思える部分はありませんでした。
5択のうち、3つが分かり、あと2つはどっちかわからない、、、という問題ばかりでした。そこで勝負を分けるのは、やはりテクみたいな部分だと思います。技術士1次、これでいいとは思いません。ですが、現状を飲むしかないのですよね。結局。

69 名前: No Name 投稿日: 2006/10/16(月) 23:52:21
ズズズズズ、、、、。あんだけ大口叩いておきながらも、No nameで、失礼ですが、
この御に及んで、なんですが、ほとんどの人が、そうだとは、おもいますけど、専門科目(建設部門)の、あと一問、が欲しい。
技術士会からの、出題ミスでも、なんでもいいから、
技術士会からの、なんらかの、コメントに、期待!
しかし、、、?試験問題そのものの、文章力が、なってない。

70 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 00:39:56
ズズズズズ、、、、、、試験問題そのものの、文章力、あるいは、表現力が、なってない。

71 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 00:51:54
ズズズズ、、、、、、試験問題に、技術者、としての、正しい思想を問う適正でわかりやすい問題を求める。

72 名前:投稿日: 2006/10/17(火) 00:56:29
落ちました。
もう2回目です。
専門がまったくダメです。
かなり勉強したんです。努力したんです。
合格した方に聞きたいのですが、どうすれば合格できるでしょうか。
もう受かる自信がありません。
この試験は、なにか勉強のコツを知っていないと合格できないような気がしてきました。
こんな人間ですが、次受ける勇気とアドバイスください。
よろしくお願いします。

73 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 01:23:29
ズズズズズズ、、、、、、、いくら公益の確保、といっても、他利に尽くすという精神でも、この場合(私利)それだけのステージが、必要な事が分かっている。資格試験であり、おのれの、命運がかかっているなら、なおさらです、
ここは、同じ技術者同士、お互いの健闘をねぎい合い、讃え合い、愛しあいましょう!
そうはいっても、同じ人間どうしですから、時には、ぐっちたり、悔しかったり、ぐだをまく事も、麦酒の空き缶を投げつけたくなる事もありますよね。
ですから、ここはみなさん、自由に意見を、語りあいましょう!!!!

74 名前: かわはぎ 投稿日: 2006/10/17(火) 01:24:12
>yさん 応用理学から失礼します。
基礎および適性が合格ラインなのにどうしても専門でダメ、というのであれば、
自分が本当に興味のある専門分野を探して、受験してみてはいかがでしょうか?
私は物理出身で応用理学はかなり畑違いでしたが、元々地質関係に興味があった
ので受験しました。勉強期間は半年でしたが、興味があったので集中して勉強
できました。「もう受かる自信がない」ところまで来ているのなら、開き直って
専門変更、という決断も有効だと思います。すみません、以上参考までに。

75 名前: めんたいマン 投稿日: 2006/10/17(火) 01:26:21
「早く来い!合格通知♪」様、励ましのレス有難うございます。
しかしながら気持ちの整理がなかなかつきません。正直「こんなアバウトな、し
かもちょくちょく試験方針を変更する資格に何の意味が?」とも思います。でも
・・・合格する方がいるんですよね。この資格(2次試験も含め)は、私の従事
する業務には直接的なメリットは殆どありません。(社内の昇進も含め。)でも
’その程度’の資格だからよけいに合格したいのかもしれません。たださすがに
今年は’いける!’と思っていただけにショックも大きいですね。本試験(2次
のスタートラインにさえ立てないのか!と思うと悔しいやら情けないやら・・・です。

76 名前: sasaki 投稿日: 2006/10/17(火) 02:12:28
72のyさんへ
去年建設部門に合格したときは
専門は
_甬醋笋鯤神元年から前年のまで15年分くらいをやり
(過去問題は正解を覚えるのではなく、間違い選択肢の4つの説明を覚えるほうが重要、なぜ間違っているのか?を突き詰めて理解するため)
⇒汁枳簑蟒犬鯒磴辰討笋襦
(過去問題は基本的にほとんど出ないので、全く新規の予想問題を数多くこなすほうが重要。今年書店に行ったところ、特に建設部門は受験者が多いので予想問題集の種類が充実してきたので、やれる限り購入してやってみるのがよいでしょう。)
あとはこのサイトの教科書で補足
 ↓◆↓いずれも幅広くやっていると、同じ問題を見受けますので、そういった意味での繰り返し学習は非常に力になると思います。
ちなみにここまでやっても16点しか取れませんでした。

適性は多分アドバイスしなくても大丈夫だと思いますが、今年は公衆の定義やら、インフォームドコンセントなど過去問が使いまわされる感じがあったので、過去問と自身の倫理観で十分ではないかと思います。
8点はいけるでしょう。

後は基礎
専門がどうしても駄目だというのならば、基礎でも少しでも点数を取るようにするしかありません。
の爐離丱ぅ・材料?以外の部分であれば勉強すれば3点悪くて2点は取れると思いますよ。

77 名前: へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/17(火) 06:00:04
どうしたの、なにを、びくびく、おびえているの、そんなに、くよくよしなくていいじゃない。
貴男たちだって、一生懸命にお勉強したんだから、言いたい事を、何でもいいから、言えばいいのよ。
これでは、どうみても、未来に向けて、意欲あふれる、素敵な、建設技術士が、足らないわ、、、、
もう、お仕置きよ!なんて、私は絶対に言わないから、何でも、述べよ。
大体において、ちょっと、問題文を見せていただいたんだけど、この建設部門の問題すべてにおいて、
5択の中から、正しいものを選べ、にせよ、誤っているものを選べにせよ、いずれにしても、、、
最も、正しいもの、、、最も、誤っているもの、、、の、最も、が抜けているのは、おかしいわ!
問題文にも、素敵な建設技術者らしき、センス、がさほども感じられないじゃない。

78 名前: ふん。 投稿日: 2006/10/17(火) 07:59:08
私も同感です。あの択一では、いくらでも後つけの解釈で正しい文章にも誤った文章にも
なってしまうと思う。すべての問題がそうだとはいいませんが。。。くやしいです。。
勉強してない人が受かる試験ですから。。。

79 名前: バッツ 投稿日: 2006/10/17(火) 11:06:48
あー今年もなんか1、2点差で落ちたような・・・。
落ちた理由としては、専門分野しか勉強していないことかもしれません。
ですが、いまから道路とか都市計画とかまったくやる気がないので、
来年も運便りになってしまうのかも。<ダメ人間ですわ

80 名前: ぜったい合格したかった 投稿日: 2006/10/17(火) 11:31:23
4問たりんということは、出題ミスが4問必要(しつこいかな?) それか採点ミスにて4問いただき これで12月まで楽しめるな。
出題ミスがあるということは、採点ミスは必ずあるぞ  ふふふふふ
蛇足だけど今回解析を捨てた、そこで前もって立てた計画を実行した。自分で解答した番号を表にし、その中で少ない数字を解析の
1問目から押し入れた。その数字には1と2が浮上していた、最初1〜3問目までを2と解答した・5分後迷って1に変更した・また
5分後迷って2に変更した。 そこでタイムアップ・・・結果・解析0点 1にしておけば1点取れたのに、この作業に15分かかった。
来年どの数字・どの方法でいこうか まだ迷っている。  ちなみに今回の基礎は7点でした。

81 名前:投稿日: 2006/10/17(火) 12:20:27
ぐちぐち言う人が本当に多いですね。>78勉強していない人が受かる試験,それは間違いでしょう。あなたの知識と読解力が足りないだけです。愚痴る暇があるなら,問題検証でもしてさらなる知識を身につけましょう。

82 名前: ふん。 投稿日: 2006/10/17(火) 12:25:11
知識と読解力不足ですか。おっしゃる通り。
更に知識を深めるようにします。でも愚痴も必要ですよ。

83 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 12:50:03
7回目で受かりそうです。
この資格は半分以上運ですので、
落ちた方は落ち込まず、
とりあえず、毎年受けてれば
受かるよ。

84 名前: ぜったい合格したかった 投稿日: 2006/10/17(火) 13:10:57
83おめでと この言葉で方向がきまったぞ。 専門9問まで確実に答えられるようにして、残り
15問を 同じ番号にて解答するぞ。 それで13問正解とするこれが来年の目標だ。
9+15×0.2=12  +問題ミス1   やっぱり私は解析を解答する資格がないかな?

85 名前: 道産子 投稿日: 2006/10/17(火) 13:13:58
今回が初の受験になりましたが、過去問などを見ても今回は難しかったように感じます。
記載してある数値が違う、とか語句の意味を入れ替えている、などの問題が減り、
専門用語などを何処まで理解しているか?を問う形にシフトしているように感じました。
皆さんの言うように「運」も確かに必要かとは思いますが、
まずはしっかりと語句の意味を理解することが必要なのだと思います。
何か違和感を感じる、などという感覚はどれだけ多くの言葉を吸収してきたか?
と言うことの証明でもあると思います。
勉強しなくても受かった人もいるようですが、恐らく合格者のごく一部だと思います。
一日5分でも10分でも良いから、参考書や専門書に目を通すようにすることが、
合格への近道なのではないでしょうか?

86 名前: mack 投稿日: 2006/10/17(火) 15:38:47
皆様受験お疲れ様です。
本サイトにも助けられ、幸運にも合格できました(はずです)。
では頭でっかちの学生の意見です。

問題の質はどんな試験でも議論になります。
完璧な問題なんて存在しません。
どんな大学の入試でも悪問はあります。
センター試験の国語なんて、技術士試験よりはるかに微妙な選択肢のオン・パレードだと思います。

それでも、より知識が多い人間、より多くの解法を身につけた人間が合格することに変わりはありません。
問題の質云々について語る前に、まず自分のレベルをあげるしかないでしょう。

>72さん
具体的には、圧倒的に知識量がモノを言う試験ですので、ひとつでも多く用語を覚えることではないでしょうか。
問題を解きながら覚える方法もありますし、本を読んで覚える方法もあり、ノートにまとめる方法もあります。
おそらく自分に合った方法の組み合わせが必要でしょう。

えらそうに失礼しました。

87 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 15:59:12
重箱の隅をつっつく様な問題はこの試験にふさわしくないと思います。
国語の試験でも難解な法文の試験でもないのですから。
技術者としての素養を問うことが目的のはずです。
広く浅くではないでしょうか。
あと、適正問題は総合評価に加えないと意味ないと思います。
勿論、倫理感抜群でも、専門分野等が劣っていては技術者として成立ちませんが。


足きりラインを全科目とも60%とする。総合計を65%とする。

まぐれ合格は相当減るのではないでしょうか。

88 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 16:19:07
昨年は、ほとんど勉強しなかったにもかかわらず、1点足りないだけだったので
今年は、少しは勉強したので受かるだろうとの甘い気持ちで挑みましたが、見事玉砕でした。
運という人もいるようですが、やっぱりコツコツ勉強せねばと実感しました。

89 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 17:07:36
2回目の受験。昨年に続き1点足りず・・・

専門に関して言えば35問中25問を選択して、全体で50%の正当で合格。
落ちた私が言うのもなんですが、決して厳しい試験だとは思いません。
来年こそ実力で合格できるはずです。
みなさん粘り強く頑張りましょう!

90 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 18:14:57
今回で5回目です。もう、合格する気配がありません。数年後、実務経験で1次試験が免除になることに期待します。年々、脳みそが死んできてるのに、問題が難しくなるなんて・・・。そのときまで待つことにします

91 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 20:01:12
専門10門正解(40%)
基礎 9問正解(60%)
合計19問正解(47%)
当然不合格ですよね?

92 名前: Y子 投稿日: 2006/10/17(火) 20:59:25
勉強をすればしただけの効果はありますよ。やっぱり。
私は昨年、専門で10問正解できずに足切りで不合格でしたが、今年は専門で12問正解できましたし。それに、選択肢を削ってゆく(見極めてゆく)スピードは確実にあがりました。それでも2択から絞り込めなかった問題もおおいですけれど。

>>91さん
残念ですが不合格ですね。
基礎9点+専門20点=29点<33点(合格は33点以上)※専門は1問2点

93 名前: No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 21:17:52
一昨年、長年苦労して、やっとこさ一級建築士に合格しました。
技術士一次試験については、
去年、適正と基礎をちょっと勉強して、専門は全く勉強せず、
一次試験を受験したら、当然落ちました。(専門でアウト)
今年は、逆に適正と基礎は全く勉強せず、
専門だけ、9月初めぐらいから、
「参考書に一日30分から1時間ぐらいアンダーラインを引きつつ、
練習問題をする」程度の勉強をしたら、一点差ですが、
セーフのようです。(一点差なんで、チェックミスがあれば、アウト)

正直、一級建築士の学科試験(合格率:20〜10%)に比べたら、
この程度の問題に意味があるのか・・・と思ってしまいました。

もちろん、単純比較はできないけれど、
国土交通大臣が認定する一級建築士と文部科学大臣が認定する資格とでは、
当然、「技術」の意味が違ってて、それが、試験制度にも現れているような
気がします。

94 名前:No Name 投稿日: 2006/10/17(火) 22:04:01
一級建築士の自慢なら他所でやっていただきたい。
どうしても比較したいのなら二次試験に合格して技術士となってから比較をして書き込んで欲しい。
この中には一次試験であれ一生懸命勉強して合格した人、泣いた人がたくさんいるはずです。
ちなみに一級建築士の製図でない方は土木系の知り合いが一週間の勉強で合格している。

95 名前:111 投稿日: 2006/10/17(火) 22:14:21
見てると、1-2問の差で残念な結果になっている書き込みを見ますが、実は1問差で不合格になる人はかなり多い。
僕の持論だと、合格点が50%で合格率20%とすると、平均点は45%前後。
ほとんどの人は、ある程度勉強して受験するので、普通に勉強してれば不合格になる。(技術士に限らず)
ほとんどの人は、『後もう少しで・・・』と言って不合格に成っていく。
合格を目指すには、その1問、その1点のために勉強する必要があると思ってます。(技術士に限らず)
僕が技術士試験の問題作成者で、『合格点が50%で合格率20%』を条件にされたら、,泙魂鬚韻覆ぬ簑40%、普通に勉強したら解ける問題40%、かなり勉強しないと解けない問題20%ぐらに設定するので、△倭按鵑箸靴討いにを取るかの勉強をします。
誤解しないで欲しいですが、1つの意見として参考になれば・・・

96 名前:ガンバロウ 投稿日: 2006/10/17(火) 22:55:51
私は初めて受験しました。基本9問、適性11問、専門14問で合格かな?とは思いますがなぜか充実感のない試験に思えます。もっと素直な問題を増やし合格点数を7割ぐらいに持っていくべきではと思います。変な問題の表現で議論が活発になるようでは受ける人もモチベーションをなくしますよ。

97 名前:y 投稿日: 2006/10/17(火) 23:26:27
>かわはぎさん、sasakiさん、mackさん
貴重なアドバイスありがとうございました。
また、他の方もありがとうございます。
みなさんの勉強の仕方参考にさせて頂きます。
みなさんに比べると努力がまだ足りなかったのかもしれません。
来年、建設部門受験します!
でも建設部門は最後にします。
もう最後だと思って一足早く今日から毎日コツコツ勉強することにしました。
悔いは残したくないので。
まだ補が通ってない方いっしょにがんばりましょう!

98 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 01:04:44
私は発注側にいる人間です。今回で5回目ですか、やっとギリギリ合格です。

今年駄目だという人! でも来年合格すれば良いですよ。
ちょっと議論が変わりますが、’資格=優秀土木技術者’、
ではないです。

ある程度の資格は必要ですし、そういう業界にしていかないといけないのですが・・・。
ただ、今ははっきり言って技術士という肩書きは名刺で自慢するくらいです。
技術士だから、得点があるということは発注者側にはありません。
RCCMでも技術士でも発注者側から言うと評定点数は変わりません。

個人的にはこういう現況は変えないと・・・。技術士が建築士並みのステータスと重要性
を望みます。

ということで、まとまりがないのですが、1年合格が遅れても挑戦して、
自己啓発で受験することは素晴らしいと思います。

99 名前:へそ出しローライズGパンOL 投稿日: 2006/10/18(水) 06:33:38
ねぇ、貴男他たち、一級建築士が、なぜ、技術士建設部門を受け泣かれば、ならないかの、本当の事情を、知ってる?技術士となった。晴れの舞台の貴男達、にとって、今や、APECの国際舞台で、仕事する土木の(建設部門)の貴男たちには、一級建築士なんて、もはや、何でも無い事よ。
土木(建設)が、いくら、世間で、(国内)での、イメージが悪くたって、全然気にしなくていいのよ!
なにしろ、世界では、土木、(建設)が主!、建築なんて、狭い範囲であんな、ちょろい、建物のいとつやふたつぐらい、海外でなら、ゆうゆう、貴男達(技術士)建設部門!で、管理できる、設計も、できる話。
お願いだから、なんぼ、国内では尊敬されてても、いざ!海外では、一級建築士が、わざわざ、国内の技術士<<<<建設部門!!!の試験を、受けなおす!ほどの、ご苦労なのよ、とりあえず、一級建築士の非難はやめて、勿論、貴男達は、勿論世界が認める建設部門!!!視界の狭い話では、おもろしろくないわ!
隣国のなんか、の脅威?を、吹き飛ばす!!!みなさんの、闘志と、世界へ平和への、燃えるような闘志あふれはよく分かっているから、
ポジテブにならず、アクテブ!!!!な、その、燃えるような受験への闘志!!!を、思いだして!ミス!よく考えてご覧!学校教育えを、受けている人の常識のn数!単位、計算式、なら、あの、問題はミスプリ、では、許せれないの、
もっと!!、自分の闘志に己の闘志に火をつける!!燃えるような!!
激しい!!!言葉のコメントを期待しているわ!!

100 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 08:47:46
ポジティブの使い方が違うような・・・

101 名前:ぜったい合格したかった 投稿日: 2006/10/18(水) 10:16:24
ブレーンストーミングってあったよな? 過去問題にも出た
それにしても?
ま  ここもブレストにのっとっていいのかも。

102 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 11:53:39
>99ローライズさん。

すんません。アクテブ、に笑ってしまいました。アクテブwww

103 名前:仮想技術士倫理委員会より、 投稿日: 2006/10/18(水) 14:05:35
ふざけた、しゃれや、文字化けでは、盛り上がれません!!!一体!?貴男達のあの、燃えるような、問題討議はの熱意は一体どこえいっていまxたの?
当方、技術士倫理委員会は、これよりにて、絶対に介入いたしません。
すべての、思想、を、当方の少しわ、文字化けと、好意的に解釈いたします!
もっと!攻撃的な文章をも、」もとむ。ミス!

104 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 14:40:50
ズズズズズズ!!!!!!!!!!#我、徹底高専、あっいや?抗戦中!

105 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 18:26:45
へそ出しローライズGパンOL 様
是非辛気臭い適性の板へのご参入を期待します。

106 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 19:39:17
今回初めて受けましたが自己採点の結果合格圏内に入りました。
選択の記述は過去問題の説明を見れば関連付けられる問題が多かったと思います。
よって新しい記述でも、消去法により大体絞られました。

また問題数が多くなって、知らない分野や計算に時間のかかるものを捨てる事ができました。

107 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 21:15:54
落ちました。出題ミスを祈るのみ。

108 名前:??? 投稿日: 2006/10/18(水) 21:51:02
例によって 早とちりが 多く 自信が あったところが 間違っていた
速報では 基本8問、適性13問、専門15問 ではあるが
しかし 早とちり で マークミスが 心配

109 名前:No Name 投稿日: 2006/10/18(水) 23:20:44
他の科目ですが、基礎科目1-3-2で連続な関数f(x)を一次関数で考えるか二次関数で考えるかによって答えが変わってくる問題。
この受験者の考え方で複数の回答を得られるこの問題や、適性科目2-13の誤字による意味不明文章が正しい記述となっている正答については誰かが技術士試験センター等に指摘しているのかな〜?
こういった試験問題に対する正答は第三者(出来れば複数)がチェックしているのでしょうか。また、出題ミスが受験者等から指摘された場合、技術士試験センターの中ではどういった方法で検討・処理しているのでしょうか。
単純な誤字脱字による意味不明文章や出題ミスにより受験者が振り回されることはあってはならないことです。
1点、2点で不合格になり、また1年間の努力や受験料が必要になる人も多数いるのだから。
もし、技術士試験センターの方がこの書き込みを読まれて、チェック、検討体制について簡単に説明していただければ幸いです。

110 名前:基礎1-3-2 投稿日: 2006/10/19(木) 01:13:36
あの問題は適当に関数を代入して答えを出す問題ではないと思います。
現実に計算機で数値計算を行う場合は、あのような大まかな近似が使われているはずです。
数学的に厳密ではないかもしれませんが、工学的には適切な問題でしょう。
自分は近似法の本質を突いた面白い問題だと思います。

しかし問題作成者の意図を聞いてみたいと言うのは全く同感です。
僭越ながら。

111 名前:No Name 投稿日: 2006/10/19(木) 07:05:25
気づいた人が技術士会に報告するしかありませんね。

112 名前:No Name 投稿日: 2006/10/19(木) 22:52:36
誰かが出題ミスを指摘していたとしたら、技術士会はそれに対して小さなミスだからと無視するのか、誤りは誤りと認めるのか技術士会の体質が問われるところですね。
少しでも酒を飲んで車を運転すると飲酒運転として罰せられる。一口くらいと技術士会も軽く思わないで欲しいです。小さくてもミスはミス、罪は罪です。

113 名前:No Name 投稿日: 2006/10/20(金) 01:55:36
>>112
あたかも技術士会が既にミスをしてしまっているように受け取れる文章ですが

戻る